おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ドコモ、ソフトバンク、auと光回線(自宅ネット回線)のセット割引のメリットと注意点、デメリット

internet携帯電話各社がインターネットの光回線サービスとの「セット割引」をスタートしています。自宅で使用している光インターネットをスマートフォンの契約先(ドコモやソフトバンク、au)とそろえることで合計料金が安くなるというもの。

これまではauのみのサービスでしたが、NTTによる光回線の卸売(光コラボ)が2015年にスタートしたことからドコモとソフトバンクでも光回線サービスを開始し、セット販売がスタートしています。

今回はこの通信キャリアと光インターネットのセット利用(割引)を利用するメリットと契約の注意点・デメリットなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

携帯電話と光回線のセット割引

セット割引については独自の光回線網をもっている「au」が独自に提供していました。auスマートバリューという名前で、携帯電話と光インターネット回線を合わせて契約することで料金が割引されます。

2015年には光回線最大手のNTTが光インターネット回線を他社に卸してそれを、消費者に提供するという「光コラボ」がスタートしています。

光コラボとは何か?光コラボで転用のメリット、デメリットを理解しよう。
2018-11-14 14:41
2015年にスタートした「光コラボレーション」。これはインターネットの光回線を提供しているNTTが従来の代理店を使った直販から、代理店からの再販モデルへの切り替えとなります。
リンク

NTTドコモとソフトバンクはこの光コラボを利用するという形で2015年より「ドコモ光」、「ソフトバンク光」という光インターネットサービスを提供しています。

ドコモやソフトバンクでも、光インターネット回線と携帯回線をセットで持つことでセット割引が適用されます。上手く利用すれば月々のスマホ料金、インターネット料金を節約することができます。

ケータイキャリア各社の光インターネットとスマホ料金の瀬っと割引についてまとめていきたいと思います。

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクともに、割引内容はほぼ同一となっています。

 

ドコモの光インターネットセット割引(ドコモ光セット割)

ドコモの光インターネットサービスとしては「ドコモ光」があります。

現在はドコモの「ギガホ」「ギガライト」の場合、家族全員のスマホ月額料金から月額最大1,000円割引となります。旧プランの「カケホーダイ&パケあえる」の場合はパケットパック料金から100円~3,500円が割引となります。

ドコモの新プラン(ギガホ、ギガライト)の場合、ファミリー登録されている家族の数が増えるほど料金が安くなりますが、ドコモ光セット割を利用すると、さらに1回線あたり500円~1,000円が割引されます。

回線数分なので家族が多い方(回線数が多い方)にはかなりメリットがある割引サービスとなります。

  • ギガライト(~1GB):割引なし
  • ギガライト(~3GB):500円
  • ギガライト(3GB以上):1,000円
  • ギガホ:1,000円

ちなみに、ドコモのファミリーの対象は、広く代表回線契約者の父母兄弟も含めることが可能です(代表回線者の配偶者の父母兄弟も対象)。

フレッツ光とドコモ光の違いとドコモ光のメリット、デメリット、向いている人
2018-11-14 14:36
ドコモ光は、NTTドコモが提供している光回線サービスです。光回線インターネットというとNTTのフレッツ光が有名ですが、それとは違うのでしょうか? ドコモ光はNTTドコモ利用者
リンク

ドコモ光公式ホームページ

ちなみに、セット割引とは関係ないのですが、ドコモのクレジットカードであるdカード GOLDを保有している場合、ドコモのスマホ料金やドコモ光の料金の10%相当がdポイントで還元される特典があります(通常は1%)。こちらも併せて利用すると大変お得です。

dカードGOLDはドコモユーザーにメリットいっぱいのクレジットカード
2019-06-09 06:38
NTTドコモの携帯電話や光インターネットサービスを利用している人はドコモのクレジットカード「dカード」がオススメ。中でも家族契約や光インターネット契約もパックにしている方は上位クレ
リンク

dカードGOLD公式ホームページ

 

auの光インターネットのセット割引(auスマートバリュー)

auのスマートフォンと光インターネットのセット割引サービスが「auスマートバリュー」です。

auのスマートフォン契約と以下の固定通信サービスがある場合に利用できます。

  • au ひかり
  • auひかり ちゅら
  • コミュファ光
  • eo光
  • Pikara(ピカラ光)
  • メガエッグ
  • BBIQ
  • ひかりJ
  • J:COM・提携先ケーブルテレビ

auひかり以外の光インターネット回線やケーブルテレビも対象となります。

新auピタットプランNの場合はスマホ料金が500円割引/月、auデータMAXプランProの場合はスマホ料金が1000円割引/月となります。

割引の対象となるのは同居家族の他、50歳以上のご家族も含まれます。

auひかり公式ホームページ

 

ソフトバンクの光インターネットのセット割引(おうち割 ひかりセット)

ソフトバンクの光インターネットサービスとソフトバンクのスマホをセットで利用することで「おうち割 ひかりセット」を利用できます。
こちらを利用すると家族みんなのスマホ料金が毎月1,000円お得になります。

<対象となる固定通信サービス>

  • SoftBank 光
  • SoftBank Air
  • Yahoo! BB ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
  • ケーブルライン
  • ひかりdeトークS(ケーブルライン)
  • NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
  • Yahoo! BB 光シティ

SoftBank光公式ホームページ

 

家族が多い人、ファミリーにお得なセット割

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれも光インターネット回線とのセット割がありますが、これらはいずれも、スマホ料金からの割引きとなっています。

この割引はスマホ回線分適用されるようになっているので、1名よりも2名、2名よりも3名といったように家族で同じ携帯キャリアでスマホを持っている人がお得になります。

なお、通信キャリアの「ファミリー」の範囲は広めで遠方に住んでいる両親などを含めることもできたりするので、キャリアごとの範囲を確認しましょう。特に、ドコモはかなり広いです。

注意点やデメリットとしては、「データ通信料が小さい人は割引のメリットがほとんどない」、「スマホとの契約期間がバラバラに扱われるので面倒」「光コラボ転用時は電話番号が変わる可能性がある」という3点が挙げられます。

 

データ通信料が小さい人は割引のメリットがほとんどない

セット割はスマホ契約のデータ通信量がそれなりに必要です。

たとえば、上記のドコモのケース。

  • ギガライト(~1GB):割引なし
  • ギガライト(~3GB):500円
  • ギガライト(3GB以上):1,000円
  • ギガホ:1,000円

こうなっているので、ギガライトで1GB未満のデータ通信しかない回線では割引を受けることができません。自宅に光回線を入れて、通信の大部分をWi-Fiで補えてしまうような方はセット割の強みを活かせません。

家でもインターネットを使うし、外でもスマホを使うというデータ利用が多い人向けのプランとなります。

 

契約期間がバラバラになる

携帯電話各社は契約期間を2年縛り、解約できる期間を限定した上でそれ以外のタイミングでの解約には「違約金」を設定しています。これは光回線のセット割引でも同様に行われており、こちらにも2年縛りが付きます。

この2年縛り、当然と言えば当然なのですが、スマホの契約とは別になります。

たとえば、スマホの解約可能月が4月で、光インターネットの解約可能月が12月とか言った場合には面倒なことになる可能性があります。

(追記)2019年10月1日より大手キャリアの2年縛り(スマホ契約)が大幅に縮小されます。結果として、この契約期間問題は大きく改善するはずです。

 

光コラボ転用時は電話番号が変わる可能性がある

NTTの光回線からの転用と言う形でドコモ光やソフトバンク光に切り替える場合、既存のプロバイダーが使えない可能性や光電話の契約がある場合、再切替時に同じ番号が使えなくなる可能性などの注意点もあります。

詳しくは「光コラボとは何か?光コラボで転用のメリット、デメリット」をご覧ください。

 

大手キャリアの電話契約があるならセット割は魅力

注意点もありますが、家族で同じ大手キャリアの携帯電話を利用しているというのであれば、光インターネット回線はセット割引が魅力です。

大家族であれば、光インターネット回線の割引を活用すれば、MVNO(格安スマホ)と比較してもトータルコストでは以外と大きな差が出ないというケースもあるでしょう。

ドコモ光公式ホームページ

auひかり公式ホームページ

SoftBank光公式ホームページ

一方で、単身者・独身者などの場合、光セット割引はあまり効果がありません。こういったケースでは、格安スマホ×光インターネットの組み合わせの方が安くなる可能性が高いです。

携帯・スマホのMVNO(格安SIM)とは何か?大手キャリアとの違いとメリット、デメリット
2019-08-28 00:51
携帯電話やスマートフォンで通話やインターネットを利用すると言うとNTTドコモやau、ソフトバンクなどのと契約するのが当たり前のことだと思います。ところが、近年こうした通信キャリア以
リンク

状況に応じて上手く使い分けましょう。

 

以上、スマートフォンと光回線(自宅ネット回線)のセット割引のメリットと注意点、デメリットを紹介しました。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP