おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2016年最新版 ネット銀行の商品・サービス比較

2016/12/05最終更新   webサービス 銀行のライフハック

comparison日本最初のネット銀行であるジャパンネット銀行が開業したのが2000年。それから16年経った2016年、純粋なネット銀行(ネット専業銀行)として「ジャパンネット銀行」「楽天銀行(旧:イーバンク銀行)」「ソニー銀行」「住信SBIネット銀行」「じぶん銀行」の5銀行があります。

それぞれサービス面、手数料面、預金金利、商品面などで様々な違いや特長を打ち出しています。特に近年では、預金金利や手数料などは当然ですが、各銀行の特色を打ち出した付加サービスの提供も増えています。今回はそんな2016年の各ネット銀行を徹底的に比較していきます。

スポンサーリンク

ネット銀行の特徴、サービス比較

まずは、各ネット銀行のスペックや特長を紹介していきます。
ネット銀行は自前の店舗やATMをもっていません。そのため、銀行サービスの利用はWEBサイトを通じて残高紹介や振込などの諸手続きを行います。実際のお金のやり取り(入出金)については「コンビニATM」や「提携ATM」などを通じて行います。

ネット銀行といえば、その店舗がないことを利用して「低手数料」や「預金の高金利」などを魅力とすることが多かったのですが、近年ではそれに加えて各ネット銀行が様々な特長を生かしたサービスを提供しています。
そのような中からじぶんにあったサービスを提供している銀行をチョイスするというのが賢いやり方のように感じます。

 

ジャパンネット銀行

日本で一番最初に営業を開始したネット銀行。セキュリティ面に関してはネット銀行の中でも最高水準となっており、ネット銀行はセキュリティ面が不安という方にもおすすめの銀行です。

オンラインバンキングのパスワードは「トークン」と呼ばれる機器で自動生成されるようになっており、パスワードの漏えい等による不正出金などのリスクに対するセキュリティが充実しています。

また、Yahooとも提携しておりヤフオクの決済手数料が無料というのはオークションをよく利用する方にとって魅力的と言えるでしょう。「Tポイントの現金化」にも唯一対応しています。

他にも、個人事業主向けのサービスとして屋号付きで口座が作れるというような特徴もあり、ビジネス向けにも人気の銀行です。

>>ジャパンネット銀行の評判や金利などの詳細情報

 

楽天銀行(旧:イーバンク銀行)

口座数では日本最大のネット銀行。現在は楽天グループにあるため、楽天との連携サービスが魅力的。サービスの利用で楽天スーパーポイントが貯まるといった点も魅力的です。

一時は改悪続きで、他のネットバンクにシェアを奪われていましたが、近年ではいろいろと改善しています。預金金利の高さも魅力です。

また、同グループの楽天証券との連携サービスがあります。証券会社と銀行口座を連携させることで預金金利がアップしており、楽天銀行では「マネーブリッジ」という名称で連携サービスを提供しています。

デビットカードなら楽天銀行デビットカード(JCB)が高スペックでオススメ」でも紹介しているような魅力的なサービスも提供しています。

>>楽天銀行の評判や金利などの詳細情報

 

ソニー銀行

ソニーのネット銀行。預金、貯金に関するサービスが充実しています。貯金を目的別に管理することができるサービスや積立預金のように貯めるためのサービスも豊富。他にも外貨預金に関しても毎月500円という低額から積立を始めることもできます。

預金金利も高めで、ATM手数料についてもセブン銀行なら手数料無料で利用できるなど利便性も高いです。

ネット銀行の中では2016年現在、唯一積立定期預金に対応している銀行です。積立貯金について、詳しくは「貯金のはじめは積立から「積立貯金の始め方」」も御覧ください。

>>ソニー銀行の評判や金利などの詳細情報

 

住信SBIネット銀行

ネット銀行の中でもスペック面で見ると相当魅力的な銀行でした。2016年はじめに「ATM手数料無料」「振込手数料月3回まで無料」という無条件でのサービスをやめて、預金残高などに応じて無料サービスの質を変更する方向に転換しました。詳しくは「住信SBIネット銀行のスマートプログラムの内容と活用方法のまとめ」もご覧ください。

そのため、誰にでも合うネットバンクではなくなりました。一方、ある程度の残高を預けておけるというのであればそれなりの特典がある銀行です。上手に活用しましょう。

住信SBIネット銀行を給与振込口座にしたマネー管理術」「便利!? 住信SBIネット銀行の定額自動入金サービス」などのように当ブログでも取り上げている通り、いろいろ使える銀行です。とりあえず、ネット銀行に口座を作るというのであれば住信SBIネット銀行を選んでおけば間違いはないと思います。

>>住信SBIネット銀行の評判や金利などの詳細情報

 

 

じぶん銀行

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同して設立したネット銀行。auを運営するKDDIが出資しているため、au向けのサービスが非常に充実しています。

2016年11月にauユーザー向けのサービス「プレミアムバンク for au」を終了して住信SBIネット銀行と同様の預金残高等に応じてのランク別サービスを開始しました。詳細は「じぶん銀行の新手数料体系「じぶんプラス」は改善か?改悪か?」でまとめていますが、auユーザーの方にとっては改悪といえそうですね。

他にも「auウォレット(電子マネー)」のように魅力的なサービスもあり条件を満たせばかなり有利に活用できる銀行です。

>>じぶん銀行の評判や金利などの詳細情報

 

以上、最新のネット銀行の商品やサービスをまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP