おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年10月10日

つみたてNISAにおすすめの証券会社のサービス内容や特典比較

2018年1月から始まる新しい、小額投資非課税制度が始まります。それが「つみたてNISA(積立NISA)」です。従来のNISAと同様に毎年の非課税投資枠の範囲内の利益(譲渡益)や分配金にかかる税金はゼロになりますが、年間の非課税枠、非課税期間、投資可能な商品に違いがあります。

そんなつみたてNISAを始めるにあたって、証券会社の選び方やサービス内容の違いや特典、特徴などを比較していきたいと思います。すでに一般NISA口座を開設している方もぜひご参考にいただければと思います。

今回は主要なネット証券におけるつみたてNISAのサービス内容や制度利用の特典などについてまとめていきます。

続きを読む

NISAの活用法 NISA口座に関するお役立ち情報 投資信託 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2017年10月3日

テーマ株の探し方!SBI証券なら簡単にテーマ株や関連銘柄が探せる。S株Now!の活用法

「アベノミクス」「AI(人工知能)」「フィンテック」「IoT」「インバウンド」といったように、今話題のテーマ・キーワードによってあらわされることが多いです。こうしたテーマによって将来の業績アップが期待されるということによって株価が上昇することがあります。

そんなテーマ株ですが、自分で探すのは結構大変です。その会社がどんな事業・サービスを展開しているのか?それぞれのテーマによって業績にプラスになるのか?ということを調べる必要があるからです。

そんなテーマ株探しに役立つSBI証券のS株Now!について今回紹介したいと思います。

SBI証券公式ホームページ

続きを読む

証券会社のサービス 証券会社の選び方

2017年8月26日

証券会社の手数料無料プランを活用して積立投資や株主優待投資に活かす

証券会社で株を売買するときには委託売買手数料という手数料が発生します。近年はネット証券による手数料競争によって各社の手数料水準はかなり下がってきてはいます。

そうした中で一部の証券会社では一定の範囲内なら株の売買手数料を無料にしたり、一定の期間中は手数料を無料化するというキャンペーンを行っている会社もあります。

今回はそんな「手数料無料」の仕組みだけをお得に活用する方法を紹介します。

続きを読む

証券会社の手数料 証券会社の選び方

2017年7月20日

ネット証券最大手のSBI証券の特徴と評判。安定感抜群の総合ネット証券会社

ネット証券の中でも口座開設数ナンバーワンの証券会社がSBI証券です。利用者が多いということはそれだけ支持されているということ。当ブログでもSBI証券については様々なサービスや特徴を紹介してきました。

今回はそんなSBI証券についてのまとめ記事として、手数料や取扱商品、サービスの種類などの基本や特徴などを徹底的に掘り下げていきたいと思います。

SBI証券公式ホームページ

続きを読む

証券会社の選び方 証券会社比較と口座開設

2017年7月11日

大手ネット証券が対応する100円投資信託のメリットと注意点

2017年になって、大手ネット証券が投資信託の最低購入金額を大幅に引き下げています。きっかけとなったのが「」の記事でも紹介した楽天証券が投資信託を100円から、さらに楽天ポイントでも買えるようにすると発表したことです。

これを受けてかどうかはわかりませんが、この報道に続き、SBI証券、マネックス証券、松井証券、岡三オンライン証券といったいわゆる大手ネット証券は相次いで最低購入価格を100円に引き下げると発表しています。

このような100円投資信託ってどのように活用したらいいのでしょうか?投資するメリットと注意点をまとめていきます。

続きを読む

証券会社のサービス 証券会社の選び方

2017年6月23日

株初心者におすすめのネット証券・証券会社の比較と選び方

株式投資に興味はあるけど、投資経験はなく初めて株を買うというときに口座を開設するべき初心者におすすめのネット証券(証券会社)とその選び方を紹介していきます。

株初心者の方にとっては、証券会社はどこでもいいとか、あるいは大手の野村證券や大和証券なら間違いないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。ところが、実際は証券会社次第で、株式投資のパフォーマンスが大きく変わることも。

今回は株初心者向けにおすすめの証券会社・ネット証券の選び方について、各方面から分析、比較していきます。

続きを読む

証券会社のサービス 証券会社の手数料 証券会社の選び方

2017年5月26日

SBI証券の米国貸株サービス、カストック(Kastock)のメリット、デメリット

SBI証券はもともと、投資家が保有する国内の現物株式を借りる代わりに貸株料を支払うという貸株サービスを提供していましたが、2016年より、米国株と米国ETFなどを対象とする米国貸株サービス(愛称:Kastock)を開始しました。

今回はそんなSBI証券の米国貸株についてのサービス内容とそれを利用するメリット・デメリットや注意点、リスクなどをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

株式投資 証券会社のサービス 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2017年5月25日

海外ETF投資(米国ETF投資)のメリットとデメリット

ETF(上場投資信託)への投資という中でも、海外ETFというのは外国の証券取引所に上場しているETFを指します。なかでも一般的には米国の証券取引所に上場しているETFを指すことが多いです。なので海外ETFではなく、米国ETFと呼ぶこともあります。

米国ETFにはVTI、VOO、IVVなどと呼ばれる非常にコストが安く、長期投資に適したETFがたくさんあります。近年では日本で上場するETFにも低コストのものが増えてはいますが、世界投資(グローバル投資)を考えるのであれば米国ETFは外せません。

今回はそんな海外ETF、米国ETFに投資をする方法とそのメリット、デメリットについてまとめていきます。

続きを読む

投資信託 証券会社のサービス 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2017年5月19日

iDeCoの手数料、SBI証券と楽天証券が2017年5月から手数料完全無料化

個人型確定拠出年金(iDeCo)において多くの金融機関がサービスを提供する中でコスト(手数料)面で2強状態だった楽天証券とSBI証券ですが、楽天証券は2017年5月18日から、SBI証券は2017年5月19日から、iDeCoの運用管理手数料の無料化を実施しました。

今回はそんなiDeCoの手数料無料化に対するニュースを紹介、解説していきます。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 証券会社の手数料 証券会社の選び方

2017年4月4日

世界の株価に連動するおすすめの投資信託(インデックスファンド)

インデックスファンドと呼ばれる投資信託は特定の指数に連動するように作られています。その中でもよく利用されるファンドの一つが世界株式に連動するタイプのファンドです。海外の個別企業に投資をするのは、普通に国内株を購入するのと比較してハードルが高いです。

一方、インデックスファンド(投資信託)であれば比較的手間をかけずに投資できます。近年では世界株式に投資可能なローコストなインデックスファンドも多数登場しています。今回はそんな日本にいながら海外に手軽に投資ができる世界の株価に連動する投資信託を紹介していきたいと思います。

続きを読む

おすすめ投資信託の選び方 投資信託 資産運用のライフハック

1 / 512345

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP