おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

証券会社の手数料無料プランを活用して積立投資や株主優待投資に活かす

証券会社で株を売買するときには委託売買手数料という手数料が発生します。近年はネット証券による手数料競争によって各社の手数料水準はかなり下がってきてはいます。

そうした中で一部の証券会社では一定の範囲内なら株の売買手数料を無料にしたり、一定の期間中は手数料を無料化するというキャンペーンを行っている会社もあります。

今回はそんな「手数料無料」の仕組みだけをお得に活用する方法を紹介します。

スポンサーリンク

株の売買手数料無料の証券会社(10万円以下無料)

完全に無料なんて言う証券会社はありませんが、以下の証券会社の手数料プランのように一定の条件を満たせば手数料が無料となるプランを用意しています。

松井証券 一日の株の売買代金が10万円以下の場合は手数料が無料になります。なお、松井証券の手数料プランはボックスレートと呼ばれる一日定額制の手数料プランのみ用意されています。
SBI証券 手数料プランを「アクティブプラン(一日定額手数料)」としている場合、1日当たり10万円以下の株の売買であれば手数料無料となります。
ちなみに、売買の都度手数料がかかるスタンダードコースは対象外です。
(2017年9月4日以降)
楽天証券 手数料プランを「いちにち定額コース」としている場合、1日当たり10万円以下の株の売買であれば手数料無料となります。ちなみに、売買の都度手数料がかかる超割コースは対象外です。
(2017年9月1日以降)

松井証券もSBI証券、楽天証券も書いてある内容は違いますがどれも同じですね。

要するに「1日の株の売買(売り買いどちらも含む)の合計が10万円以下なら手数料無料」ということです。

普通に株式投資をされている方からすればたった10万円の売買なんかそうするものじゃないと思われるかもしれません。たしかにその通りでしょう。

ただし、以下のような使い方をするのであれば結構使えるんじゃないか?というのが私の考えです。

 

毎月少しずつ株を積み立てて投資をしていきたいという人

株を頻繁に売買するというのではなく、買った株をしばらくはずっと保有してくという長期投資を考えている方、毎月〇万円ずつ日経平均のETF(上場投資信託)でも買って、積み立て投資をしていきたいと考えている方。

こうした方にとっては1日10万円まで手数料無料というのは結構使えると思います。
毎月数万円を投資資金としておいて、それを使って株を少しずつ買っていくというやり方には向いてます。

おすすめの積立投資の比較。株、投資信託、外貨、純金、NISA、iDeCo
2017-03-15 06:39
積立投資は一度にまとまった資金で株や投資信託などの投資商品を購入するのではなく、一定の期間ごと(多くは毎月)に一定の金額を拠出して積み立てていくという運用方法になります。 最
リンク

ただし、個別株の場合は単元株(最低売買単位)が存在するため、小額の投資だと積み立てしにくいのが玉に瑕です。10万円以下手数料無料のSBI証券に関してはS株という株を1株から売買できる単元未満株取引が使えますが、10万円以下手数料無料の対象外となっています。残念。

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットと「ミニ株」や「るいとう」との違い
2013-04-25 15:37
ネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式
リンク

 

株主優待投資のために10万円以下の株を買う

株主優待銘柄には10万円以下で買えるような株も結構たくさんあります。

実際のところ単元株(最低売買単位)で10万円を切る銘柄は多く、2017年8月現在において全体の30%くらいの銘柄は10万円以下で売買することができます。

株主優待銘柄については「株主優待を上手に活用して得をしよう」で各社の様々な優待情報をまとめていますのでこちらもご覧ください。

ちなみに株主優待投資であればSBI証券がおすすめです。この画像のように金額別に検索をすることもできます。ちなみに10万円以下で買える優待銘柄は10万円以下(271)となっているとおり271銘柄もあるんですね。

権利確定月や優待内容(ジャンル)別に探すこともできるので優待を探したい方にもおすすめです。

10万円以下の優待で人気が高いところでいえば家電量販店の「コジマ」、カラオケの「鉄人化計画」や「シダックス」、洋服の「ライトオン」、スポーツ用品の「ヒマラヤ」などは人気が高い優待の一つとなっています。

SBI証券公式ホームページ

 

手数料無料を活用するならSBI証券と楽天証券、松井証券はどちらがおすすめ?

全体的な手数料水準で比較をするとSBI証券か楽天証券のほうに軍配が上がります。松井証券はやや高いです。

ただ、今回の10万円以下の手数料無料のキャンペーンは「一日定額制」の手数料体系を利用した場合のみが対象です(松井証券はそもそも1日定額しかない)。

以下の記事でも紹介していますが、一日定額制の手数料プランは「小額の株取引を高頻度で行う人向け」の手数料体系になっています。そのため、多くても一日数回程度の取引しかしない人には損なプランです。

証券会社の手数料プランの選び方。取引ごと?一日定額?違いと最適なプラン選び
2017-08-19 08:48
証券会社で株取引をするときには大きく2種類の手数料体系があります。スタンダードプランなどと呼ばれることが多い、取引ごとに手数料が決まるタイプ。もう一つはアクティブプラン・一日定額制
リンク

 

少額取引専用の証券会社にするのがおすすめ

今回の10万円以下の手数料無料の取引を活用したいのであれば、その証券会社を「それ専用(10万円以下の売買しかしない)」にしてしまうことです。

2017年9月からはこれまでは松井証券1社しかなかったものが、SBI証券、楽天証券と利用できる証券会社が増えるので上手に活用しましょう。

SBI証券公式ホームページ

楽天証券公式ホームページ

松井証券公式ホームページ

 

なお、ずっと手数料無料というプランではなく、口座開設から一定期間は手数料が無料になるというようなキャンペーンをやっている証券会社もあります。詳しくは以下の記事でもまとめています。

株式売買手数料の無料キャンペーン、無料プランがある証券会社を比較
2012-06-19 09:58
株の売買をするうえで「手数料」は重要な要素です。手数料が安いほどほんの少しの値動きで利益を出すことができるので、特に短期トレーダーにとっては要チェックのポイントになるかと思います。
リンク
スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP