おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
節税・税金のライフハック

税金や節税に関するお役立ち記事の一覧

税金は国民の義務であるため、当然支払う必要があるものです。しかしながら、税金には様々な控除なども存在しており、上手にそれらを使うことで納める税金の金額を少なくすることができます。これは節税であり何ら問題はありません。
ここでは、税金を少しでも安くするための節税に関するお役立ち情報をまとめていきます。

ふるさと納税の転売で現金化・換金は本当にお得か?その注意点とメリット、デメリット

2018/09/21 更新

ふるさと納税はもっとも効率的に寄付をすれば自己負担2,000円で寄付ができ、寄付金額に応じてお礼の品(返礼品)がもらえるという有利な制度です。

たとえば、5万円寄付をして2万円分のお礼の品をもらった場合、自己負担の2000円を差し引き18,000円分が実質的にお得だったということになります。この“得をする”ということを考えたとき、普通はお礼の品という「モノ」ですが、それを転売して「キャッシュ(現金)」にできたらうれしいなという方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんなふるさと納税の転売と現金化についてとその注意点についてまとめていきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法

ビットコインの利益と税金と確定申告 雑所得として申告が必要、無申告・脱税はバレる?

2017/12/26 更新

仮想通貨ビットコインの価格は連日高騰を続けています。中にはビットコインだけで数百万、数千万、なかには億単位の利益が出たという方もいるかもしれません。仮想通貨バブルの様相を呈しておりますが、年末になり心配なのが“ビットコイン(仮想通貨)の儲けに対する税金”という方も少なくないと思います。

ビットコインの取引によって生じた利益は「雑所得扱いとなる」という見解が税務当局からすでに出されています。今回はそんなビットコインの利益と税金と確定申告について分かりやすくまとめていきます。

続きを読む

仮想通貨・暗号通貨,所得税・住民税

2018年 お米がもらえる“ふるさと納税”還元率がお得な自治体ランキング

2018/06/29 更新

ふるさと納税の中でもお礼の品として人気が高いのはやはり“お米”ではないでしょうか。お肉や果物も人気ですが、冷蔵庫や冷凍庫のスペースを必要としますが、お米ならある程度の中長期保存ができますし、日本人にとっては主食ですので消費量も大きいはずです。

今回はそんなお米のふるさと納税ならどこがお得なのか?ということを。寄付サイトを横断して調べてみました。

毎日消費するものだから、ふるさと納税でお得にお礼の品としてもらえるのはうれしいですよね。お得なふるさと納税の寄付先(寄付サイト)を紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法

2018年“カニ(蟹)”がもらえる ふるさと納税の人気の自治体と寄付サイト比較

2018/05/03 更新

ふるさと納税は例年11月、12月が盛り上がってきます。これはふるさと納税の寄付可能額がおおよそわかってくるのがこの時期だからというところが大きいです。

冬のボーナスがもらえるような会社員や公務員の方などは12月上旬ごろにほぼ確定することでしょう。

そのため、必然的にふるさと納税の申し込みをする方はこの時期から急増します。そんな時期にやっぱり人気なのは「カニ(蟹)」ですね。年末年始、お正月に楽しめる、蟹のふるさと納税を紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

ふるさと納税で損する人と得する人。損得ラインはどこにある?

2018/10/17 更新

お得な制度として知られている“ふるさと納税”は、税金が安くなって、お礼の品ももらえるということで人気を集めています。ただ、お得な制度という情報ばかりが先行しているように思います。

今回はそんな“ふるさと納税で損をする人”ということをテーマに、ふるさと納税の損得について、家計やキャッシュフロー、あるいは収入による寄付とお礼の品の関係についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

iDeCoで預けている年金資産は証券会社が倒産・破綻したらどうなる?

2017/11/16 更新

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)を利用する人が増えています。こちらを利用する場合、運営管理機関(銀行や証券会社)を選びます。この運営管理機関を選ぶときのポイントについては「iDeCOのおすすめ証券会社を徹底比較」でも紹介している通り、コストや取扱商品なのですが、運営管理機関の倒産が心配な方もいらっしゃるようです。

今回はそんなiDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理機関が倒産したときの私たちの年金資産の取り扱いについて紹介します。

続きを読む

個人型確定拠出年金(iDeCo),節税・税金のライフハック

年末調整における源泉控除対象配偶者とは何か?書き方はどうする?

2018/11/13 更新

年末調整のタイミングで勤務先から渡される来年(平成30年以降)の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の項目が変わりました。あたらしく“源泉控除対象配偶者”という項目が登場しています。従来までは“控除対象配偶者”でした。

この二つの違いと、年末調整資料への書き方はどうしたらいいのかを紹介してきます。

続きを読む

仕事術,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,給料・ボーナスの活用術

給与所得控除の縮小が進む。サラリーマンは大増税になる可能性

2018/10/09 更新

2017年11月現在においてサラリーマンの給与所得控除の見直しが審議されています。実現すれば、日本の納税者の中でも大部分を占めているサラリーマンにとっては大幅な増税となる可能性があります。

報道では高所得者に対する増税という雰囲気が出ておりますが、発表内容を見る限り収入がさほど多くないサラリーマンにとっても増税となる可能性が大です。

実際に税制調査会に出されている資料を読む限り、普通のサラリーマンも確実に標的になっていると思われます。今回はそんな資料を基に、給与所得控除の見直しが行われたらどうなるのか?ということを見ていきたいと思います。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

【終了】モンベルポイントがもらえる“小谷村のふるさと納税”が熱い!アウトドア好きにおすすめ

2019/01/15 更新

寄付をすると税金が安くなり、お礼の品(返礼品)ももらうことができる“ふるさと納税”。活用している方も多いかと思います。そんなふるさと納税、どこに寄付をしようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回はアウトドアやキャンプが好きな方におすすめの“ふるさと納税のお礼の品”としてモンベルポイント(モンベルポイントバウチャー)がもらえる長野県小谷村への寄付を紹介したいと思います。

モンベルポイントなら、様々なアウトドア用品ブランドの商品がポイントで購入できるため、かなりおすすめです。

(追記)2018年12月で終了しました。2019年以降の再開は不明です。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

ふるさと納税の寄付金受領証明書を紛失した時の再発行と確定申告に間に合わない時の対応

2018/07/05 更新

人気のふるさと納税、寄付先を選んで、寄付金を決済(クレジットカード決済など)をした。その後、お礼の品をもらったという場合も、それで終わりではありません。

寄附金の税金を控除するためには、ワンストップ特例制度の申告、あるいは翌年に寄付金受領証明書を添えて確定申告をする必要があります。中でも6件以上の寄付や他の理由で確定申告をする場合には寄付金受領証明書を添えた確定申告が必要になります。

そんな寄付金受領証明書を紛失してしまったという場合は再発行依頼や確定申告をどうしたらいいのでしょう?

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP