おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年4月からの仮想通貨への新規制とプレセール通貨への投資リスク

2017年4月よりビットコインなどに代表される仮想通貨に対する規制が始まりました。この規制を受けてか、規制対象外となるプレセール中(上場前)の暗号通貨。最近ではこうした暗号通貨への投資話をよく耳にするようになりました。

今回は2017年4月からの仮想通貨に対する新規制と次々と持ち上がっている仮想通貨への投資話(特にプレセール中の暗号通貨)についての注意点をまとめていきます。

スポンサーリンク

暗号通貨(仮想通貨)と仮想通貨法による規制

2017年4月1日より仮想通貨法という法律が施行されました。
仮想通貨は暗号技術を活用した電子データです。日本円や米ドルのように各国の中央銀行が発行する法定通貨とは異なり、どこかのだれかが管理しているというものではありません。

代表的なものとしていあげられるのが「ビットコイン」ですね。仮想通貨は2017年現在で山のように登場していますが、ビットコインが全体の多くを占めている状態です。

 

仮想通貨の問題点と規制

仮想通貨はその性質からマネーロンダリング(資金洗浄)などに悪用される可能性があります。また、前述のとおり、裏付けとなるものもないため、投資家保護の観点からの問題もあります。そのような問題に対処するために設けられたのが仮想通貨法(情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案)という法律です。

・仮想通貨を定義
・仮想通貨交換業者を定義し登録を必要に
・仮想通貨の適切性をチェック
・取引所での口座開設時に本人確認

こういったことになっています。この法律によってビットコインなどの仮想通貨は貨幣として認められることになりました(法定通貨ではない)。

 

乱立する仮想通貨

仮想通貨(暗号通貨)というとビットコインをご存知の方は多いかと思います。ただ、世の中には実は様々な仮想通貨が存在し取引されています。
金額は各通貨の時価総額(コイン数×価格)です。

  1. ビットコイン(BTC)  $19,274,232,375(約2兆1120億円)
  2. イーサリアム(ETH)  $3,909,119,331(約4290億円)
  3. ダッシュ(DASH)  $1,254,428,187(約1320億円)
  4. モネロ(XMR)  $465,611,542
  5. リップル(XRP)  $414,256,606
  6. ライトコイン(LTC)  $297,677,213
  7. イーサリアムクラシック(ETC)  $232,750,931
  8. ネム(XEM)  $193,039,200
  9. オーガー(REP)  $108,626,760
  10. バーチャルコイン(VC)  $94,666,599

上記はcoinmarketcap.comによる2017年4月10日時点での時価総額のランキングトップ10です。規模的にはビットコインが圧倒的で2位のイーサリアムに5倍近い差をつけています。

ちなみに、このビットコイン+イーサリアムの2つの暗号通貨だけで全体の9割近い時価総額を占めています。

 

暗号通貨の種類も増えた

ブロックチェーンという言葉を作ったビットコイン以外にも、上記で紹介したように様々なタイプのものが出ています。

・取引や契約に活用できるもの
・送金や決済などに活用できるもの
・匿名性が非常に高いもの
・特定の取引で利用できるもの
・何らかの資産の裏付けがあるもの

といったように、暗号通貨でもいろいろなタイプが登場しています。

 

新しい暗号通貨・仮想通貨への投資

そうしたように、たくさんの通貨が登場したとしても、それが実際に多くの人に保有されなければ価値をなしません。

さらに、雨後の筍のごとく、仮想通貨が乱立しています。coinmarketcap.com上には780もの仮想通貨が登録されているほか、他にもどんどん新しい仮想通貨が登場しています。

そのため、新しく登場する暗号通貨はプレセールなどといって、取引所などで取引される前に人伝などの形で仮想通貨を一定の価格で販売することがあります。

 

規制対象外となるプレセール中(上場前)の暗号通貨

今回の法律(仮想通貨法)において規制の対象外になるとみられているのが、取引所などで一般に売買はされていないプレセール中の仮想通貨です。人づてでのみ購入することができる通貨で、将来取引所で取引される(上場)ようになれば、数倍、数十倍の価値になると謳われるケースが多いです。

実際に仮想通貨関連の儲け話で大半を占めているのがこのプレセール暗号通貨(仮想通貨)です。

 

上場すれば大儲け?プレセールの仮想通貨

株式市場においては上場というのは企業としての価値が認められるという意味もあります。実際にIPO銘柄(新規公開株)は投資家にも人気が高いです。
参考:

実際に、時価総額1位のビットコインはもちろん、2017年4月現在では時価総額で2位となっているイーサリアムは結果だけを見れば何十倍、何百倍という価値になっています。

オーガなどの新しい取り組みの仮想通貨も時価総額ランキングで上位に入ってきているように夢がある分野ではあります。

仮想通貨はプレセールという販売期間をおいて、取引所に上場して取引されるようになるという流れが一般的であるため、プレセール期間中に仮想通貨・暗号通貨に投資をしませんか?というのが儲け話の基本です。中には、その通貨を売る権利を付与する代わりに一定の対価を支払うといった権利収入的なビジネスの話をする人もいます。

本当に儲かるのでしょうか?

 

厳選するのはかなり難しい

暗号通貨まわりの技術はめまぐるしく発達しています。そのため、大化けするような仮想通貨もあることはあると思います。ただ、そんな中で大きく化けるのは本当に一握りです。

そうした仮想通貨は儲かるという事例を悪用して詐欺的に活動するような人たちもおおく存在しています。実際に上場するするといいながら上場しなかったり、上場したとしてもほとんど取引がされなかったりするというケースも少なくありません。

 

プレセールの仮想通貨・暗号通貨投資のリスク

こうした話を聞いて思うことは、すべてがそうだとは言いませんが、悪質な業者も多い、下記のような悪質商法に近いものも多いということです。

未公開株売買
マルチ商法(マルチレベルマーケティング)

中には本当に価値があるもの(価値がでるもの)もあるかもしれません。ただし、現状でそうしたものを見つけるのはかなり難しいのではないでしょうか。もちろん、われこそはそんな中から将来の第2のビットコイン、イーサリアムを見つけてやるぞ!というのであれば止めはしません。

ただし、その仮想通貨・暗号通貨というものがどれでもバカみたい値段が上がるようなものだという過度な期待をするべきではありません。

 

まとめ。特に新規の仮想通貨への投資は慎重に

仮想通貨・暗号通貨周りの投資話はかなり活発化しているようで、海のものとも山のものともわからないものが増えています。

投資はすべて自己責任なので最終的な投資(仮想通貨・暗号通貨の購入)については個々人の責任で行っていただければよいと思いますが、暗号通貨の仕組みや特徴などが少しでも理解できないところがあるというのであれば投資は控えるべきだと思います。

 

以上、2017年4月からの仮想通貨への新規制とプレセールのリスクについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP