おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

LINE Pay マイカラープログラム開始。マイカラーは改悪か?それとも改善か?

LINE PayはLINEアプリのインストールされたスマートフォンや、LINE Payカードを利用してお買い物などで決済ができるサービスとなっています。このLINE Payにおいては、利用金額に応じてポイント還元(LINEポイント)の仕組みがあります。

2018年5月までは2%還元でしたが、2018年6月1日以降は、LINE側が決めるマイカラーによってポイント還元率が0%~2%に変動する形となりました。今回はそんなLINE Payのマイカラープログラムを徹底的に攻略していきます。

スポンサーリンク

LINE Pay マイカラープログラム

LINE PayマイカラープログラムはLINE Payの利用状況に応じて、マイカラーが決まり、その色に応じてLINE Payでの決済に対してポイントが付与される仕組みです。

  • ホワイト:0%(ポイント還元なし)
  • レッド:0.5%(200円あたり1ポイント)
  • ブルー:1%(100円あたり1ポイント
  • グリーン:2%(100円あたり2ポイント)

となっています。このマイカラーが決まる条件についてはなんと“非公開”となっています。LINE側の匙加減で決定されるマイカラーです。ただ、LINE PayのマイカラーはLINE関連サービスの利用状況によって……とあります。

一般的に考えると、LINE Payの利用状況(利用金額)が大きな要素を占めているはずです。全く使わない人よりは良く使う人を優遇するはずです。

LINEポイントの使い方、貯め方、活用方法、注意点のまとめ
2016-06-03 13:13
LINEポイントはLINE株式会社が運営するポイントプログラムです。LINEが新しく始めたブランドプリペイドサービスである「LINE Payカード(プリペイドカード)」によって貯ま
リンク

 

LINE Payのポイント還元は月額10万円の利用金額まで

これは残念な点です。

LINE Payでレッド、ブルー、グリーンのマイカラーをお持ちの方は0.5%~2.0%までのLINEポイントが貯まりますが、この付与は月額10万円の利用までという条件があります。獲得ポイント数ではなく、利用金額です。

マイカラーがレッドなら10万円×0.5%=500LINEポイントが上限で、グリーンなら10万円×2%~2000LINEポイントが獲得上限ということになります。10万円という利用金額、正直ちょっと微妙かと思います。

 

既存のLINE Payユーザーにとってマイカラープログラム導入は改悪

LINE Payのマイカラー導入は、決済手段としてLINE Payカードを使っていた人にとっては大きな改悪だったといえそうです。従来の無制限に2%還元から、利用条件によって0%~最大2%還元になってしまったわけですから……

LINE Payカードの仕組みと使い方、メリット、デメリットのまとめ
2016-04-28 07:25
LINEがリアル店舗でも利用可能なJCBプリペイドカード「LINE Payカード」の発行を開始しています。クレジットカードブランドの決済の仕組みを利用したプリペイドカードで、Vプリ
リンク

LINE Payカードを主要決済手段としてきた方は、別の支払い方法に乗り換えを検討したほうがいいかもしれませんね。ただ、そうはいっても、もともとの2%という水準が“高すぎた”といえるのかもしれません。

たとえば、年会費無料のクレジットカードの場合、ポイント還元率の最高は1.2%還元のリクルートカードです。他でいえば楽天カード(1.0%還元)、JCB CARD W(1.0%還元)といったところです。

クレジットカード以外であれば、SonyBank Wallet(デビットカード・ソニー銀行)が0.5%~2.0%(ソニー銀行の利用状況により変動)が還元率が高いですね。

 

2018年8月~1年間はLINE Payのコード払い利用は3%上乗せ

ここからはLINE Payによる決済でも、LINE Payカードではなく、LINE Payコード払いについてのキャンペーンです。

LINE Payは、LINE Payカードを利用したブランドプリペイドカードによる決済の他、QRコードを利用した決済方法のLINE Pay コード払いを用意しています。これは、店舗側が用意したQRコードをLINE Payアプリで読み取ることで決済をする方法です。

コード決済は「Alipay(アリペイ)」や「WeChat Pay(微信支付)」などに代表されるように中国で爆発的に普及しています。

 

LINE Payは本気でQRコード決済を普及させようとしている

LINEでは、今後このコード決済に力を入れるようで、2018年8月からは事業者(導入店舗)の決済手数料を3年間無料にするということです。

また、消費者側もLINE Payのコード払いを利用して決済をすれば2018年8月~1年間、通常のカラーバッジのポイント還元に加えて3%の上乗せ還元をするというサービスを提供するキャンペーンを実施します。

※通常のLINE Payカードを使った決済は対象外となります。また、カラーバッジは「グリーン」「ブルー」「レッド」「ホワイト」の4種の方のみ対象です。バッジなしのユーザーは対象外となります。

 

“キャッシュレス”という言葉がよくつかわれるようになってきましたが、LINEはそのキャッシュレス推進に大きく舵切りをしたようですね。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP