メルペイスマート払いに「定額払い」が登場。実質リボ払い、サブスクっぽい感じだけど使ってはダメ

メルペイスマート払いというメルカリやメルペイ(メルカリのスマホ決済)で可能な後払いシステムがあります。このメルペイスマート払いに2020年7月7日に「定額払い」というサービスがスタートしています。メルペイ定額払いは、従来の翌月一括払いの後払いではなく、翌月ごとに毎月指定額を清算できるという仕組みです。

毎月一定額の支払いでメルカリ(またはメルペイ)を利用できるというサービスなのですが、これは結局のところクレジットカードのリボ払い(リボルビング払い)と同じです。手数料(金利)も年率15%と設定されており、クレカのリボと同程度。積極利用するべきとは思いません。

スポンサーリンク

メルペイスマート払いの「定額払い」の仕組み

メルカリの購入やスマホ決済サービスとしてのメルペイの利用などで購入した代金を後払いにできるメルペイスマート払い。通常は翌月一括払いで手数料(金利)はかかりません。

しかしながら、毎月の支払いを一定額にすることでまとまった支払いをせずに「毎月一定額」の支払いでOKというのがこの定額払いというサービスです。

10万円のお買い物をしても月々の支払いは1万円でいいよ~。という緩い支払いができるサービスです。一見、へー毎月定額でメルカリで買い物できるのか!と、見えなくもありませんが、ちょっと待ってください。それって借金地獄一直線のリボ払いですから!残念!

 

実質的には元利定額のリボ払い

クレジットカードなどの決済に詳しい方はお分かりになると思いますが、これはたんなる元利定額のリボ払いと同じです。メルカリも金融事業に手を出したかー、って感じですね。しかも、支払が中々終わらない元利定額方式です。

元利定額リボ払いというのは、毎月の返済額を定額として決めた上で、そこから金利を引いた元本を返済していくという返済手段です。

年率15%=月利1.25%になります。10万円の残高があれば1,250円が手数料(金利)となります。
なので翌月に1万円の定額払いをするという場合、実際には1万円の内、元金(借金)の返済にあたるのは1,250円の金利を差し引いた8,750円にしかなりません。

当然ですけど金額が大きくなると利払い部分が大きくなります。20万円の残高になると初月の手数料(金利)は2,500円になるわけで1万円の支払いの内で借金部分はたったの7,500円しか減りません。

さらに、翌月もお買い物をすれば残高は減らないわけで、永遠に利子の支払いをするという、いわゆるリボ地獄に陥る可能性があります。

もちろん、こういうものだと理解した上でごく短期間で完済するつもりなら大きな問題はありませんが、「必要最小額で利用するつもり」だと最悪の事態になる可能性があります。

リボ払いという決済手段の問題点については以下の記事でも紹介しておりますので、よろしければ一度目を通してみてください。

実は危険なリボ払い。借金地獄への入り口となる危険なカード払い
2019-08-13 09:46
クレジットカードを使うとき、「リボ払い」にしていませんか? リボ払い(正確にはリボルビング払い)というのは、クレジットカードの支払い方法としてかなり問題があります。もし、あな
リンク

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP