おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ケチ?戦略?楽天銀行の株式配当金受取プログラムと単元未満株取引

楽天銀行では、「株式配当金受け取りプログラム」というキャンペーンがずっと行われています。これは株式の配当金を楽天銀行口座で受け取ると件数に応じてもれなく現金がもらえるというお得なキャンペーンになっています。配当金の振り込み1回あたり10円という金額ですが、まさにちりも積もれば山となるというお話です。

今回はそんな株式配当金受取プログラムを活用するために価格の安い銘柄を単元未満株取引で入手して、10円のきゃしゅバックをたくさんもらおう!という趣旨の投資方法です。

これをケチとみるか戦略とみるかは皆様のご判断にお任せいたします。また、この戦略によって損失が発生した場合も管理人は一切関知いたしませんので自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

株式配当金受取プログラムのおさらい

株式配当金受取プログラムというのは、楽天銀行が提供しているサービスで配当金を楽天銀行で受け取った場合、振込に応じて現金プレゼントがもらえるという仕組みです。株式の配当金の受け取りについては回数の関係なく1回あたり10円を受け取ることができます。

株式の場合、配当金を受け取れれば月に10円を受け取ることができるわけです。年2回配当の会社なら年20円ですね。

ちなみに、株式の配当金の受け取り方については「株の配当金を受け取る3つの方法・受け取り方」でまとめられていますが、楽天銀行を振込先にするには「登録配当金受領口座方式」を選択して楽天銀行の口座を指定しておく必要があります。

こちらは各ネット証券の口座管理ページなどで簡単に変更することができます。

 

端株取引+株式配当金受取プログラムで高利回り

あんまりうまみはなさそうですが、これと「端株取引(単元未満株取引)」を加えていくことでどうなるかを検証します。
端株とは、単元未満の株を指します。通常株は100株単位というように一定の単位で売買をするようになっています。
この一定の単位以下の株取引を端株取引と言います。上記の例なら10株とか10株とかの取り引きが端株取引(単元未満株取引)に当たるわけです。

※正式には単元未満株は単元株より少ない株、端株とは1株に満たない株(0.1株など)を指します。

こうした単元未満株取引はすべての証券会社で提供しているわけではありません。「単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットとミニ株との違いを比較」に紹介したように「SBI証券」、「カブドットコム証券」、「マネックス証券」で提供されています。

証券会社 手数料やサービス特徴
マネックス証券(ワン株) 手数料は3社の中で最も安く0.48%(税別)で最低48円の手数料となっています。
SBI証券(S株) 手数料は0.5%(税別)で最低50円となっています。
カブドットコム証券(プチ株) 手数料は2万円までは100円。それ以降は1万円につき67円が加算される形となっています。

いたとえば、マネックス証券の単元未満株取引(ワン株)は単元株(売買単位)が100株の銘柄でも1株単位で売買できます。300円の株価の株も通常の単元株数(100株)で買うなら3万円の予算が必要ですが、端株取引なら1株300円で買うこともできるわけです。

仮にこの会社が年に2回、1株当たり2円ずつの配当金を出していると仮定します。この場合端株であっても1株を所有していれば半年に2円の配当金を受け取ることができるわけです。

年に2円×2回の配当金。全然おいしくないですが、これに株式配当金受取プログラムを上乗せします。年に2回の配当があるわけですから、株式配当金受取プログラムから20円の現金プレゼントを受け取ることができるわけです。

300円の投資で「配当金4円」+「株式配当金受取プログラム20円」の合計24円の年間インカムゲインとなります。投資総額は300円なので
利回りに換算するとなんと8%の高利回りとなります。

 

毎月分配型のETFも活用できる?

毎月分配型のETFもこの手法が活用できます。ETFにおける分配金は配当金と同じ扱いをされます。普通の株式の配当は多くても年2回ですが、ETFの中には分配金の支払い回数が多いものもあります。毎月分配型は12回(ゴールドラッシュプログラムで120円)、隔月分配型は6回(ゴールドラッシュプログラムで60円)の振込がある計算となります。

1677:上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
1345:上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型
1555:上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)隔月分配型

こうした銘柄は楽天銀行のゴールドラッシュ向けとも言えますね。これらのETFについても端株取引は可能です。分配金の回数が多いのでお得といえます。(参考:ETF投資ガイド

 

この戦略は黄金の羽根?それとも…

ただ、忘れてはいけないのは「端株取引(単元未満株取引)」における手数料の存在です。
マネックス証券の場合、最低48円(税別)の手数料がかかります。ですから、この手数料をペイするには年2回配当の会社として2年と半年が必要になるという計算になります。(ただし、12回配当の毎月分配ETFなら5カ月で元が取れますね)

また、リスクについても考える必要があります。この株式配当金受取プログラムというのは楽天銀行という一銀行が行っている独自サービスであるということです。このサービスはいつ終了されても文句を言えるものではありません。

個人的には面白いとは思うけれども実行しようとまでは思わないですね。実際管理が面倒そうですし、生産性があるともいえないですから。

 

NISAを利用する場合は要注意!

NISA(少額投資非課税制度)を利用する場合、配当金の受け取り方法を銀行振込(登録配当金受領口座方式)としていた場合、配当金は非課税の対象となりません。

NISAで配当金を非課税にする場合には、持ち株に応じて証券会社で受け取る「株式数比例配分方式」という方法を選択しておく必要があります。そのため、NISA口座で買った株を、楽天銀行に振込してもらうとせっかくのNISAの配当金非課税という長所を活かすことができません!

こちらの戦略との併用はできませんのでご注意下さいね。

 

もちろん、この株式配当金受取プログラム自体は面白いプログラムです。普通に株取引をしているのであっても持ち株数が多い方は配当金を受け取ることも多いでしょう。1回10円にしかなりませんが、塵も積もれば山となるということわざもありますので上手に活用してください。

>>SBI証券公式ホームページ

>>マネックス証券公式ホームページ

>>カブドットコム証券公式ホームページ

>>楽天銀行の公式ホームページはこちら

 

以上、楽天銀行の株式配当金受取プログラムと端株取引(単元未満株取引)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP