おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

銀行預金(普通預金、定期預金)の利子・利息の計算方法

money_kinri_sukunai 銀行預金に預けているお金に対してもらえる利子・利息の計算方法を紹介していきます。ほとんど金利がもらえない現在の状況でここまで細かい情報が必要かどうかはわかりませんが、知っておいて損をするような内容ではないと思います。

今回はそんな銀行預金(普通預金や定期預金)の利子や利息がどのように計算されてどのようなタイミングで付与されるのかなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

銀行預金における金利計算の基本

基本は預金残高に対して1年を365日とする日割り計算において利子・利息を計算しています。
1年満期や3カ月満期といった定期預金でも同様です。
なので、同じ金利の3カ月満期でも預金日が変わると月による日数がずれて受け取る金利は変わってきます。

なお、1円未満の金利の端数部分については受け取り時に切り捨てとなります。
たとえば、半年の利息が79.51円だったという場合、.51円分は切り捨てとなり実際に受け取るのは79円となります。

 

預金に対する税金は20.315%の源泉分離課税

預金利子に対しては利子所得として「源泉分離課税」されます。税金発生のタイミングは「利子を受け取った時」です。
定期預金などで2年、3年満期といったように1年をまたぐ定期預金の場合も税金が発生するのは満期時に利子を受け取るタイミングとなります。

税率は国税15.315%、地方税5%となります。

先ほどの79円の利子のケースで計算してみます。具体的には下記の計算で税金が発生します。
79円×15.315%=12.09円(端数切り捨て12円)
79円×5%=3.95円(端数切り捨て3円)

合計の15円が税金となります。

※0.315%分は復興特別所得税です。

 

普通預金の利子・利息の金利計算

普通預金の金利計算は1日単位です。その日の残高(締め時刻)に対してその日の金利÷365で1日当たりの利子を計算し、これを半年ごと(銀行によっては1ヶ月ごと)に普通預金口座に加算されます。

金利は変動金利で銀行側が随時見直しを行います。

 

定期預金の利子・利息の金利計算

定期預金の場合はその定期預金金利×(預金日数÷365)で計算された金額が利子として計算されて満期時に払い戻しされます。
たとえば、300万円を0.15%の金利で3カ月満期(92日間)預金した場合、300万円×0.15%×92÷365=1134.24円が利子として計算されます。端数処理は切り捨てなので、実際には1134円が利子となります。

ちなみに、通常の定期預金は途中で解約することもできます。
その場合は「元金×中途解約利率×運用日数÷365」で利息が計算されます。たとえば、さきほどの例で預金から60日後に解約し中途解約利率が0.01%だったとすると、300万円×0.01%×60÷365=49.31円となり、受け取れる利子は49円となります。
定期預金の解約については「」でも記事にまとめています。

定期預金金利は基本的には「固定金利」で預金時の金利が満期時まで継続します。
なので、金利が高い時期に組んだ定期預金はお宝定期預金などと言われることがあります。

直近でいえば、2016年1月の日銀によるマイナス金利導入なので金利水準は相当低下しているので、数年前に組んだ定期預金の多くが現在と比べて高めなので、満期までしっかりと持っておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、余談にはなりますが、利子と利息というのはほぼ同じ意味で使われています。
ちなみに銀行にお金を預けた時は通帳には「利息(決算利息)」と表示され、ゆうちょ銀行の場合は「受取利子」と表示されていますね。

一定期間お金を預けた(借りた)時に実際に支払う「金額」のことですね。金利というのはその計算をするための百分率(%)です。

100万円×5%(金利)=5万円(利子・利息)

詳しくは「利子と利息、金利と利率と利回りの違い」でも記事を書いているので参考にしてみてください。

 

以上、銀行預金(普通預金、定期預金)の利子・利息の計算方法でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP