おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

家族旅行や週末レジャーに行く前にチェックしたい、前売り券や会員制の割引サイト

2018/06/25最終更新   レジャー、遊びで得をする

動物園、水族館、プール、遊園地、テーマパーク、温泉、クアハウス、美術館、博物館といったところに家族旅行や週末のレジャーで訪問される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こうした場所は一般に有料で、家族全員分となると、それなりの料金がかかってしまいます。ただ、こうした入場料や施設利用料は前売り券を活用したり、会員制の割引サービス(サイト)などを利用すれば、通常よりも安く利用することができます。

上手に活用して旅行やレジャーを節約しましょう。

スポンサーリンク

週末レジャーや観光地の情報は事前調査が重要

週末のレジャーや長期休暇等を利用した家族旅行などで観光地に行く人も多いでしょう。そうした場所では、それぞれの有名な観光地やレジャースポットで楽しむのではないでしょうか。

そうしたときに活用したいのが事前の前売り券サービスや、会員制の割引サイトの活用です。当ブログでも、クラブオフデイリーPlusエポトクプラザJAFなどの割引サービスを紹介してきました。

これらサービスを利用すると、各種施設の利用が割引料金で利用できます。家族旅行や週末のレジャーなどで立ち寄る飲食店やショップ、レジャー施設などの節約になりますね。

具体的な利用方法は様々です。

  1. 会員証やアプリ、クーポン券の提示
  2. 事前にオンライン上で購入しデジタルチケットとして提示
  3. 事前にオンライン上で購入しチケットを郵送してもらう

この3パターンがあります。(1)(2)については、その場でも可能な利用方法ですが、(3)のケースは前もって手続きしておく必要があるのでご注意ください。

 

会員証やアプリ、クーポン券の提示

会員特典としてアプリの会員画面を提示するだけで割引を受けられるケースです。

JAF(ジャフ)などはその典型的な一例といえますよね。そこがたまたま対象施設なら割引が受けられる感じになっています。JAFを含めて最近はスマートフォンアプリが会員証の代わりになることがあるので、とりあえずインストールしておくだけでもいいですね。

JAFに関しては会員割引であることがレジや窓口などに記載されていることが多いですが、それ以外のサービスは大々的に書かれていることがほとんどないので、アプリ等を使って施設が対象かどうかを調べてみる必要があります。

 

事前にオンライン上で購入しデジタルチケットとして提示

たとえば通常2,000円のチケットをサイト経由なら1,200円で買えるといった具合です。デジタルチケット(スマホ等で提示できる)として提示可能な場合があり、こうした場合はレジャー施設等を利用する直前であっても使えるのがメリットです。

  • 映画館
  • 動物園、植物園
  • 水族館
  • 博物館
  • テーマパーク

のように、入園料(入場料)が必要な施設での直前でも割引価格で利用できるので汎用性が高いです。

 

事前にオンライン上で購入しチケットを郵送してもらう

前売り券的な利用になります。

オンラインでチケットを購入して、チケットは郵送してもらう形になります。購入から数日~1週間程度かかってしまうことになります。なので、前もって計画しておくことが必要になります。

一方で、このタイプの優待が割引率が大きいことが多く、節約度が高いです。週末旅行や家族でのレジャーの予定が決まっているのであれば、こうした会員割引サービスのサイトなどで周辺施設などの情報を検索してみるのもよいと思います。

 

会員制割引サイト、前売り券購入サービスはどこがお得?

こうした会員制サイトはいくつかあります。

それぞれ、入会するための条件や費用などで違いがあります。それぞれが別々に運営されているので、優待施設が重複するケースもありますが、そうでないケースもあります。なので、複数利用するほうが優待を受けられる可能性はアップしますが、どれも無料会員登録で利用可能!っていうものではありません。

自分が入会条件を満たせようなサービスを選ぶ必要があるでしょう。

サービス名 入会条件 主な優待・サービス内容
クラブオフ 対象となるサービスを利用すれば無条件 ホテル予約から、飲食店での割引優待、各種レジャー施設の入場料割引・優待が利用できます。優待内容はかなり幅広いです。
デイリーPlus 有料会費の支払い クラブオフと同様に多くのサービスでの優待が受けられます。有料サービスですが、Yahoo!プレミアム会員は2か月無料。
エポトクプラザ エポスカードの所持 エポスカード(クレジットカード・年会費無料)を持つだけでOKという手軽さが魅力。会計時にエポスカードで支払いをするだけでOKという優待が多いのも魅力です。
JAF JAFへの入会(有料) 会員証提示で割引となる優待が主です。ロードサービスのJAFのサブ的な優待ですが、対象店舗数も多い。

エポトクプラザは無料で入会可能でハードルが低い

こうした割引サイトを利用するにあたってお金を使いたくない人は、クラブオフかエポトクプラザが使いやすいです。どちらも条件を満たせば無料で登録ができます。

エポトクプラザについてはエポスカードのサービスなので、カード保有だけでOKです。優待店舗についてはどちらかというとグルメ系(飲食店)寄りではありますが、ユナイテッドシネマやイオンシネマなど映画館などの割引もあります。

優待施設はどちらかというと都市型で、グルメ、エンタメ系が多い印象です。

>>エポスカード公式ホームページ

 

クラブオフは入会可能なサービスが多く利用しやすい

クラブオフについても、実質的に無料で利用できます。優待施設の数も多く、トラベル、飲食、レジャー施設、クアハウスなど種類も多岐に及びます。

ジャパンネット銀行の普通預金(残高10万円以上)やベネッセイオンカード(年会費無料)を保有していれば無料で通常会員になれます。ハードルは決して高くないと思います。特に、ジャパンネット銀行はネット銀行の中でも使いやすい銀行で、セキュリティ対策も充実しており、初めてのネット銀行としておすすめです。

ジャパンネット銀行の評判とメリット、デメリット。セキュリティ対策の充実したネットバンク
2017-11-21 21:44
ジャパンネット銀行はわが国で最初に設立された“ネット専業銀行(ネットバンク)”です。三井住友銀行やYahoo!Japanと関係が深い銀行で、ネットバンクの中でも特にセキュリティ対策
リンク

>>ジャパンネット銀行公式ホームページ

>>ベネッセイオンカード公式ホームページ

 

デイリーPlusはYahoo!プレミアム会員は2か月無料

グルメ、トラベル、レジャー施設と利用可能なお店や施設が豊富で、さすが月額有料サービスといえる内容になっています。月額500円(+税)で1か月単位で利用できます。なので、夏休みの時期だけといったように、タイミングを絞って入会することも可能です。

また、Yahoo!プレミアム会員の方は2か月無料で利用することでき、無料期間内に解約をすれば会費もかかりません。

なお、利用にあたってはYahoo!JAPANのIDが必要になります。

>>デイリープラス公式ホームページ

 

JAFはあくまでもロードサービスの補助的な優待?

JAFは年会費4000円(別途入会金2000円)が必要な有料ロードサービスです。

実際にロードサービスにお世話になる回数というのはそう多いものではないと思いますが、JAF優待は加盟しているお店の数も多く、特に観光地や交通系の施設での優待が多いのが特徴です。道の駅やフェリー、テーマパークなど思わぬところでJAF優待が利用できるお店や施設は多いです。

JAFのいいところはJAF優待のマークがでかでかと掲示されていることが多いという点にもありますね。JAF優待はスマホアプリ会員証でもOKです。

>>JAF公式ホームページ

 

以上です、意外と割引が効くお店や前売りでお安く支払えるレジャー施設も多いので、まずは無料のところから活用してみてはいかがかと思います。

一人数百円の割引でも4人家族なら数千円単位になることも少なくないわけですからね。上手に利用しましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP