おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
節税・税金のライフハック

税金や節税に関するお役立ち記事の一覧

税金は国民の義務であるため、当然支払う必要があるものです。しかしながら、税金には様々な控除なども存在しており、上手にそれらを使うことで納める税金の金額を少なくすることができます。これは節税であり何ら問題はありません。
ここでは、税金を少しでも安くするための節税に関するお役立ち情報をまとめていきます。

自治体ポイントがスタート。登録するメリット、デメリットや使い方や貯め方の紹介

2018/01/26 更新

2017年9月より、個人番号カード(マイナンバーカード)にポイント機能がプラスされています。自治体ポイントと呼ばれるこのポイントプログラムは総務省の肝いりでスタートしたプログラムです。

現在はクレジットカード会社のポイント、航空会社のマイル(マイレージ)、電力会社のポイントなどを、“自治体ポイント”に交換して利用することができます。この自治体ポイントを使うことで地方の名産品を購入することなどに利用できます。

今回はそんな自治体ポイントについて、その貯め方や使い方、利用するまでの流れなどを紹介していきます。

続きを読む

マイナンバー(個人番号)

つみたてNISAでのおすすめの投資信託(商品)と選び方とコツ

2018/03/16 更新

2018年1月より資産運用の新優遇制度である“つみたてNISA”がスタートしています。既存のNISAよりも、年間あたりの非課税額は小さいですが、より長期で非課税運用をすることができるため、コツコツと毎月積み立てていく運用に向いています。

年間40万円までとは言っても、毎月積み立てをベースにすれば月額33,333円の金額になるので、それなりの金額になります。

今回はそんな、つみたてNISAを利用するときに、“どの投資信託で積立をするべきなのかわからない”という方向けに、おすすめの投資信託とその選び方のコツについて紹介していきます。

続きを読む

NISAの活用法,おすすめ投資信託の選び方

外国株投資(米国株投資)をしている方は確定申告で外国税額控除を利用しよう

2018/01/16 更新

アメリカ株(米国株)などへの投資はかつて投資のハードルも高かったのですが、最近では証券会社の手数料も安くなったり、投資サービスも増えたりして投資する人が増えてきました。

そんな外国株投資では「外国税額控除」というもの利用できる場合があります。たとえば米国株の配当金の場合、米国で10%課税され、日本でも20%課税されます。つまり、二か国で二重に税金がかかることになります。この二重課税の問題を解消するのが“外国税額控除”です。

米国株投資をする方にとっては非常に重要な知識となりますのでしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

外国株投資,株・投資の税金

FXの税金は“必要経費”が認められる。パソコンやネット費用は所得から一部控除可能

2018/01/10 更新

FX(外国為替証拠金取引)は申告分離課税として1年分の利益を確定申告する必要があります。税区分としては“先物取引にかかる雑所得等”となり、一律20.315%(復興特別所得税を含む)となっています。株式投資や投資信託などの税率と同じですね。

ただ、一つ株や投資信託の利益と違って、FXの税金の方が優れている部分があります。それは“必要経費”が認められることです。株や投資信託の税金は売買益は全額課税されますが、FXでは利益から必要経費を差し引くことが認められているのです。

必要経費を差し引けばその分、所得が小さくなるので税額も安くなります。今回はそんなFX取引における確定申告の必要経費についてまとめていきます。

続きを読む

FX取引,所得税・住民税

2017年分(平成29年分)からの医療費控除の3つの変更点のまとめ

2018/01/04 更新

2018年からの確定申告(2017年分)の医療費控除については、従来までと大きく3つの変更点があります。

  1. 領収証の提出→医療費控除に関する明細書の提出
  2. 医療費通知により記載事項を減らせる
  3. セルフメディケーション税制と選択できる

という点です。今回はそんな医療費控除の変更点について詳しくまとめていきます。医療費控除を活用してきた方の参考になれば幸いです。ちなみに、修正点は全体的に改善といえます。

続きを読む

所得税・住民税

お金持ち注意!ふるさと納税のお礼の品も一時所得として課税される

2019/03/04 更新

普通の人はあまり関係ない話ですが、ふるさと納税の寄付として100万円、200万円といった高額な寄付をする人は、お礼の品の受け取りについて少し注意が必要になります。

ふるさと納税は寄付額を一定の範囲で税額控除できる仕組みになっていますが、それとは別に、ふるさと納税のお礼として返礼品を受け取った場合、その価値によっては返礼品が一時所得として課税対象になる場合があります。

年間の控除額があるため、普通の人はあまり影響を受けることはありませんが、他に一時所得がある人や高額の寄付をして50万円を超えるお礼の品を受け取ったケースなどは注意が必要です。

続きを読む

ふるさと納税の活用法

仮想通貨の節税対策。ビットコインの儲けはふるさと納税で節税が簡単

2017/12/21 更新

2017年はビットコインを始めとした仮想通貨の大幅な上昇で大儲けをしたという人もいらっしゃるかと思います。そういう方にとっての大問題といえるのが“税金”ですね。日本は累進税率となっているので、数千万、あるいは億単位で儲けが出た人は場合によっては数千万単位の税金を払う必要があります。

そんなビットコイン(仮想通貨)の節税として効果的なのは“ふるさと納税”です。今年の所得の一定の範囲の寄付が可能で、範囲内であれば2000円の自己負担でその分税金が安くなります。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,仮想通貨・暗号通貨,所得税・住民税

ふるさと納税で旅行!“ふるなびトラベル”や“きふたび”で旅館や温泉、ホテルに泊まる

2018/03/10 更新

ふるさと納税のお礼の品として人気が高いシリーズとしては旅行券・宿泊券というのはなかなか利用者が多いようです。特産品もいいですが、寄付先に実際に自分で足を運んで宿泊してみるというのもよい経験だと思います。

今回は、ふるさと納税のお礼の品として旅行券や宿泊券などを用意している自治体やそうした自治体を効率よく探せる寄付サイトとして“ふるなびトラベル”と“きふたび”を紹介し、またその使い方についても紹介していきます。

ふるさと納税を活用してお得に旅行を楽しみましょう。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,国内旅行で得をする,旅行や宿泊をお得にする

2018年 自転車がもらえる、ふるさと納税の紹介と自治体、寄付金額

2018/05/03 更新

ふるさと納税というとお肉お米といったような食品が寄付のお礼の品としては主流ですが、一部の自治体ではより実用的なアイテムを提供しているところもあります。

特に、ふるさと納税で寄付をする方の中で人気が高いのが自転車です。ただ、自転車のふるさと納税については、総務省が控えるように通達した“資産性が高いもの”に該当しているため、2018年現在、お礼の品として自転車を提供する自治体は少ないです。

ただ、完全に消えたというわけではなく、自転車産業が盛んな地域などでは、自転車を返礼品として提供しているところもあります。今回はそんな自転車がもらえるふるさと納税を紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法

2020年からの所得税改革の中身。年収850万円超のサラリーマンは増税へ

2017/12/11 更新

2018年度の税制改正として所得税改革についての合意がなされました。基本的には全体で1000億円超の増税となる見込みです。増税の対象になるのは年収850万円を超えるサラリーマンです。一方で、子育て世帯などは増税とならないように工夫される見通しとなります。

また、年収850万円以下のサラリーマンは変化なし、フリーランスや個人事業主にとっては減税となります。今回はそんな2018年の所得税改革とサラリーマン、フリーランスへの影響を見ていきたいと思います。

続きを読む

所得税・住民税

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP