おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
節税・税金のライフハック

税金や節税に関するお役立ち記事の一覧

税金は国民の義務であるため、当然支払う必要があるものです。しかしながら、税金には様々な控除なども存在しており、上手にそれらを使うことで納める税金の金額を少なくすることができます。これは節税であり何ら問題はありません。
ここでは、税金を少しでも安くするための節税に関するお役立ち情報をまとめていきます。

2018年から配偶者控除の年収要件が150万円までに改正。得する人と損する人、働き方への影響

2016年12月7日

tax一時は配偶者控除の廃止(夫婦控除の新設)についても議論がされていましたが、結果として配偶者控除が適用される金額が拡大される形で一応の決着を迎えることになりました。

配偶者(専業主婦・パート主婦)の給与収入が150万円になるまでは38万円の配偶者控除が適用されるようになる一方で、配偶者控除が適用される主な稼ぎ手の年収によっては控除額が縮小するという形になっています。今回はそんな税制改正における配偶者控除の見直しの内容についてまとめたいと思います。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報,仕事術,働くうえでの法律・税務知識,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

ふるさと納税と医療費控除を併用する時の寄付可能額と確定申告時の注意点

2016年12月6日

iryohi人気のふるさと納税と1年間で医療費をたくさん払ったときに利用できる医療費控除を併用するときのふるさと納税の寄付可能額の上限についての影響や、確定申告をするときの注意点、ワンストップ特例制度との関係などの疑問についてまとめていきます。

なお、結論からいうと、医療費控除とふるさと納税の併用は可能ですが、控除を利用した分、税制上有利となる寄付可能上限額が小さくなるのと、ワンストップ特例制度(申告不要制度)が利用できなくなります。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

第3のNISA「積立NISA」が登場。メリット、デメリット。通常NISAとの比較

2016年12月5日

tumitate少額投資非課税制度(NISA)に新しい仲間(?)が追加される予定です。それが積立NISA。非課税の限度額が年40万円と通常のNISAの1/3ですが、非課税期間が20年(通常NISAは5年)と4倍の期間非課税で運用することができます。最短で2019年1月からの導入が予定されています。

この積立NISAが導入されれば、通常のNISA、未成年者向けのジュニアNISA、そして積立NISAとNISA3兄弟になる見込みです。

今回はそんな積立NISAについて現在発表されている概要から、利用するメリット、デメリット、既存のNISAとの比較をしていきたいと思います。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報,株・投資の税金,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方

自営業・個人事業主のiDeCo(確定拠出年金)と国民年金基金、付加年金の比較。どちらがお得?

2016年12月3日

nenkin自営業者やフリーランス、あるいは無職の方などは公的年金の区分として「第1号被保険者」となります。第1号被保険者は公的年金として1階部分である国民年金に強制的に加入することになります。一方で、サラリーマンが加入している厚生年金と比較すると、保障も老後の年金も少なくなりがちです。

そのため、自営業などの第1号被保険者の方は任意で「個人型確定拠出年金」「国民年金基金」「付加年金」などの追加的な年金制度に加入することができます。

今回はそんな第1号被保険者(自営業・フリーランス)の方向けにiDeCo(個人型確定拠出年金)と国民年金基金、付加年金の3つの任意加入の年金制度についてどれがお得なのかを比較していきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

年末の利益調整・損益通算。株や投資信託の税金を節税する方法と注意点

2016年11月25日

nenmatsu年末は株式投資や投資信託に投資をしている方にとって益出しや損出しといった利益調整をする方も多いかもしれません。株や投資信託の税金は原則として1年単位で計算しますが、未実現の利益や損失は考慮しません。

そのため、株や投資信託の税金を節税するために12月の年末にかけて、損益通算のための益出しや損出しといった取引をする方も多いようです。

今回は年末に考えておきたい株の税金の調整(損益通算)をするポイントや注意点をまとめていきます。

続きを読む

株・投資の税金,節税・税金のライフハック

復興特別所得税とは何か?お給料や利子、配当金、株の儲けにもかかる税金

2016年11月24日

fukko復興特別所得税とは「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」という法律に基づいて特別に設定されている税金です。実は個人のみなさんも多くの場所で負担しています。

お給料などの受け取りの際に源泉徴収されているとしても徴収されていますし、定期預金や株の利益などに対する税金に対しても復興特別所得税は加算されています。なお、支払いは平成25年(2013年)から平成49年(2037年)までとなっています。

続きを読む

所得税・住民税,節税・税金のライフハック

ANAマイルを貯めるなら、「ANAのふるさと納税」と「楽天ふるさと納税」のどちらがお得?

2016年11月5日

fiteqふるさと納税をすることで特典を提供するポータルサイトも増えてきています。代表格といえるのが、「楽天ふるさと納税」です。こちらはふるさと納税をすることで納税額の1%を還元してくれます。また、お買い物マラソンや「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」などのポイントアップも活用すれば最大で15%ほどの還元率になります。

もうひとつは「ANAのふるさと納税」です。大手航空会社のANAが提供しているふるさと納税で、2016年11月からは寄付金額100円につき1ANAマイルを提供するというように特典を大きく拡充させてくれました。

今回はそんな「楽天ふるさと納税」と「ANAのふるさと納税」についてANAマイラーという視点からどちらがお得かを比較検証していきたいと思います。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック,航空マイレージ

今年(2017年)のふるさと納税の締め切りはいつまで間に合う?

2016年10月31日

timeismoney自治体に寄付をすることで寄付した金額分の税金が安くなるうえで寄付をした自治体からお礼の品がもらえるというお得な制度である「ふるさと納税」。今年分もそろそろ締切が見えてきました。ふるさと納税の寄付は所得税(住民税)に対する控除制度ということもあって、税金の計算年度に従ったルールがあります。

今回はそんなふるさと納税の締切やいつまでに寄付をすれば間に合うのかということをまとめていきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

個人型確定拠出年金(iDeCo)の受け取り方(一時金・年金)による違いのまとめ

2016年10月20日

ideco-logo個人型確定拠出年金(iDeCo)はその高い節税効果などが人気です。2017年1月からは加入対象が大幅に拡大することも受けて、加入を検討している方も多いのではないでしょうか?加入のメリットやデメリットを知らせる情報は多いですが、それと同じくらい大切なのが年金の受取・受給です。

実は個人型確定拠出年金(iDeCo)については、受け取り方法を選択でき、その方法によって年金受給時にかかる税金が変わってきます。上手な受け取りをすることでより節税効果を高めることが可能です。

続きを読む

401K・確定拠出年金,ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,老後

国民健康保険料が高すぎる理由と保険料節約の方法

2016年10月10日

hokensyouサラリーマンを辞めて求職中の方、自営業やフリーランスの方などが支払っている国民健康保険料。請求額を見てびっくりという方も多いです。なぜ国民健康保険料はそんなに高いのか?今回はその理由を説明していきます。

また、高い高い国民健康保険料(国民健康保険税)を節約する方法についても併せて紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金,節税・税金のライフハック

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP