おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

au WALLETポイント運用がサービス開始!サービスの特徴を分析

au WALLETポイントは携帯電話のauの利用や、au WALLETプリペイドカードの利用、他社ポイントとの交換で貯めることができるKDDIのポイントです。

このau WALLETポイントをポイント投資として疑似運用できるサービス「au WALLETポイント運用」が2019年4月9日にスタートします。

同じ通信系ではドコモのポイントであるdポイントが「dポイント投資」のサービスを提供しており、注目されます。

スポンサーリンク

金融事業に力を入れるKDDI(au)

少しだけ話は飛びますが、KDDI(au)は金融事業にかなり力を入れています。

銀行業の「じぶん銀行」を子会社化、ネット証券の「カブドットコム証券」への出資比率を49%にまで引き上げています。投資信託の運用についても大和証券と連携して「KDDIアセットマネジメント」という投資信託運用会社も設立しています。

その上で、じぶん銀行やカブドットコム証券は「au」のブランド名を冠した会社に社名変更をすることになっています(auじぶん銀行/auカブコム証券)。

サービスでもauの名前を付けた銀行・金融サービスをやっていますね。

  • au住宅ローン
  • auの投資信託
  • auのiDeCo(個人型確定拠出年金)
  • au WALLET(プリペイドカード/ポイント)
  • au Pay(スマホ決済)

そんな中で、KDDI(au)のポイントプログラムである、au WALLETポイントを使った投資・運用サービスが始まります。

 

au WALLET ポイント運用とは?

まずは、au WALLETポイント運用のプレスリリースを一部抜粋します。

「au WALLET ポイント運用」は、KDDIが提供する各種サービスの利用で貯まった「au WALLET ポイント」を活用して資産運用の疑似体験ができるサービスです。ご利用は「au WALLET アプリ」から可能で、面倒な口座開設手続きを行う必要なく、運用するポイント数を指定するだけで、100ポイントから手軽にご利用いただけます。

運用中のポイントは、1ポイントから「au WALLET ポイント」に引き出すことも可能で、引き出したポイントは、通常の「au WALLET ポイント」と同様に、au WALLET 残高へのチャージや、「Wowma!」でのお買い物などにご利用いただけます。投資に興味はあるけれど一歩踏み出せない投資初心者のお客さまでも、手軽に資産運用を疑似体験いただけます。

貯めているKDDIのau WALLETポイントを使って、投資信託を疑似的に購入できるサービスとなりそうです。投資できるのは「KDDIアセットマネジメント」が運用している投資信託(auの投資信託)になるそうです。

 

au WALLET ポイント運用の投資対象ファンド

KDDIアセットマネジメントは、KDDIと大和証券グループ本社と組んで作った投資信託の運用会社です。下記の4ファンドを現在運用しております。いずれもバランス型という複数の投資対象に対して投資をする投資信託となっています。

  • auスマート・ベーシック(安定)
  • auスマート・ベーシック(安定成長)
  • auスマート・プライム(成長)
  • auスマート・プライム(高成長)

おそらく、au WALLETポイント運用でも、こちらのファンドに投資をする形になるのだろうと思われます。

具体的な運用方針は以下のようになっています。

投資信託 特徴・運用方針
ベーシック(安定) 4つのファンドへの投資を通じて投資。
資産配分比率は概ね、国内株式15%、国内債券65%、先進国株式5%、先進国債券15%
ベーシック(安定成長) 6つのファンドへの投資を通じて投資。
資産配分比率は概ね、国内株式20%、国内債券50%、先進国株式10%、先進国債券10%、新興国株式5%、新興国債券5%
プライム(成長) 資産配分比率は概ね、国内株式25%、国内債券35%、海外株式(新興国株式含む)20%、海外債券(新興国債券含む)20%を基本とし、上下10%の範囲内で配分比率を調整
プライム(高成長) 資産配分比率は概ね、国内株式30%、国内債券20%、海外株式(新興国株式含む)35%、海外債券(新興国債券含む)15%を基本とし、上下10%の範囲内で配分比率を調整

 

大きな注目は投資の入出金のタイミングと反映

仕組みとしては「dポイント投資」や「楽天ポイント運用(ポイント運用 by 楽天PointClub)」に似ている感じです。投資信託への投資をポイントで代わりにするって感じですね。

個人的な注目点としては投資(ポイントの追加と引出し)のタイミングです。dポイント投資のように即時反映をするタイプなら、後出し投資が可能になりそうです。

一方で、通常の投資信託と同じような入出金サイクルであれば、あまり運用価値はなさそうです。

今のところ、リアルタイム運用っぽいのでdポイント投資に近いイメージがするんですけどね。

 

※この記事は一部内容が正式発表前の情報を含んでいます。

ポイント投資サービスを徹底比較、ポイント運用のメリット、デメリット
2017-11-10 06:58
世の中、いろいろな“ポイント”が貯まる時代になりました。電気屋さんの会員カードのポイント、Tポイントやdポイント、Pontaといった共通ポイントカードのポイント、クレジットカードの
リンク
スポンサーリンク

同じカテゴリーの人気記事

おすすめ記事

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP