おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

自動車税をクレジットカード払いにして節約する3つの方法の比較

car5月31日が納付期限となる「自動車税」。私もつい先ほど払ってきました。こうした税金は払わないというわけにはいきませんが、できるだけお得に支払いたいものですよね。

その代表的な方法はクレジットカード払いにして、ポイント分得をするというもの。2019年現在、大きく「Yahoo!公金支払い」を使う、「nanaco払い+クレジットカードチャージ」「WAON払い+クレジットカードチャージ」という3つの方法があります。

今回はこの3つの方法の紹介と、それぞれのメリット、デメリットを比較していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードで自動車税を払う方法

クレジットカードで自動車税を払おうと思っても、銀行窓口やコンビニなどではカードを使って納付することはできません。ただし、クレジットカードを使って自動車税を払ってポイント分得をする方法があります。

 

Yahoo!公金支払いを活用する

まず、一つの方法として「Yahoo!公金支払い」というサービスを利用すればクレジットカードでの自動車税の納税ができます。もちろんカード払いと言うことになりますので、クレジットカードのポイントを貯めることができます。

ただし、注意点があります。それは決済手数料として300円(税別)が必要になると言うことです。

クレジットカードで1%のポイントを貯めても300円が別にとられるのでは意味がありません。「ふるさと納税」の場合には手数料がかからないのに、これはちょっといただけないですよね。

また、Yahoo!公金支払いの場合は車検を受ける時に必要となる「納税証明書」をすぐに受け取ることができず、別途手続きをする必要があるというのが面倒です。よって、この方法は自動車税納付という場合は、あまりお得とは言えないですね。

Yahoo公金払いのメリット、デメリット。税金払いは手数料分損?
2018-05-23 11:31
Yahoo!Japanが提供しているヤフー公金支払いは税金(自動車税・固定資産税・住民税・健康保険料・介護保険料など)、NHK受信料、水道料金、ふるさと納税などの支払いをオンライン
リンク

 

nanacoのクレジットチャージ+コンビニ払いで間接払い

もう一つの方法は、nanacoのクレジットチャージを活用するという手があります。

こちらについては「公共料金や税金の支払いはセブンイレブンのnanaco(電子マネー)がオススメ」でもまとめている通り、自動車税の支払いに利用できる「nanaco」とそのnanacoへのクレジットチャージを利用してポイントを貯めると言う方法です。

セブンイレブンでは同社の電子マネーnanacoを現金と同様に各種支払いに利用することができます。もちろん、自動車税の税金の支払いにも使えます。

ただし、こうした支払いをしてもnanacoのポイントは貯まりません

 

nanacoポイントはたまらないけど、クレジットカードでチャージをしたポイントはつく

ただし、この支払いの為のnanacoにチャージする時、それによってクレジットカードのポイントは貯まります。

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードは一部に限られていますが、上手に利用すれば1%分程度のポイントを貯めることができます。

が代表的です。

つまり、nanaco払い自体ではポイントはつかないけど、そのnanacoにチャージをするときにクレジットカードのポイントを貯めることができるので、事実上、クレジットカードポイント分が節約できるというわけです。

公共料金や税金などの支払いはセブン-イレブンのnanaco払い+クレジットチャージがオススメ
2019-01-16 11:31
セブン-レブンでおなじみの電子マネーのnanaco。使っている方も多いのではないでしょうか?このnanaco、普通に使ってもポイントが貯まるなどの特典は多いですが、特におすすめの使
リンク

 

同じ様にWAON+ミニストップでもクレカチャージ可能

セブンイレブン以外ではコンビニにミニストップでWAON払いが可能です。セブンイレブンほどの件数がありませんが、電子マネーの「WAON」に以下のようなクレジットカードでチャージ(オートチャージ)すればポイントを貯めることができます。

チャージでポイントが貯まるのは上記カードのみということで少し使いずらいですが、JALマイルをためている方にとってはJALカードでチャージをするようにするとマイルを貯めることが出来、お得度があります。

JALマイラーの方ならnanacoよりWAONがおすすめです。

WAONで公共料金や税金を払ってJALマイルやWAON POINTを貯める方法
2018-06-17 07:06
2016年2月よりミニストップで電子マネーのWAONを使った公共料金や税金などの収納代行(コンビニ払い)の支払いが可能となりました。公共料金や自動車税、住民税、国民健康保険料、国民
リンク

 

まとめ、少しでもお得に自動車税を支払おう

Yahoo公金支払いはお手軽に利用できますが、手数料がかかることから無駄が多いのでメリットはありません。仮に2%のポイントが付くとしても、手数料をペイするのがやっとという状況になります(自動車税の安い軽自動車などはマイナス)。

そう考えると、ひと手間がかかり面倒ではあるもののnanaco+クレジットカードチャージやWAON+クレジットチャージを使って貯める方法の方がお得と言えるでしょう。

この方法のデメリットとしては、nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるカードが限られているという点でしょうか。

上手に活用して自動車税を節約しましょう。

あと、自動車つながりになりますが、税金と同じように自動車保険も一緒に見直すと効果的ですよ。「自動車保険は面倒くさがらず毎年見直し・比較をして得しよう」でも書いていますが、年1回の見直しを比較サイト経由にすれば、プレゼントがもらえるなどの特典もあるので、ぜひ毎年見直しましょう。

 

以上、自動車税をクレジットカード払いにして節約する2つの方法を紹介してみました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP