おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

貯金しやすい時期。ライフステージ別の貯金方法

saving人生にはおおよそ3つの貯金・貯蓄をしやすい時期というものがあります。一つ目は「独身・夫婦2人の時期」、二つ目は「子どもがまだ小さい時期」、三つ目は「子どもの独立後」です。ライフステージにおけるこれらの時期に集中的に貯金・貯蓄をすれば、余裕のある家計のプランニングが可能になります。逆にこの時期に貯金・貯蓄ができないと、将来苦しい思いをすることになるでしょう。

スポンサーリンク

独身時や夫婦二人のタイミングは貯金

ライフステージにおいて独身や夫婦二人で子どもがいない時期というのは経済的に一番余裕がある時期です。
特に夫婦二人が共働きという状況は家計に相当な余裕ができる時期と言えるでしょう。

この時期は月収の3割程度といった具合に割合や金額を決めて貯金に回すようにしましょう。この時期は経済的に余裕があるため浪費や贅沢をしがちですが、将来の為にも貯金をする習慣を身につけましょう。

先取り貯金(積立貯金)などの形で先に貯金をしてから、残りのお金で生活すると言うようにして、毎月確実に貯金できるようにしていくのが理想です。
参考:貯金のはじめは積立から「積立貯金の始め方」

 

子どもが小さいタイミングは将来を見据えた貯金を

幼稚園(保育園)に行くまで、小学校低学年(公立)も両親の経済的な負担は小さい時期です。
幼稚園に入園するまでは、コザコザとしたものを買う費用はかかるでしょうが、子ども手当(児童手当)などのプラスとなる収入も考えると負担はかなり小さくて済みます。

また、小学校においても公立であれば教育費はまだそこまでかかりません。「公立・私立小学校でかかる教育費・学費」によると公立小学校の1年にかかる教育費(学外活動も含む)はおおよそ年30万円程度です(私立だと年145万円!)。

私立だと難しいかもしれませんが、公立の小学校に行かせているというのであれば、まだ貯金余力はあるはずです。

その後の中学校、高校、大学と子どもが大きくなると教育費用などはさらに重くなっていきます。子どもが高校、大学に通っているタイミングでは年収の4割近くが教育費に消えるというデータもあります。子どもがまだ小さいうちはしっかりと貯金をするべきタイミングです。

 

子どもの独立後は最後の貯金チャンス

子どもが学校を卒業し、社会人として独立した後は、自分たち夫婦の老後のために一番貯金を頑張るべきタイミングです。
子どもが独立後~定年退職までの期間は子どもが生まれた時期などによっても変わってくるかと思います。

近年は晩婚化、晩産化が進んでいます。「進む晩婚化と晩産化で知っておきたい妊娠率低下・不妊症の関係」によると、第1子出産の平均年齢は30.3歳(昭和55年は26.4歳)です。

晩産化によって、子どもの独立~定年退職までの期間が短くなってしまうとその分、本来の貯蓄しやすい時期がどうしても短期間化してしまいます。
場合によっては、定年より後に子どもが独立するというようなご家庭もあるかもしれません。

この3番目のタメ期については、子どもが生まれた時点である程度の予測ができるはずです。そのような状況だと言うことであれば、共働きで家庭の収入を増やしたり、大きな支出(生命保険、マイホームや自動車等の固定資産購入など)を見直すなどして、自分たちの老後設計が破綻しないように前々から考えておく必要があります。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP