おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
保険のライフハック

保険の賢い利用方法

保険というものは私たちの生活を守るものである一方で家計における大きな支出となる「保険料」の支払いが必要となります。本当に必要な保険を利用して、不要な保険にはなるべく入らないというのが基本です。ここでは保険の賢い利用方法、活用方法、ちょっとお得な情報を発信していきます。

年金(国民年金)を滞納するとどうなる?延滞金、差し押さえ、払えない時の対策

2017/07/14 更新

国民年金(年金)の納付率は厚生労働省発表(2015年6月)で63%です。言いかえれば3割強の人が年金を未納・滞納しているということになります。年金を滞納するとどうなるのか?延滞金や差し押さえなどの仕組みや、どうしても払えない時の対応・対策についてもまとめていきます。

もしも、経済的な理由で年金を滞納せざるを得ないというのであれば手続きをすれば免除・猶予が可能です。何もしないのは大きな損をすることになるかもしれません。

続きを読む

公的保険・年金,老後

郵便局の「はじめのかんぽ」は本当に優れた学資保険なのか?メリット、デメリット

2019/08/19 更新

hajimenokanpo郵便局で販売されている保険の中でも契約者数が急増しているのが「はじめのかんぽ」という学資保険です。

2014年にリニューアルされた学資保険で、契約者数はそれまでの約3倍と急激に伸ばしています。従来のものよりも返戻率(戻り率)がされているという点が挙げらます。

今回はそんな気になっている人が多い郵便局の「はじめのかんぽ」について、その商品性はもちろん、利用するメリット、デメリット、他社の学資保険(こども保険)との違いも含めて分析していきます。

続きを読む

学資保険,教育費

自然災害で自宅・住宅が被災したときの公的補償(支援金)の種類と受け方

2019/09/13 更新

rain大規模な自然災害によって住宅が損壊することがあります。

我が国では1995年の阪神淡路大震災を教訓として1998年に「被災者生活再建支援法」という法律が施行されており、自然災害(暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震。津波、噴火その他の異常な自然現象によって生ずる被害」について一定の規模を超えると適用され、支援金の給付をうけることができます。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,法律のライフハック

定期保険のメリット、デメリット。掛け捨ては本当に損?

2019/09/09 更新

risk結婚や出産をするなどして家族が増えた時、自分が主な稼ぎ手であれば自分自身に万が一のことがあれば家族・子供には大きな負担をかけてしまうことになります。そんな時に考えるもの(勧められるもの)の一つが「生命保険」ではないでしょうか?

様々なオプションがプラスされた山盛りの保険も多いですが、単純の自分自身の死亡リスクに備えるなら保険料の安い定期保険という選択肢もあります。

いわゆる掛け捨て型の保険となるわけで、掛け捨てという部分に抵抗感を感じる方も多いようですが、実はピンポイントな保障目的であれば大変有効です。

今回はそんな定期保険のメリット、デメリットを含めてまとめていきます。

続きを読む

生命保険

ペットの病気や怪我に備えるペット保険のメリットとデメリット

2018/10/17 更新

petペット保険は犬や猫といったペットが病気や怪我をした時の医療費を補償する保険です。保険の中でも順調に規模を拡大しており、2014年度は前年比で約2割増と大きく伸びています。ペットを家族と同じように大切にする飼い主が増えていることと、いざ病気や怪我をしたときの治療費は人間とことなり全額自己負担となり、リスクが大きいため保険でカバーしようとする人が増えています。

今回はそんなペット保険について加入のメリットとデメリットなどを中心にこれからペット保険への加入を検討している人向けに紹介していきたいと思います。

続きを読む

火災保険・損害保険

学資保険とジュニアNISAの比較。どちらで教育資金を貯めるべき?

2019/09/05 更新

comparison

2016年4月より利用が可能になったジュニアNISA。子供の教育資金を非課税運用で増やしていけるという税制面で有利な制度です。

それに対して、子供の教育資金を貯めるという金融商品で人気の商品にはすでに「学資保険(こども保険)」というものが存在します。

今回は新制度であるジュニアNISAと学資保険とをそれぞれのメリット、デメリットを比較しながら、どちらで子供の学費・教育資金を貯めていくべきなのかを分析していきたいと思います。

続きを読む

学資保険,教育費,株・投資の税金,株式投資

中小企業経営者・個人事業主の破産対策としてiDeCo(イデコ)は有効

2019/09/05 更新

401k会社経営者は事業にリスクを負っています。多くの経営者が事業の為の借金について個人保証(債務保証)しているため、事業がうまくいかずに失敗した場合、会社の破綻とともに自己破産してしまうケースもあります。

自己破産をすると当面の生活の為のお金を残して財産は没収されます。そのため再チャレンジや老後を考えた時に、財産の防衛手段というものも考えておく必要があります。その手段の内、「老後」のセーフティーネットとなりうるものの一つがiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)です。今回は経営者や個人事業主の方の破産対策としてのiDeCoの活用について紹介していきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,経営者・個人事業主とお金

介護保険とは何か?公的保険と民間保険の違い、民間介護保険の必要性とメリット、デメリット

2015/07/14 更新

care我が国では、要介護状態になった場合には公的な介護保険が存在しますが、それとは別に民間の保険会社が提供している介護保険という保険も存在します。今回は「介護保険」という制度について公的保険、民間保険を含めて制度の基本をわかりやすく解説していきたいと思います。
また、公的な介護保険ではない、民間保険会社の介護保険の特徴や必要性、加入のメリット、デメリットについても紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,老後

引受基準緩和型保険の意味。加入するメリット、デメリット

2019/09/05 更新

risk引受基準緩和型保険というのは、その名前の通りで保険会社が生命保険や医療保険の「引受基準」を緩和した商品です。

通常の生命保険、医療保険ではリスクが高いと判断されて、保険に加入できない人向けに、契約時の告知項目が少なくなっている保険です。

無選択型保険(告知不要型保険)もほぼ同じ性質です。

そのため、持病や手術歴などがある人でも加入しやすいというメリットがある一方で、高リスクに応じた高い保険料負担が生じるというデメリットがあります。

続きを読む

保険のライフハック,医療保険

退職・転職で企業型確定拠出年金を放置すると損。iDeCo(イデコ)への移管方法

2019/09/01 更新

401k企業型401k(企業型確定拠出年金)がある会社に勤務していて、その後退職するなどした場合、それまで積み立ててきた年金資産は国民年金基金連合会によって仮預かりという形を取られてしまう。そのまま放置していると年金原資から毎年の「管理料」を取られてしまいます。

また、その間はまったく運用されないことになりますので大変もったいないです。

ちなみに、そんな人は数十万人にも上るそうです。今回はその対処方法を紹介していきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP