実は危険な「リボ払い」。リボ払い利用の問題点

Pocket

クレジットカードを使うときつい「リボ払い」にしていませんか?

リボ払い(正確にはリボルビング払い)というのは、クレジットカードの支払い方法としてかなり問題があります。もし、あなたがリボ払いを使っているというのであればいますぐにやめてしまいましょう。今回はその理由・問題点を紹介していきます。

スポンサーリンク

リボ払いはカード会社にとっての大きな収益源

そもそも、クレジットカード会社の収益は大きく「加盟店からの手数料収入」と「カード利用者が分割・リボ払いすることによる金利・手数料収入」の二つからなっています。そのうち、利用者からの金利・手数料収入を最大化するための仕組みが「リボ払い(リボルビング払い)」です。

そのため、リボ払いはクレジットカード会社にとっては「どんどん使ってほしい」支払方法です。

テレビCMなどでリボ払いはスマートだ、というような内容のものを作ったり、リボ払いにすればポイントがたくさんもらえるといったような特典をつけたりするのは、金利や手数料で儲かるからです。

この記事はそんなリボ払いについて正しい知識を持ってもらうことを目的にしています。リボ払いの仕組みから、なぜリボ払いが危険なのか?実際の数字も用いながら説明していきたいと思います。

 

クレジットカードの支払方法と金利・手数料

まず、クレジットカードの支払方法は大きく「一括払い」「ボーナス一括払い」「分割払い」「リボ払い(リボルビング払い)」の4種類が基本です。そのうち、一括払いとボーナス一括払いは金利手数料はかかりませんが、分割払いとリボ払いは金利手数料がかかってきます。

クレジットカード会社の金利手数料は年15.00%前後とかなり高い金額になります。銀行に定期預金をしていても1%も金利がつかない昨今でこの水準は非常に高いです。

キャッシング・消費者金融というと非常にネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれません。ところが、こうしたクレジットカードの分割払い、リボ払いなどの金利手数料と比較するとそっちの方が金利が安くなることも多いです。最近では「低金利キャッシングの人気ランキング」などでも確認できるようにカードローン分野に銀行が参入しており、低金利でお金を借りることができます。

 

ちょっと話がそれましたが、まず大前提としてクレジットカードの分割やリボ払いを利用するとかなり高い金利負担をしなければならないということを抑えておいてください。

ただ、問題はこれだけではありません。リボ払いの危険性はそもそもクレジットの金利手数料が高いことに加え、「返済が長期化しやすい」「借金をしている意識が小さくなり、金銭感覚がおかしくなる」という二つの問題が組み合わさることで相乗的に負担が大きくなるのです。

それを理解するためにまず分割払いとリボ払いの違いを知りましょう。

 

問題1)リボ払いは返済期間が長期化しやすい

リボ払いは利用すればするほど返済が長期化します。
分割払いは「回数」で返済するので3回払いなら3ヶ月で返済は完了します。一方のリボ払いは毎月固定の金額を返済するだけなので固定返済額以上の買い物をリボ払いで続けると返済が進むどころが、むしろ借金がどんどん増えていくことになります。

たとえば、月々の返済額を5000円としましょう。その上で月々リボ払いで2万円ずつ買い物をしていた場合、毎月5000円が返済されても利用金額との差である15000円は返済されないので未返済額として積み上がっていきます。

これが積み重なるとどんどん借金が膨らんでいきます。仮にこの買い物を1年続けると1年後には18万円の借金ができることになります。さらにはこの借金には前述の通り15%という高率の利息がプラスでかかります。

上記のようなケースでは返済が長期化するどころか、一生終わらずどんどん借金が増えていくということになります。現に、上記のような状況になっている人は少なからず存在しているのは事実です。そうした人は未返済額が積み上がっていき、ついには月々の返済額のほとんどが利息だけになっているような状況になっています。

ちなみに、分割払いの場合はあくまでも回数で分割されるだけなので、カードで買い物をすればするだけ月々の返済額も大きくなります。そのため、リボ払いのように返済がいつまでたっても終わらないということはありません。

 

問題2)リボ払いで金銭感覚が狂う(借金意識が低い)

リボ払いは毎月の支払額が固定です。つまり、毎月どれだけ買い物をしても基本的には「固定の支出」しか発生しません。でもそれは表向きの話です。問題1で述べた通り、返済額以上の買い物をリボ払いでしていると借金の残高は減りません。

そのため、リボ払いの多用は自分の支払能力を超えた生活をするというリスクが大きくなります。いくら使っても月々の返済額は同じだと、ついつい使い過ぎてしまうといったことが増えます。そうしたことが積み重なって、浪費癖がついてしまうということになります。

分割払いの場合、毎月の返済額が大きくなってくると「これはやばいぞ、支払えないぞ」という気持ちになりますが、リボ払いの場合、毎月の返済額はほぼ一定です。そのため、リボ払いの場合「今現在いくらの借入がある」という実感がわきにくいのです。

また、金額が大きくなり問題に気づいても、自分の収入以上の買い物(生活)からグレードを落とすのは大変苦労することになります。結果としてなかなか生活費を切り詰めることができずに苦労するという羽目になります。

 

リボ払いで借金地獄。いますぐリボ払いはやめよう

上記二つの問題点はそれぞれが悪い意味での相乗効果をもたらします。浪費癖がついて買い物しすぎる+借金がなかなか減らない、という状況は高いクレジットの分割金利を延々と支払い続けることになり、借金地獄へと導かれてしまうわけです。

リボ払いというのは「毎月の返済額は小さく、でも長く返済する事で高い金利を支払う」という、負担の繰り延べでしかないことを理解しましょう。中には10年以上の期間をずーっとリボ払い返済があるという方もいるそうです。借金地獄や多重債務状態となっている方の中にはこの「リボ払いが入口」となった方も多数いらっしゃるようです。

リボ払いは純粋な「借金」です。もし利用しているのであれば「早期の一括返済」を実施しましょう。時々、驚かされるのはリボ払いを利用しながら、株式投資や投資信託などに投資をしているというような人がいることです。基本的にクレジットの金利を確実に上回るリターンを投資であげるのは不可能です。預金に余裕がある(運用にお金を回している)という方は、すぐに一括返済をしましょう。そっちの方がよっぽど有利です。
参考:借金返済は低リスクで魅力的な投資と考えよう

また、すぐに一括返済するのは難しいというのであれば、月々のリボ払い返済額をアップさせるという方法をとりましょう。それで生活が厳しいというのであれば、お金の使い過ぎ状態です。しっかりと節約をしましょう。「お金が貯まる人の習慣や行動パターンのまとめ」なども参考に、生活スタイルや節約について一度考えましょう。

 

リボ払い専用クレジットカードの特典<カードの金利

最近は、リボ払い専用のクレジットカードや、通常のクレジットカードでも標準をリボ払いにできるようなサービスが相次いでカード会社から発表されています。
また、リボ払い専用カードには、通常のカードよりもより特典がプラスされているようなケースもあります(たとえば、カードのポイント還元率が高いなど)。

しかし、こうした「特典」というものは多くのケースで、リボ払いにすることによる金利・手数料にあっさりと飲み込まれます。たとえ1%ポイントが増えても、その残高に15%もの高い金利(手数料)がかかるのであればそんなメリットは一瞬で消えてしまうことでしょう。

もし、リボ払い専用カードを利用する場合は、原則として月々の最低支払金額を高額にして事実上の1回払いにするという方法をとるようにすると、リボ払いカードの特典だけを得ることができます。
この点については「 リボ払い専用クレジットカードの上手な活用法 」でも説明しているのでご参照ください。

Pocket

カテゴリー

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP