おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットとミニ株との違いを比較

shareネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式投資が可能な売買サービスですが、今回はこれらのメリット、デメリットをまとめていきます。

また、類似サービスであるミニ株(株式ミニ投資)との違いも合わせてまとめていきます。

スポンサーリンク

プチ株、S株、ワン株(単元未満株取引)とは?

まず、国内で売買される株式には「単元株数」というものが決まっています。たとえば、任天堂の株なら100株が単元株となっており、この株式を売買するときは100株単位でしか買えません。たとえば株価が1株11000円だとするとその100倍の110万円が最低取引金額となるわけです。

このように、単元株での売買となると銘柄によっては投資のために多額の資金が必要になってしまいます。プチ株、S株、ワン株といった単元未満株取引は、単元株数が100株の任天堂株を1株単位で売買することができるというサービスです。

ちなみに、単元株数は会社によって異なります。過去はバラバラで1000株、100株、10株、1株といったように会社によって単元株はバラバラでした。直近では東証が100株を単元株とするという方針を出しており、多くの会社が1単元=100株としています。

 

ミニ株(株式ミニ投資)との比較

プチ株、S株、ワン株(単元未満株取引)と似た取引方法として「株式ミニ投資(ミニ株)」というものもあります。こちらは、単元未満株とは異なり、「単元株数の1/10単位での売買」「株主としては登録されない」「取引できるのは証券会社が選定した銘柄のみ」と比較的規制が大きいです。

個人的にはミニ株をするくらいなら、プチ株、S株、ワン株といった単元未満株取引の方がメリットが大きいと考えています。ミニ株について詳しく知りたい方は「株式ミニ投資(ミニ株)」もご覧ください。

単元未満株取引と株式ミニ投資(ミニ株)、それと通常の株取引とを比較するとこんな感じになります。
自由度としてはミニ株よりも単元未満株取引のほうがよさそうな感じになっていますね。

通常取引 単元未満株取引 株式ミニ投資(ミニ株)
取引単位 単元株単位 1株単位 単元株の1/10
取引タイミング ザラバ中(いつでもOK) 1日2回(前場・後場の寄付き価格) 翌日の寄付価格で約定
配当金 会社から受け取る 会社から受け取る 証券会社経由で受け取る

 

単元未満株取引のメリット

長所は先ほどあげた通り、少ない株数(少額)で株投資ができるという点です。単元株数が多く株価水準が高い株は、最低投資単位が大きくなってしまいますので、単元未満株取引を活用することによって少額の投資が可能となります。

特に株式投資初心者の方などが株取引の基本を理解するために売買するというときに単元未満株取引は株を理解するという意味でもお勧めできる取引方法です。

また、カブドットコム証券(プチ株)では毎月500円からのプチ株での積立投資も可能となっています。このような買い方ができる運用方法としては「るいとう」がありますが、これよりも少額でスタートできるというのも魅力です。

 

単元未満株取引を提供している証券会社

2017年3月現在で単元未満株取引が可能なのは下記のSBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券の3社となっています。手数料で選べばマネックス証券ですが、毎月積立(プレミアム積立)や自動引落に対応しているカブドットコム証券は株式の積立投資である「るいとう(株式累積投資)」の代わりにも使えます。

この辺りは目的別に使い分けてもらえたらいいかなと思います。

証券会社 手数料やサービス特徴 積立 自動引落
マネックス証券(ワン株) 手数料は3社の中で最も安く0.48%(税別)となっています。 × ×
SBI証券(S株) 手数料は0.5%(税別)で最低54円となっています。 × ×
カブドットコム証券(プチ株) 手数料は2万円までは100円。それ以降は1万円につき67円が加算される形となっています。

 

単元未満株取引のデメリット・問題点

単元未満株取引のデメリットや問題点は大きく「手数料問題」と「株主としての権利問題」の二つがあります。

 

単元未満株取引は手数料が高い

最近のネット証券の株式売買の手数料率はおおよそ0.1%以下にまで下落しています。たとえば、単元未満株取引を提供している証券会社の通常の手数料と比較してみましょう。

単元未満株取引 通常株取引
マネックス証券 0.48% 0.10%
SBI証券 0.50% 0.048%
カブドットコム証券 0.70% 0.099%

※通常株取引は100万円取引時の手数料を割合に換算したもの

手数柳雄にすると2倍~10倍程度の手数料差になっています。0.5%程度の単元未満株取引手数料が高すぎるとは言えませんが、安いとは言えません。「資産運用は徹底的に手数料(コスト)を引き下げることを考えよう」でも書いたように手数料というのは投資効率を確実に引き下げる要因となりますので、できるだけ抑えたほうが良いです。

中長期保有ならまだいいですが、短期売買で利ザヤを稼ごうという取引には向いていません。

 

単元未満株の株主には株主としての権利が制限される

単元未満株取引によって株を所有したとしても、株主としての権利が一部制限されます。なお、単元未満株取引でも累積投資等によって1単元以上の株を保有する場合は通常通りの株主の権利を有します。

たとえば、100株が1単元の会社の株を、単元未満株取引で10株ずつ10回購入した場合は1単元となりますので、通常の株主と同様に扱われます。以下は100株が1単元の会社の株を99株以下しか保有していないケースです。

 

通常通りの権利があるもの

・配当金の受け取り(持ち分に応じて受けと取れます)
・会社が倒産したときの残余財産分配権

 

通常の株主と違い権利がないもの

・株主総会への出席や決議に参加することができません。
・株主優待が受け取れません(※)

※株主優待については多くの会社が1単元以上の株主に対して提供するとルールを定めていることが多く、単元未満株株主に対しては提供されないことが多いです。ただし、一部の企業では単元未満株であっても株主1名につき1つといった形で株主優待を提供してくれる会社もあるようです。
こうした銘柄は「隠れ優待銘柄」と呼ばれています。

 

株の勉強には単元未満株取引は最適な取引ツール

単元未満株取引は、やはり最初の株の勉強という意味でお勧めできる取引です。株式投資に限ったことではありませんが、投資は実際にやってみてわかることがたくさんあります。1株から売買できる単元未満株取引はごく少額から株を売買することができる面白いツールです。上手に活用してください。

大学生が初めて株式投資をするときの注意点と証券会社選びのコツ」でも紹介したように、学生の方が投資の勉強をするという意味で株式投資を体験してみるという意味では面白いサービスです。ぜひともご活用下さい。

なお、この単元未満株取引と組み合わせて活用したいのが「楽天銀行」です。楽天銀行では配当金を楽天銀行口座で受け取りをすると1回につき10円がもらえるという株式配当金受取プログラムというサービスを行っています。

単元未満株取引でも配当金はもらえるので、組み合わせてみるのも面白いですね。

>>SBI証券公式ホームページ

>>マネックス証券公式ホームページ

>>カブドットコム証券公式ホームページ

>>楽天銀行公式ホームページ

 

以上、プチ株、S株、ワン株(単元未満株取引)のメリット・デメリットの紹介記事でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP