おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードのショッピング枠現金化がおすすめできない当たり前すぎる理由

cashクレジットカードの現金化という言葉をご存知でしょうか?

これはクレジットカードにおけるいわゆるショッピング枠(買い物可能枠)を現金化してくれるというサービスです。どうしてもお金が必要なときなどに利用されることが多いそうですが、合理的に考えた場合、全くおすすめできないサービスとなっています。

今回はなぜクレジットカードの現金化が全くおすすめできないのかをまとめていきます。

スポンサーリンク

クレジットカード現金化のしくみ

仕組みというほどのものではありません。メチャクチャ単純です。

利用者は新幹線などのチケットをクレジットカードで購入。その後、そのチケットを業者に買い取ってもらうというものです。

当然ですが、満額での買取ではなく、一定の割引がされた価格で買取される形となります。
一般的な話ですが80%程度で買取となることが多いようです。この割合が高いものほど、よい現金化手段という事になります。

5万円分のチケットが4万円で買い取ってもらい、4万円の現金を手にするというのがクレジットカード現金化の仕組みです。

ちなみに、クレジットカードのショッピング枠の現金化については、専門の業者を利用するだけじゃなく、自分自身で行うこともできています。たとえば「ヤフオクやメルカリで商品券・ギフト券・金券が額面以上で売られている理由」でも紹介しましたが、ヤフオクなどで商品券が額面以上でも買われているのはヤフオクだとクレジットカードで買い物ができることを利用しているわけです。

ヤフオクで商品券を購入して、それを金券ショップに持ち込んで現金化するという手段をとることもできるわけです。面倒はありますが、専門業者を利用するよりは換金率は高くなるでしょう。
(参考:初めて金券ショップで株主優待券やギフトカードを売る前に知っておきたい売却のコツ

 

100%を超えないなら、当たり前に損をする取引

上の流れを読んでいただくとわかるかと思いますが、圧倒的に不利な取引をしています。クレジットカードで5万円分のチケットを買ってそれを4万円で売るわけですから当然1万円の損をすることになります。

クレジットカードの支払い期日はおおよそ1ヶ月後です。1ヶ月の支払い猶予を得るために1万円のコストを支払うというのはかなり勿体ない話だと思います。もちろん、どうしてもお金が必要だという考えはあるでしょう。ただ、1ヶ月で20%の手数料を金利に換算するとおよそ300%となります。

利息制限法?なにそれ?といえるくらいの高金利のコストを支払うことになるわけですね。

実際には、分割払いやリボ払いでチケットなどを購入することが多いはずですので、その分のカード会社の手数料(金利)も発生することになります。

当たり前の話になりますが、コスト面を考えれば、クレジットカード現金化サービスを利用するくらいなら融資を専門に扱っているようなサービスを使う方がよっぽどお得です。
最近では銀行も個人向けの無担保カードローンに積極的なので、お金がどうしても足りないのであればそうしたサービスから先に検討するべきです。

プロミス
利用限度額:1万円~500万円 金利:4.5%~17.8%

アイフル
利用限度額:1万円~800万円 金利:3.0%~18.0%

※いずれも初回利用であれば一定期間金利が無料になるサービスも行っています。

 

現金化は支払いタイミングを繰り延べし負担を大きくするだけ

クレジットカード現金化のような取引は、単純に破綻するタイミングを先延ばしにしているにすぎません。むしろ、不利な条件でお金を借りているのと同じことになりますので、先延ばしにすればするほど負担もどんどん大きくなっていきます。

借金が増えていく表現として雪だるま式に増えるといわれることがありますが、まさしくこの言葉通りに時間がたてばたつほど借金は増えていきます。

ごく短期的にはお金が手に入りますが、その結果として残るのは、ものすごいスピードで積み上がっていく借金です。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化は立派な規約違反

クレジットカードの会員規約でどのクレジットカードも、ショッピング枠の現金化行為というのはすべて禁止されています。

クレジットカード会社もこうした行為には目を光らせていて、怪しい行為をするとクレジットカードの利用停止や酷い場合は強制退会となることがあります。

 

今すぐお金が必要なら、どうやって解決したらいいの?

クレジットカードのショッピング枠現金化は止めておいた方が良いというのはわかった。でも今すぐにお金が必要なんだ。というお声もあるかと思います。

そんなときの対応方法を紹介していきたいと思います。

  • なんとかしてお金を調達する
  • 債務整理をはじめとした対策を行う

 

なんとかしてお金を調達する

お金がない時、お金が必要な時の調達方法。ケース別に対処法を考える
2019-08-27 14:49
お金がない!でもお金が必要。 そんなときにどうやって、対処していけば良いのでしょうか? 慢性的にお金がない、急な出費で今すぐお金が必要、収入が途切れてしまってお金がない
リンク

クレジットカードのショッピング枠の現金化を使いたいというような場合は急いでいる方が多いと思いますので、早めに何とかするという前提だと以下の2つの対応があると思います。

  • 不用品を売却して現金化する
  • 即日融資可能な消費者金融を使う

要らないものを売却してお金にするという方法もあります。近々で返済可能であれば、価値の高いものを質屋に質入れするなどしてお金を借りる方法もあるでしょう。

また、消費者金融というと嫌悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードの現金化と比べると圧倒的にコストは低いです。土日でも即日融資OKのところも多いので、上手く活用していきましょう。

なお、少し時間はかかりますが、余裕があるのであれば「生活福祉資金貸付制度」といった公的な支援(融資)も利用することができる可能性もあります。こうした支援は多重債務状態だと受けられなかったりします。クレカの現金化でカード枠がパンパンなんて状況になったら、受けられたはずの支援も受けられないことも考えられます。

 

債務整理をはじめとした対策を行う

借金の債務整理の基本と3つの債務整理方法、それぞれのメリット、デメリット
2017-09-15 15:18
借金でどうしようもなくなったというときの解決方法が債務整理です。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、自己破産は債務整理の中でも最も重いもので、これ以外に
リンク

クレジットカードのショッピング枠現金化まで考えているという方は、すでに多方面でお金を借りていてどうしようもないというケースもあるかもしれません。

現時点で多重債務の状態であるのであれば、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用したところで焼け石に水になる可能性が高いです。

そういった場合は、債務整理(債務相談)をするほうが有効なケースもあります。債務整理というと抵抗感も強いかもしれませんが、状況が早期であれば、自己破産といった手法になる前の整理手段をとることができ、たとえば、マイホーム(自宅)を売却せずに借金を圧縮するといったことも可能です。

この辺りは状況次第となりますので、すでに借金の自転車操業になっているというのであれば、早めに対応しましょう。

こうした時は一人で悩むのではなく、専門家を交えると良いでしょう。たとえば、「法テラス」は条件をみたせば弁護士に無料で相談ができる半公的な機関です。

こうした機関も活用しましょう。

 

以上、クレジットカードのショッピング枠現金化がおすすめできない当たり前すぎる理由を紹介しました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP