おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

個人事業主と会社員は両立できる?開業するメリット、デメリット

tenbin副業や兼業で規模が大きくなってくると、個人事業主としての開業を検討する方も多いかもしれません。サラリーマンとして働きながら、個人事業主としても開業するという両立・兼業は可能なのでしょうか。

今回はサラリーマン(会社員)と個人事業主との両立について知っておきたいポイントや注意点などをまとめていきます。

スポンサーリンク

会社員と個人事業主の両立は可能か?

両立することはなんの問題もありません。世の中にはサラリーマンをしながら個人事業主として働いている方、複数の所得(収入)を得ている方はたくさんいます。

両立は可能か?という疑問がどのような問題から来ているかによって回答は変わってくるかと思います。

1)副業禁止の会社で働いているという業務上での問題
2)2つの仕事をする時間的な問題
3)税務上の問題

 

副業禁止の会社で働いているという業務上の問題

こちらについて、個人事業主として開業するしないを問わず、所得をえれば確定申告をする必要があります。申告をすれば回避方法がないわけではありませんが、会社に別のところで収入を得ていることがバレてしまう可能性はあります。

最近では副業・兼業を認める会社も増えてきてはいますが、就業規則で禁止としている会社もあります。副業の程度問題にもよるでしょうが、何らかの処分を受ける可能性があります。

黙って副業をする場合でも税金(主に住民税)関連で会社にばれてしまうケースがあります。ばれる、ばれないという部分については、ケースバイケースです。

副業禁止の会社で副業をするときに心がけたいバレない為の注意点
副業と税金。マイナンバー導入で副業はバレる?
副業収入で住民税を普通徴収にしても勤務先に特別徴収されるケース

などでも記事をまとめているのでこちらも参考にした上で判断してください。

会社によって対応は様々です。禁止されているけど、事実上黙認されている会社、業務に影響がなければOKとしている会社、届け出制の会社といったように寛容なところもあります。

一方で、副業を一切許さないような風土の会社もあります。

勤務先の副業規則(兼業禁止)に関してはしっかりと事前に確認しておきましょう。

 

2つの仕事をする時間的な問題

一方で今はインターネットなどを使って時間に縛られない働き方というものも可能になっています。フリーランスといった雇われない働き方だってあります。

インターネットで広がったネット副業の種類と特徴

クラウドソーシングなどのサービスを利用すればネットで専門性の高い仕事を受託することもできます。こうした仕事は時間配分も大切ですが、比較的自分の好きなタイミングで仕事ができるというのはメリットといえます。

時間はもちろん大切ですが、二足の草鞋を履くということは決して不可能なことではありません。

 

税務上の問題

サラリーマンをやりながら個人事業主として開業することに税務上の問題はありません。開業しようがしまいが、副業や兼業で副収入(所得)を得ているのであれば確定申告をして納税する必要があります。

サラリーマンの20万円以下の収入なら確定申告は不要?」で紹介したように、一定額以下であればそもそも申告不要といったような制度もありますが、個人事業主として開業するからといって税務上で損をするという事はありません。

 

個人事業で赤字がでたら本業の給与所得と損益通算できる

個人事業として開業した場合、仕事によっては副業の方で赤字が出てしまうというケースもあるかもしれません。そうしたときは事業所得として赤字を申告すれば、本業の給与と総合課税とすることで給料の方の所得税や住民税を安くすることができます。

なお、損益通算可能な所得は下記の通りです。ワンルームマンション投資などで「節税」をうたう場合はマンション投資による赤字を活用して本業の節税につなげようというお話なんですね。

  1. 給与所得
  2. 不動産所得
  3. 事業所得
  4. 譲渡所得
  5. 山林所得

一方で、副業としていても事業的規模に無いとみなされる場合には事業所得ではなく、損益通算ができない雑所得として扱われる可能性もあります。この場合には給与との損益通算はできません。

 

黒字幅が大きいときは開業届を出して青色申告を活用しよう

個人事業の規模が大きくなって来たら、開業届を出して青色申告をするようにしましょう。青色申告は通常の申告(白色申告)と異なり、複式簿記による帳簿などの条件がありますが、青色申告控除などの税制上のメリットがあります。

青色申告というと難しいと思うかもしれませんが、最近では会計のサポートルーツもWEBサービス等でたくさん登場しているので、所得が大きい人は青色申告を活用しましょう。

 

以上、サラリーマンと個人事業主を両立させることはできるのか?というポイントをまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP