おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

フラット35の団信(団体信用生命保険)は年齢・性別で加入方法を考えよう

flat35長期固定金利の住宅ローンとして人気のフラット35。このフラット35の特徴として団信(団体信用生命保険)への加入が「任意」という点に特徴があります。そのため、普通にフラット35を利用すると団信には加入しないことになります。フラット35は使いたいけど、団信には入りたいというかたはオプションで「機構団信」という団信に別途特約料を払うことで加入できます。

しかしながら、もしあなたが35歳未満であれば、団信を使わずに民間生命保険を使って自分オリジナルの団信を組んだ方がお得なとなる可能性が高いのです。

スポンサーリンク

そもそも団信って何?

団信とは団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)といって、住宅ローンを組む時、その残債を保険金とする生命保険です。契約者に万が一があった場合には、ローンの残りを保険でカバーできるので、遺族には無借金の家(マイホーム)を残すことができます。
参考:団体信用生命保険とは

遺族補償の一つとして利用できる保障制度となっています。その他の保障で遺族への保障が十分にあるというケースでは別かもしれませんが、そうでないケースでは基本的に団信の利用はお勧めです。

 

フラット35と機構団信

機構団信とは、フラット35利用者が加入できる団信です。通常の銀行住宅ローンではローン金利に団信保険料が含まれているのですが、フラット35の場合は含まれておりません。
加入する場合は年利換算で0.35%程度の特約料を支払って機構団信という団信に別途加入することができます。

ちなみに、フラット35と民間の銀行住宅ローンとの違いについては「フラット35とは何か?」「フラット35と銀行融資の違い」などのページをご参照ください。

ちなみに、この機構団信においては「年齢」「性別」を問わず一律の特約料(保険料)となっています。30歳でも50歳でも同じ保険料となります。
機構団信のケースは1000万円の住宅ローン残債に対して35,800円が特約料となっています。3000万円のローンなら年107,400円ということになります(初年度)。
仮に35年元利均等、ローン金利2%で返済したとすると、機構団信の特約料合計額2,135,100円になります(機構シミュレーションより)。

 

若い方なら民間生保(逓減定期保険)がおすすめ

おおよそ男性なら35歳くらいまで、女性なら40歳くらいまでであれば、機構団信に加入するよりは民間の生命保険会社の逓減定期保険や収入保障保険で住宅ローン残債よりも多くの保険金をかけた死亡保険に加入する方が保険料は安く済みます
逓減定期保険とは(保険の説明)
収入保障保険とは(保険の説明)

理由は前述の通り、機構団信の場合はどの年齢、性別のかたも共通の保険料がかかる制度上、リスク細分化されていないため、高齢の加入者の死亡リスク分を若い方が負担していることになるのです。そのため年齢に応じた民間生保の死亡保険に加入する方が若い方は少ない保険料負担で済むのです。

 

総トータルでは数十万円もの保険料の差が生まれる

どのくらい得できるかというと、年齢や性別、返済期間などによっても異なりますが、3000万円ほどの住宅ローンを組むケースなら数十万円は差が生じることになるはずです。
(具体的な保険料の差は年齢や性別によっても金額は異なってきます。一般に若い人ほど、男性より女性が被保険者となるほど差額は大きくなります。)

前述の通り3000万円の住宅ローンをフラット35(35年返済)で組んで機構団信に加入した場合の保険料(特約料)の総額は2,135,100円です。これと民間生保の保険料を比較してみましょう。

収入保障保険や逓減定期保険で適切なシミュレーションを出してくれる生命保険会社が無かったので、簡易的にオリックス生命保険の定期保険で10年ごとに3000万円、2500万円、2000万、500万円で定期保険に入ったと仮定してみました。どのタイミングで死亡したとしても住宅ローン残債よりもかなり多めの保険金が出るようにしています。

 

25歳男性のケース
1回目:3000万円(0~9年):34,247円/年×10年=34万2470円
2回目:2500万円(10年~19年):48,848円/年×10年=48万8480円
3回目:2000万円(20年~29年):53,705円/年×10年=53万7050円
4回目:500万円(30年~35年):32,241円/年×5年=16万1205円
合計保険料:1,529,205円

 

保障自体はかなり手厚くしたのに機構団信よりも50万円以上も保険料が安くなる計算になりました。逓減定期保険や収入保障保険(一括受取)といった形で払込期間を住宅ローン完済時にした契約しておけば健康リスクもありませんし、より保険料も抑えることができるかと思います。

 

将来「借り換え」を検討するときも有利

将来、より有利な住宅ローンが出た場合、借り換えをしたいというニーズも出てくることかと思います。その場合、通常の団信だとローンを切り替える時に保険も切り替える必要があり、その時の健康状態によっては団信に加入できないリスクもあります。
(参考:団信は加入可否も含めて借り換えを検討しよう

「じぶん団信」として備えておけば、保険とローンを別にできるので、借り換えリスクも小さくできます。

 

その他税金上のメリットも

機構団信の場合は生命保険料控除を利用することはできませんが、団信代わりに民間生命保険を利用した場合には生命保険料控除を利用することができます。
参考:生命保険料控除(2013年度版)

 

民間生保にするデメリット・問題点は?

デメリットや問題点としては、残債に100%連動させることができるわけではないという点。繰上返済などをして残債が変わると団信の場合は連動して保険料(特約料)も下がりますが、民間保険を活用した場合はそれが難しいという点です。

あとは、年齢の問題です。さきほど男性35歳、女性40歳と書きましたが、これ以上の年齢になってくると経済効果はかなり小さくなります。男性で40歳を超えるような場合は民間生保の逓減定期保険や収入保障保険を利用するよりは、素直に機構団信に入った方が保険料負担も安く済む可能性が高いです

 

35歳未満ならじぶん団信の方がお得

生命保険料は年齢が大きな影響をあたえます。

男性35歳未満というのであれば機構団信を使うよりも自分で色々な保険を組み合わせてじぶんオリジナルの団信を作った方が保険料面でかなりお得ができる可能性があります。
若ければ若いほど、男性より女性ほど有利です。ぜひご検討下さい。

逆をいえば、年齢が上の方については、自分の危険負担分の保険料を若い人が払ってくれているという事になるので機構団信がお得ということになりますね。

 

以上、フラット35において団信(団体信用生命保険)への加入を考えている方向けのおすすめの保険の入り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP