おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dカードGOLDはドコモユーザーにメリットいっぱいのクレジットカード

NTTドコモの携帯電話や光インターネットサービスを利用している人はドコモのクレジットカード「dカード」がオススメ。特に家族契約や光インターネット契約もパックにしている方は上位クレジットカードである「dカードgold」が大変お得です。

ゴールドカードと聞くと年会費が高額というイメージがありますが、特典まで考えると年会費は軽くペイできてしまいます。今回はそんなdカードgoldのメリット、デメリットや活用方法を紹介していきます。

dカードGOLD公式ホームページ

スポンサーリンク

dカードとは?

ドコモのクレジットカードです。2015年11月までは「DCMX」というブランド名でクレジットカードを発行していましたが、2015年12月より「dカード」にブランドを変更しています。

ドコモは、従来のドコモポイントを「dポイント」というポイントに切り替えており、TポイントやPontaのような共通ポイント制度に変更しました。ドコモで貯めたポイントを加盟店での決済に利用するということもできるようになっており、従来よりもより汎用性の高いポイントプログラムとなっています。

dカードについてはdポイントカードとドコモのドコモの電子マネー「iD」が一体となったクレジットカードです。

まずは、dカードのスペックをみていきましょう。

一般カード ゴールドカード
年会費 無料
翌年度は年に1度以上利用があれば無料。なければ1,250円(税別)
1万円+税
国際ブランド MasterCard、VISA
ETCカード 〇(無料)
ポイントプログラム dポイント
ポイント還元
(クレジットカード利用)
100円利用につき1ポイント 100円利用につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得から48か月後の月末
dポイントクラブ ブロンズステージ ゴールドステージ
ドコモ利用料金の還元 1% 10%
dカード ケータイ補償 1年最大1万円まで 3年最大10万円まで(年1回)
国内旅行傷害保険 × 最高5000万円
海外旅行傷害保険 × 最高1億円
航空機遅延保険 ×
ショッピング保険 年間100万円 年間300万円
空港ラウンジ利用 × 〇(さらにJALのサクララウンジが抽選で利用可能)
USJラウンジ × 抽選で利用可能(ドコモラウンジ

以上のようになっています。一般カードについては1度でも利用すれば年会費無料にできるので問題ないですが、ゴールドカードは年会費が1万円もします。

特典はいろいろあるみたいですが、ペイできるものでしょうか?

 

ゴールドカードの年会費はポイントでペイできる

dカードはドコモユーザーの方なら年会費をケチって一般カードにするよりもゴールドカードを選択するほうが最終的なメリットは大きいです。ポイント還元や必ずもらえるポイントプレゼントなどを含めたら、年会費の1万円以上のポイントを受け取れるはずです。

 

ドコモ利用料金の10%ポイント還元(ゴールドステージ特典)

dカードGoldの特典はなんといってもドコモの利用料金の10%分(1000円あたり100ポイント)がポイントとしてバックされるのが非常に大きいです。

正確に言うとdカードゴールドの特典ではなく、d POINT CLUBのゴールドステージ特典です。dカードゴールドの所有者は自動的にdポイントクラブのゴールドステージに上るので、結果的に10%ポイントバックの特典が受けられるわけです。

レギュラーステージ ブロンズステージ シルバーステージ ゴールドステージ
ステージ判定基準 6カ月間のdポイント数
・12月~5月
・6月~11月
600ポイント未満 600ポイント以上 3,000ポイント以上 1万ポイント以上
ドコモの利用期間 10年未満 10年以上 15年以上
dカード(DCMX) dカード(DCMX) dカード GOLD
(DCMX GOLD)
ドコモの携帯電話、ドコモ光回線のポイント 1,000円につき10ポイント(1%) 1,000円につき100ポイント(10%)
ステージ特典ポイント 500ポイント 1,500ポイント 3,000ポイント 3,000ポイント

 

月に1万円以上払っているなら確実に得になる

dカードGOLD会員は10%、通常のdポイント会員は1%還元です。

ということは、月に1万円の利用があれば、それだけで受け取るポイントの差は10,800円になります。言い換えれば、月に1万円以上のドコモの利用があるなら、通常のdカードではなく、dカードGOLDを作る方が年会費を考えてもポイント分お得ということになります。

家族がいる方などはドコモの「カケホーダイ&パケあえる」といった料金プランを利用している人も多いかと思います。こうしたプランの場合は料金として1万円以上かかることも珍しくないはずです。

このようにポイント還元だけで年会費をペイするというのもそんなに難しいことではありません。

さらに!ドコモの携帯料金以外にもドコモ光(光インターネット)の料金も同様に10%還元となります。
ドコモ光はNTTのフレッツ光を利用した光インターネット回線(光コラボ)となっています。フレッツ光を利用中なら簡単な手続きで乗り換えが可能です。

ドコモ光はドコモユーザーの方なら割引になるサービスがありますが、dカードgoldをもてばさらに10%分がdポイントとして還元されることになるわけでさらにお得といえそうです。

ドコモ光については「ドコモ光の公式サイト」をご覧ください。

 

dポイントクラブのゴールドステージ優待も受けられる

そもそもの10%ポイント還元はドコモのdポイントクラブの「ゴールドステージ」の会員に対する特典となります。ゴールドステージの会員特典は上記以外にも下記のような特典が用意されています。

 

プレミアムクーポン

ホテル宿泊券、食事券やJALのおもてなし空間、ディズニーリゾートやUSJなどテーマパークの優待券など抽選でプレゼント。シルバーステージ以上の会員が利用できます。

私は一度、この懸賞でホテルの食事券が一度当たりました!一定以上の会員向けの懸賞なので当選しやすいのかもしれませんね。

 

dカード ケータイ補償が最大10万円・3年間てきよう

ケータイ補償最大10万円はdカードGOLD会員向けの特典となります。

これも大きいですよ。

dカードgoldで利用している携帯電話が購入から3年以内に紛失・盗難・水濡れ・全損(修理できない故障)となった場合で新しい携帯電話をドコモショップで購入し、dカードgoldで支払うと、利用代金(請求金額)から補償額である最大10万円分が減額されます。

ドコモは携帯キャリアとしてもケータイ補償という有料のオプションサービスを提供していますが、それとは別の特典となります。ケータイ補償は安いスマホでも月500円以上、iPhoneだと月に700円以上するようなオプションとなります。

仮に、dカードGOLDのケータイ補償に入ってキャリアのケータイ補償を辞めたとすれば仮に700円の保険料とするとこれだけで8,400円分もお得!ということになります。

 

ドコモのスマホの保険は不要になる?

完全に同じというわけではありません。いくつかの違いと注意点もあります。

ケータイ補償 dカードGOLDケータイ補償
保険期間 加入からずっと 購入から3年以内
保険金額 同一機種(ない場合は後継機種)のリファビッシュ品と交換 同一機種を新規購入。型落ち等で同一機種がない場合はドコモショップ指定機種となる。
最高10万円まで
契約の扱い 同一契約となる 機種変更扱いとなる
保険事故 ・破損
・全損(水濡れ含む)
・盗難
・紛失
・全損(水濡れ含む)
・盗難
・紛失

ケータイ補償と比較しての弱みとしては

  1. 3年を過ぎたら保険がなくなる
  2. 破損は対象外なので修理可能な場合は保険が効かない

保険利用の手続き自体はdカードGOLDのケータイ補償の方が面倒なところもありますが、毎月500円とか700円とかの保険料が節約できるということをかなえたらスゴイメリットがある保険だと思われます。

詳しくは以下の記事で比較しています。

dカードGOLDのケータイ補償とドコモのケータイ補償の違いとメリット、デメリット
2017-12-05 17:06
ドコモのクレジットカードにdカードと呼ばれるカードがあります。このゴールドカードであるdカードGOLDにはドコモ利用者にうれしい“dカードケータイ補償”という付帯保険がセットされて
リンク

 

家族カード1枚無料かつ本会員と同じ特典が利用可能

さらに、dカードGOLDは1枚の家族カードを発行できます。

そして、その家族カード会員に対しても本会員と同様の特典を受けることができます。

  • 家族会員名義のドコモ料金の10%ポイント還元
  • 家族会員名義のドコモのスマートフォンにもdカードケータイ補償がセット

となるわけです。本人名義の回線だけでもお得なのに、家族もう一名分も同じ特典を受けられるわけです。夫婦でドコモなら単純にお得度が2倍になります!

 

他にもゴールドカードならではの特典も多い

dカードgoldはゴールドカードなので、ゴールドカードならではの特典も豊富です。

  • 海外旅行傷害保険が最高1億円
  • 国内旅行傷害保険が最高5000万円
  • ショッピング保険は年300万円
  • 国内線空港のゴールドカードラウンジが使える

このように、いわゆるゴールドカードならではのサービスは当たり前のようにセットされています。保険を見れば一般的なゴールドカードの中でも優れた水準となっています。

さらに、以下のような特典はdカードGOLDのさらに特徴的な特典といえます。

  • 航空機遅延保険が利用付帯でセット
  • 国内空港ラウンジ無料+JALサクララウンジ
  • USJのドコモラウンジも使える

 

航空機遅延保険が付くのはうれしい

dカードGOLDには航空機遅延保険(国内線)が利用付帯でついています。

国内の飛行機の利用で遅延や欠航となった時に食事代などが補償されます。

 

空港ラウンジはJALサクララウンジが無料で使えるかも……

dカードgoldの会員は自動的にdポイントクラブのゴールド会員になれます。
会員はなんとJALの空港ラウンジ(サクララウンジ)を無料で使える抽選に参加できます。

サクララウンジは通常のゴールドカードラウンジよりもはるかにリッチな空間でビールなどのアルコールも飲み放題になったり軽食が食べられたりとより豪華です。

JALラウンジの利用方法。利用条件や無料で利用する方法も紹介
2017-06-16 05:12
JAL(日本航空)は飛行機の搭乗前に利用できる自社のラウンジを日本国内の空港(国内線/国際線)に用意しています。JALのラウンジは2種類あり「サクララウンジ」とよりプレミアム度の高
リンク

ドコモのJALサクララウンジ抽選は個人的にも数回利用しましたが、5回中4階当選しましたので、かなり当選率は高いと思います。

 

USJではドコモラウンジが利用できる(要申し込み)

dポイントクラブのゴールド会員は要申し込み+抽選になりますが、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のドコモラウンジの利用申し込みができます。

スペース・ファンタジー・ザ・ライドの待ち時間をゼロにできるほか、ラウンジでゆっくりと休憩することもできます。一応抽選ですが、JALラウンジと同様に日程指定になるので、私は過去2回利用して一度も外していません。

USJ(ユニバーサルスタジオ)のスポンサーラウンジを活用。アトラクションの待ち時間を大幅短縮
2017-08-11 08:53
USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)ではアトラクションは○○協賛といった具合でスポンサーがついていることがあります。そうしたスポンサー付きのアトラクションにおいてはそのスポンサー
リンク

 

dカードgoldにデメリットはないの?

dカードgoldはドコモユーザーの方ならお得になるライン(月額1万円)を超えているなら所有に関するデメリットは皆無といってよいでしょう。ただし、受け取れるのは「dポイント」になります。年会費自体をポイント払いすることはできませんのでご注意ください。

また、現時点でdポイントを現金に換金できる方法はありません。ドコモの携帯料金への割り当ての他、dポイントが利用できるローソンなどで使う、JALのマイルに交換するなどの利用方法もあります。

 

デメリットというわけじゃないけどdカードgoldでドコモ料金を払ってはダメ

これはデメリットというか注意点なのですが、dカードgoldを作ったら、ドコモの携帯料金もdカードで払うという手続きをする方も多いかもしれませんが、これはダメです。
dカードだとクレジットカードの決済ポイントが対象外になります。

ドコモの携帯電話料金をdカードで支払ってはいけない理由とおすすめのクレジットカード
2016-10-14 23:14
ドコモユーザーにとってお勧めのクレジットカードとして、dカードgoldやdカードがあります。これらはドコモのポイントであるdポイントがたまったり、ケータイ補償やクーポンなどでドコモ
リンク

なので、dカードgoldではドコモ料金の支払いをしてはダメです。ドコモ料金の支払いは別のポイント還元率高い「楽天カード」などで行えば、10%のポイントとは別に1%の楽天ポイントが貯まりますよ。

 

dカードGOLDの審査は厳しい?

dカードgoldは「ゴールドカード」です。
そのため一般カードであるdカードと比較して審査基準はやや厳しいはずです。もっともドコモユーザーに対するクレジットカードであるため、長年ドコモを利用しているようなユーザーに対しては信頼関係ができているとも言えますので、長期利用者は安心して良いかもしれません。

その一方で過去にドコモの携帯料金の未払いや遅延が頻繁に起こっていると言ったようなケースでは審査は厳しくなる可能性があります。

 

まとめ。ドコモユーザーなら持つべきカード

  • dカードgoldは作るだけでドコモのポイントが10倍になる
  • 月額1万円以上払っているなら年会費はポイント増額分でペイ、それ以上ならもっとお得
  • 携帯電話の補償など付帯保険が充実している

こうしたことからドコモユーザーなら作って損はないカードです。dカードgoldを上手に活用して、しっかりと得をしましょう。

dカードgold公式ホームページ

 

以上、dカードgold(旧:DCMX gold)はドコモのユーザーはメリットいっぱいのカードという紹介でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP