おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

日常の様々なリスクに対応した個人賠償責任保険の活用方法と注意点

個人賠償責任保険(こじんばいしょうせきにんほけん)という保険をご存知ですか?損害保険の一種なのですが、実はかなり汎用性の高い保険となっており、日常起こりうる事故や怪我の多くをカバーしてくれる保険です。

実は私もこの保険には一度お世話になっています。ただ、「この保険に加入しているのに存在を知らない」という方が非常に多い保険です。そのため、本当なら保険でカバーできるはずの事故なのに、存在を知らなくて使っていないという人も多いようです。

今回はこの個人賠償責任保険についてまとめます。

スポンサーリンク

個人賠償責任保険がカバーできるリスク

個人賠償責任保険はいったいどのよう保険なのでしょうか?この保険でカバーできる保険事故には下記のようなものがあります。

・子供が遊んでいて他人の物を壊してしまった。
・他人に怪我をさせてしまった。
・家で水漏れを起こしてしまい階下の住人に損害を与えた。
・自転車で通勤中、事故をおこして相手を怪我させてしまった。
・通勤中に人にぶつかって怪我をさせてしまった。

こんな事故、比較的身近な気がしませんか?もちろん、起こってほしくないことですが、自分とは無関係ということはないでしょう。特に、こうした事故は偶発的に起こるものです。

友達同士などならなぁなぁで済むケースもあるかもしれませんが、人によっては損害賠償などを請求されることがある事故になります。

こうした第三者に対して賠償責任を負ったときにその損害を補償してくれる保険が「個人賠償責任保険」です。名前の通り個人が賠償責任を負うような場合にその損害をカバーできる保険です。

 

多くの人は知らない間に入っている?

実はこの個人賠償責任保険、知らない人も多いのですが勝手?に加入しているケースも多いのです。個人賠償責任保険は単独で加入する保険ではなく、他の損害保険と「セット」で加入するタイプの保険です。
また、保険の範囲も広く、一人が加入していれば同居家族までその範囲は及びます。たとえば、ご主人の名義で加入している場合は、その家族全体がカバーされるといった具合です。

代表的なものは「火災保険」です。火災保険はこうした個人賠償責任保険をセットにしているものが多いです。持家じゃないよ!という人も賃貸住宅を借りる時は火災保険への加入が義務付けられていることがほとんどで、その場合も個人賠償責任保険がセットになっているケースがほとんどです。
一度保険証券をご確認ください。

このほか、自動車保険などにも特約で個人賠償責任保険を付けることができる場合があります。なお、自動車保険に付帯できるタイプの個人賠償責任保険には「示談交渉付き」となっているものも多いのでお勧めです。

また、クレジットカードに付帯させるタイプのオプション型の個人賠償責任保険もあります。

 

補償限度額もチェック

個人賠償責任保険においては「いくらまで補償するのか」という限度額も決められています。
限度額は補償内容によって異なり、相手を怪我させた場合は○○万円まで、物品を壊した場合は○○万円までというように細かく決められています。
賠償責任保険の補償額を決められる場合、特に高額の賠償が必要になる可能性がある人身傷害などについてはできるだけ保険金上限を高くしておくことをお勧めします。

なぜなら、事故などによる人身傷害においてはかなり高額の賠償を命ぜられるケースもあり、たとえば自転車の事故で5000万円ほどの賠償を命じられたケースもあります。保険というは「負えないほどの大きなリスクをカバーするもの」というのが基本です。

ちなみに、個人賠償責任保険は元の保険料が安いので保険金額を多少下げても保険料に換算するとごくわずかです。1億円くらいを最低で見ておくとよいでしょう。

 

個人賠償責任保険で対象外となる事故

下記のようなケースは保険金支払いの対象外となりますのでご注意ください。

  • 他人から「借りた」ものを壊したようなケース(管理責任が自分にあるものは対象外)
  • 自分の子供が自分の家の家具を壊した(家族同士の賠償責任は対象外)
  • 仕事中の賠償責任(通勤中の自転車事故などは補償)
  • スポーツ中のケガ(通常のプレー中の事故によるケガは法律上の賠償責任がない)
  • 自動車による事故(自動車保険の範囲。原付・自動二輪もNG)
  • ケンカなどによる事故・損害
  • 国外(海外)における事故

注意点としては「借りたもの」に対する事故は賠償責任保険の対象外というところでしょうか。判断は難しいところですが、友達からラジコンを借りて壊したというケースはダメ。ただ、友達が持っているラジコンを誤って踏みつぶしてしまったというケースはOKということになります。

大きな借りものとしては「賃貸住宅」があります。こちらは大家から借りているものになりますので、賃貸住宅の壁を壊したという場合は個人賠償責任保険の対象外です。ただし、賃貸住宅の場合は火災保険に入っているはずです。
この火災保険の中には「借家人賠償保険」がセットされているのが基本で、こちらで補償されます。
参考:賃貸住宅の火災保険は必要?広範囲な補償が期待できる総合保険は意外と役立つ

自動車事故は自動車保険があります。また、ケンカは当然NGですね。最後の海外の事故に関しては「海外旅行傷害保険」などに加入していればそちらで補償されます。
海外旅行傷害保険については「年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法」でも紹介しているように年会費無料のクレジットカードでも自動付帯させることができるのでおすすめです。

以上のように、いくつか個人賠償責任保険の対象外の事故もありますが、こうした事故もその他の保険でカバーできることが多いです。

 

注意点!示談交渉については対象外のものも多い

個人賠償責任保険における注意点としては「示談交渉サービス」はその対象外となっているのが多いということです。示談交渉とは、被害者との間で損害額の決定などを話し合うことを指します。

この示談交渉サービスがついていない保険の場合、被害者との交渉は加害者であるあなた自身が行う必要があります。もちろん、保険金を支払う保険会社にアドバイスを求めることは可能ですが、直接交渉はしてくれません。

仮に相手との示談交渉において保険会社が算定した被害額よりも多くのお金を払うことに同意をするなどした場合、その分については自分で手だしとなる可能性もあります。もちろん、弁護士に依頼して交渉してもらうことは可能ですがその場合の弁護士費用は本人負担となります。

相手との金銭的な交渉は嫌といのであれば、最初から示談交渉サービスが付いている個人賠償責任保険に加入するようにしましょう。自動車保険についているタイプには示談交渉がセットになったものも多いのでおすすめです。詳しくは下記の記事でまとめなおしましたので、示談交渉サービス付きの個人賠償責任保険を希望される場合はご一読ください。

示談交渉付きの個人賠償責任保険に手軽に加入する方法
2017-08-23 08:43
日常の様々なリスクをカバーしてくれる保険として紹介した「個人賠償責任保険」。こちらの保険は多くの人は、知らないうちに加入していることが多い保険です。代表的なところでいえば火災保険(
リンク

 

以上、日常の様々なリスクに対応した個人賠償責任保険の活用方法と注意点を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP