保険のライフハック

保険の賢い利用方法

保険というものは私たちの生活を守るものである一方で家計における大きな支出となる「保険料」の支払いが必要となります。本当に必要な保険を利用して、不要な保険にはなるべく入らないというのが基本です。ここでは保険の賢い利用方法、活用方法、ちょっとお得な情報を発信していきます。

引受基準緩和型保険の意味。加入するメリット、デメリット

2019/09/05 更新

risk引受基準緩和型保険というのは、その名前の通りで保険会社が生命保険や医療保険の「引受基準」を緩和した商品です。

通常の生命保険、医療保険ではリスクが高いと判断されて、保険に加入できない人向けに、契約時の告知項目が少なくなっている保険です。

無選択型保険(告知不要型保険)もほぼ同じ性質です。

そのため、持病や手術歴などがある人でも加入しやすいというメリットがある一方で、高リスクに応じた高い保険料負担が生じるというデメリットがあります。

続きを読む

保険のライフハック,医療保険

退職・転職で企業型確定拠出年金を放置すると損。iDeCo(イデコ)への移管方法

2019/09/01 更新

401k企業型401k(企業型確定拠出年金)がある会社に勤務していて、その後退職するなどした場合、それまで積み立ててきた年金資産は国民年金基金連合会によって仮預かりという形を取られてしまう。そのまま放置していると年金原資から毎年の「管理料」を取られてしまいます。

また、その間はまったく運用されないことになりますので大変もったいないです。

ちなみに、そんな人は数十万人にも上るそうです。今回はその対処方法を紹介していきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金

公的年金は繰り下げ受給のメリット、デメリット。何歳まで生きるならお得になるか?

2019/08/30 更新

delay平均寿命は医療技術の進歩などもあって年々伸びています。その一方で寿命が延びるということはそれだけ長く生活してお金を使っていくことになるわけで、老後のお金の不安というのも大きくなっていきます。

その老後の不安に対する公的なサポートとなるのが「年金(公的年金)」です。

その年金は原則65歳からの受け取りとなっていますが、この時期を前後させることもできます。これにより受給額が変化するのですが、長生きを経済的なリスクとしてとらえる場合、公的年金は「繰り下げ受給」がお得になります。今回は年金の繰り下げ受給についてメリット、デメリットを含めて紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

運転上手に朗報。ソニー損保に安全運転で保険料が安くなる自動車保険が登場

2015/05/09 更新

sonysonpo自動車保険の保険料は年間の走行距離などで保険料が安くなったりするようなものが大半です。こうした運転属性による保険料について国土交通省は「安全運転の度合いによる保険料が変わる保険の普及を後押しする」としたことが報じられました。自動の走行データを機械を使って分析することで急発進や急ブレーキの頻度などが分析の対象となるようです。米国でも類似の自動車保険が普及し始めており、今後注目されます。

その一環として、ソニー損保では2015年3月1日以降、安全運転(やさしい運転)で保険料がキャッシュバックされる新保険を販売開始しています。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

高額療養費制度の仕組みと利用方法。月々の医療費は上限額があるので安心

2019/08/25 更新

cure高額療養費制度というのは、公的な医療保険制度の一つで1ヶ月の医療費が一定額を超えた場合、その超えた金額を支給する制度です。年齢や所得に応じて医療費の上限が決められているため、高額な治療を受けた場合でも一定額の負担で済むと言う制度です。

公的な制度で健康保険に加入している方なら利用できます。この制度があるので保険診療であれば、費用が掛かる治療でも一定の範囲内で行うことができるわけです。

制度の利用には手続きが必要になりますので、できれば入院前に確認しておくことをお勧めします。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,医療保険

サラリーマンなら知っておきたい標準報酬月額とは?

2019/06/20 更新

question標準報酬月額(標報)ってご存知ですか?サラリーマンなど社会保険に加入している方ならぜひとも抑えておきたい数字がこの「標準報酬月額(標報)」です。

厚生年金や健康保険などにおいて「基準となる報酬」となっている金額で、この標準報酬月額は健康保険や年金などにおいて大切な数字となります。

今回はそんな標準報酬月額の計算方法の基本とこの月額がどんなことに影響してくるのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金

交通事故被害に遭い、保険会社の対応に納得できないときの弁護士とADR利用

2019/08/25 更新

funsen交通事故の被害者としてなんらかの被害にあった時、多くの場合は加害者が加入している自動車保険(任意保険)の損害保険会社との間で補償について話し合うことになります。

ところが、過失割合、保険金額、後遺障害の認定など相手側の保険会社の提示に納得できないというケースもあるかもしれません。

そのような場合の対応策としては2つの手段があります。一つは専門職である弁護士に依頼をすること、もう一つは交通事故紛争処理センター(金融ADR)を利用するというものです。

今回はこの二つの方法について、それぞれのメリット、デメリット中心に活用法を紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

サラリーマンの妻が勤務先(パート先)の社会保険に加入するメリットとデメリット

2019/08/25 更新

comparison夫は会社員をやりながら、妻はパートに出る。共働きが増えている現状でこうした働き方はごく一般的なものとなっています。そのような妻がパート(アルバイト)として働くというときに問題になるものの一つが「社会保険に入るかどうか?」というものがあります。

社会保険に加入をすると保険料負担により手取りが減少するというデメリットがある一方で保障や将来の年金収入の増加といったプラスの面もあります。どのような働き方を選択するべきかをぜひ考えるようにしましょう。

続きを読む

仕事術,保険のライフハック,公的保険・年金

iDeCoや企業型確定拠出年金の配分変更とスイッチングの違い

2019/08/24 更新

401kiDeCo(イデコ)や企業型確定拠出年金は、自分の年金資産をどのように運用するかは加入者である自分自身が行う必要があります。その際の、投資商品への見直しをするのが、配分変更とスイッチングです。

今回はこの配分変更とスイッチングの意味の違い、それぞれのメリット、デメリット、実施すべきタイミングについて紹介していきたいと思います。

iDeCo(個人型確定拠出年金)、企業型確定拠出年金のどちらも同じように利用することができます。上手に、適切なタイミングで配分変更やスイッチングを実施しましょう。

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金,資産運用のライフハック

会社を退職した後の健康保険。任意継続と国民健康保険はどちらがお得?

2019/08/23 更新

yameta会社を退職して自営業、フリーランスなどとして生きていく、あるいはしばらく休業したい。こうした時に考えなければならないものの一つに健康保険があります。

病気や怪我をした時の治療費に対する公的な保険で、必ず加入する必要があります。会社を辞めた場合には、その会社の健康保険の「任意継続を使用する」か、「国民健康保険に加入し直す」のどちらかを選択する必要があります。

また、配偶者が働いているのであれば「配偶者が加入する社会保険の被扶養者になる」という選択もあります。どの方法が金銭的に、制度的にお得なのでしょうか?それぞれを比較しましょう。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,医療保険,退職・転職

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP