おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のメリット、デメリット、入会特典活用法

yjcardヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は、YahooショッピングなどのYahooのサービスがお得になるクレジットカードです。年会費は無料で、基本ポイント還元率は1%と高めです。ライバルの「楽天カード」とほぼ同様のスペックとなっています。

なお、貯まるポイントはTポイントという共通ポイントで貯まるので、ポイントの使い勝手は非常に良好です。入会特典も比較的充実しています。今回はそんなヤフーカードの基本スペックの他、入会特典の活用方法などをわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

ヤフーカードの基本スペック

まずは、基本的なクレジットカードとしてのスペックを見ていきましょう。このカードはTポイントカード一体型のクレジットカードです。クレジットカードとしての機能に加えてTポイントカードとしての利用が可能です。

  • 年会費:無料
  • 基本クレジットポイント還元率:1%
  • 還元ポイント:Tポイント(1ポイント1円相当)、PayPayボーナスライト
  • カードブランド:JCB、VISA、MasterCard

Tポイントカードとしての機能もあるので、Tポイント加盟店でクレジットカード決済をすれば、クレジットカードの利用ポイントだけでなく、同時にTポイントカードとしての機能もあるので、Tカード提示によるTポイントを貯めることもできます。

共通ポイントについてはTポイント以外にも「Pontaポイント」「dポイント」「楽天ポイント(Rポイント)」など、他社も力を入れてきてはいますが、共通ポイントとしての王者はやはり現時点でTポイントでしょう。
(参考:共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法

2019年8月からは、ヤフーのスマホ決済・コード決済である「PayPay」との連携が強化され、PayPayボーナスライトというポイント(残高)での還元もスタートしています。

現在はTポイントとPayPayボーナスライトの両方が貯まるようになっており、少し仕組みが複雑になっています。

 

Yahoo!ショッピング、LOHACO利用者は追加ポイント

ヤフーカードの利用者はYahoo!ショッピングやLOHACO(日用品通販サイト)を利用すると、通常ポイント(Tポイント)とは別にキャンペーンポイントとしてPayPayボーナスライトの残高が付与されるようになっています。

  • クレジットポイント(Tポイント):1%
  • Yahoo!ショッピング特典(Tポイント):+1%
  • Yahoo!ショッピング特典(PayPayボーナスライト):+1%

Yahooショッピングではそのほかの様々なポイントアップ特典を実施していますが、その多くと併用ができます。ヤフーショッピングでの買い物をする人はぜひ押さえておきたいカードだといえるでしょう。

なおYahooショッピングにおけるポイント特典については「ヤフーショッピングでのお買い物をお得にするポイントやイベント活用方法」でも詳しく紹介しています。

 

PayPayへの残高チャージが可能

スマホ決済サービスのPayPayと連携しており、PayPayの残高チャージに利用できる唯一のクレジットカードであり、支払でも還元が付く唯一のクレジットカードとなっています。PayPayをよく利用するであれば持っておいて損はありません。

 

nanacoによるクレジットカードチャージでポイントが貯まる

セブンイレブンの電子マネーであるnanacoへクレジットカードでチャージをしてポイント貯めることができます。

ポイントの二重取りができるだけでなく、nanacoは公共料金や税金の支払い等にも使えるので、間接的に税金の支払いでポイントを貯められます。ただし、還元率は0.5%となっており、通常の半分の還元率となっています。

公共料金や税金の支払いはセブンイレブンのnanaco払い+クレジットチャージがオススメ
2019-08-25 23:45
セブン-レブンでおなじみの電子マネーのnanaco。使っている方も多いのではないでしょうか?このnanaco、普通に使ってもポイントが貯まるなどの特典は多いですが、特におすすめの使
リンク

 

期間固定TポイントからPayPayボーナスライトへの変更

これまでヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)では、キャンペーン等で貯まるポイントが期間固定Tポイントという、有効期限付きのTポイントでした。

これが2019年8月よりPayPayボーナスライトに変更されています。これによって、仕組みが少し(かなり)複雑になってしまいました。

  • クレジットカードの決済のポイント:Tポイント
  • Yahoo!ショッピング等の特典ポイント:PayPayボーナスライト

となりました。PayPayを使う前提であれば、問題はないのかもしれませんが、そうでない方にとっては確実に分かりにくくなってしまいましたね……。

 

PayPayをメインに使っている方には魅力度が高い

ヤフーカード(Yahoo!JAPAN)はこれまではTポイントとの連携が基本でしたが、現在はヤフー自身の決済サービスであるPayPayとの連携を第一に考えているようです。

スマホ決済のPayPayの使い方と評判。メリット、デメリットを紹介
2019-10-03 01:55
スマートフォン決済サービスのPayPay(ペイペイ)はYahoo!JAPANとソフトバンクが共同出資している決済サービスです。 QRコードを読み込むことで決済ができるサービス
リンク

Tポイントが貯まるだけでなく、PayPay残高(ボーナスライト)も貯まるようになることで、還元率的にはお得かもしれませんが、複数ポイントを管理しなければならないという手間は確実に増えています。

特に、PayPayボーナスライトは有効期限が60日間とかなり短いので、定期的にPayPayを利用する方でないとポイント失効のリスクはかなり高めです。

一方、PayPayチャージをするならヤフーカードしか選択肢がない(もちろん、現金チャージをするという選択肢はあります)という点を考えると、PayPayを活用しているなら必須のクレジットカードともいえます。

以上、ヤフーカードのメリット、デメリットをまとめてみました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP