おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

長期保有で優待内容がアップする株主優待株と小額投資で保有期間を延ばす裏ワザ

2017/12/26最終更新   株主優待

最近で株主優待銘柄の中に“長期保有(継続保有)”で株主優待の内容がグレードアップする優待株が増えています。1年以上、2年以上、3年以上といったように長期保有の株主を優遇しているわけです。

今回はそんな長期保有(継続保有)で優待内容が充実する優待株のご紹介と、小額の資金でもできる単元未満株投資で保有期間を延ばす裏ワザを紹介していきます。

スポンサーリンク

優待株は長期保有・継続保有を優遇する時代へ

これは個人株主を“安定株主”として確保したい会社としては当然の考えといえます。最近では株主優待銘柄のクロス売りなどのような方法で、株主優待だけを手に入れる方法などを模索する投資家も増えています。

株主優待のタダ取り。クロス取引・つなぎ売りで株主優待だけを受け取る方法
2016-01-08 17:42
最近では多くの企業が株主に対しての還元策、個人投資家を増やす為の施策として「株主優待」という制度を設けています。株主に対して自社の商品やサービス券などをプレゼントするというもので、
リンク

そうした中で、優待株(企業)が出した答えとしては、長期保有・継続保有をしている投資家に優待を限定する、あるいは優待内容をアップさせるというものです。こうすれば短期的に売買をして株主優待をもらうよりも、長期保有をする固定株主(安定株主)になってくれますからね。

そうした方向になるのは当然です。

 

長期保有・継続保有で優待内容がアップする優待株

まずは、長期保有や継続保有で株主優待の内容がアップする人気の優待株を紹介していきます。
長期特典のある優待株はかなりありますが、中でも優待内容が個人的に良いと思うものをピックアップしています。

銘柄名 権利確定月 優待内容
モロゾフ(2217) 1月、7月 7月末時点で3年以上の長期継続保有株主には2000円相当の自社商品を贈呈
極楽湯HD(2340) 9月 最低でも1年以上の継続保有が必要で入浴施設の無料券を進呈。2年以上の長期保有で+1枚追加
ヒューリック(3003) 12月 3年以上でグルメカタログ(3000円)相当から2品選べるようになる(通常1品)
ビックカメラ(3048) 2月、8月 8月末の時点で1年以上の株主には1000円分、2年以上の株主には2000円分の株主優待券がプラス
ぴあ(4337) 3月 1年以上の保有で各種ギフト券の優待が増額
オリエンタルランド(4661) 3月、9月 3年以上の長期保有株主には5年ごとのアニバーサリーイヤーに追加の優待券(ディズニーリゾートパスポート)を発行
スクロール(8005) 3月、9月 カタログ通販で利用可能な割引ポイント。1年以上、2年以上の継続保有で追加の割引ポイントを発行
千趣会(8165) 6月、12月 お買い物券の提供が、1年以上、2年以上、3年以上の長期継続保有でそれぞれ増額される
リコーリース(8566) 3月 優待としてクオカードがもらえますが、1年以上、3年以上の継続保有でそれぞれ優待額アップ
オリックス(8591) 3月 3年以上の継続保有でカタログギフト(ふるさと優待)の内容が5000円相当から1万円相当に増額
ヤマダ電機(9831) 3月、9月 1年以上、2年以上の長期継続保有でもらえる優待券(同社で使える商品券)が増額

 

最近は長期保有ではないと株主優待を出さない会社も増えてきた

上記で紹介したように、“長期継続保有の株主を優遇する”というのではなく、“短期の株主に対しては優待を提供しない”というスタンスをとる会社も増えてきました。

  • キューピー(3年以上の保有で自社商品)
  • コマツ(3年以上の保有でミニチュア製品)
  • MrMAX(半年以上の保有で自社商品)
  • 松田産業(1年以上にクオカード)

冒頭でも書いた“優待クロス取引”などによる短期株主の排除が目的なのでしょう。

 

貸株サービスの利用にはご注意

長期継続保有の株主優待投資において、思わぬ落とし穴となる可能性があるのが“貸株サービス”の利用です。

貸株サービスというのは投資家が保有する株式を証券会社にレンタルすることで一定の貸株料を受け取ることができるサービスです。権利確定日には貸株を返却してもらうことで配当金や株主優待を受け取る権利は得られます。

そのため、配当金や株主優待に加えて、第三のインカムゲインとして“貸株料”を受け取れるというサービスです

貸株サービス(貸し株)の魅力とそのリスク
2011-06-09 12:47
最近、一部のネット証券が投資家に対して提供しているサービスに「貸株サービス」というものがあります。これは、簡単に説明すると投資家が所有している株式を、一時的に証券会社に貸すことによ
リンク

一方で長期継続保有が前提となる優待投資において、貸株がネックとなることがあります。
さんざん指摘されているので優待投資家の方がご存知の方も多いと思いますが、貸株をすると“名義が変わる”んです。

貸株をすると名義があなたの名前から貸株をした証券会社の名義に変わります。それが優待の権利確定日前に再びあなたの名義に戻ったとしても、この場合、“いったん売って再度取得した”とみなされる可能性があるわけです。

 

1単元でもいいので残しておけば基本はOK

企業は基本的に、株主の管理を「株主番号」というもので管理しています。

株主番号とは何か?株主番号が変わる条件や調べ方、株主優待との関係
2017-12-20 14:54
株を買って、株主になると“株主番号”という番号が各企業の株主名簿管理人である信託銀行によって附番されます。この株主番号をもとに株主を管理しているわけです。配当金を送金したり株主優待
リンク

株主番号をたどれば、どの時点から継続して保有しているのか?がわかるからです。そしてこの番号は1株でも保有していれば変わることはありません。

例えば、貸株を利用する場合、500株を保有しているとして全株を貸株とすると保有株がゼロになるので株主番号が変わります。一方で、500株のうち、100株だけでも貸株にせずに残しておけば、株主番号は変わりません。

権利確定日の段階では証券会社から返却されて500株になっているので、優待を受け取るには500株が必要だという場合でも大丈夫です。

 

長期継続保有の株主優待銘柄は単元未満株で温めておく裏ワザ

資金力に余裕がある方であれば長期継続保有が必要な株を保有し続けても問題ないと思われるかもしれませんが、そんな資金的余裕はないという方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方におすすめなのは単元未満株取引を使うという手があります。

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットと「ミニ株」や「るいとう」との違い
2013-04-25 15:37
ネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式
リンク

単元未満株取引というのは単元以下で株を売買できるサービスで、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券が提供しています。たとえば1単元が100株の会社でも1株単位で売買できます。単元未満株取引で取得した株も本人名義となりますので株主番号が振られます。

たとえば3年の保有期間が必要な銘柄であれば、とりあえず単元未満株で1株だけ買っておき、3年目の権利確定日の段階で単元株以上に買い増しをすることで少ない資金でも効率的な優待株投資ができそうです。

 

※会社によっては期間中の保有株数などを確認しているケースもあり、そうした場合は貸株で1単元だけ残す方法や単元未満株の保有を、継続保有期間としてみない会社もあるかもしれません。特に後者はグレーだと思われます。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP