おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

消費者金融でお金を借りるメリットは何? “今すぐ借りたい”や“内緒で借りたい”に強み

消費者金融という聞くと、いいイメージを持っている人はあまり多くないかもしれません。金利が高いとか怖いとかいったイメージが先行している方も多いことかと思います。

最近はもっぱら銀行がカードローンとして似たようなサービスを提供しており、そちらに流れている方も多いようです。やはり皆さん、“銀行という看板”の安心感は大きいようです。今回は短期の小口融資では圧倒的な人気のある銀行カードローンに対して、消費者金融を使った借り入れのメリット、デメリットについて紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

消費者金融と銀行カードローンの違い

実は皆さんが思っているほどこの二つの融資に違いはありません。

どちらも同様に“無担保で小口の融資を比較的高い金利で行う”というものです。ちなみに、銀行カードローンの場合、実は審査(保証)を消費者金融が行っており、実態としては看板の架け替えにすぎないのでは?とも言われています。

たとえば、消費者金融のアコムがあります。こちらはアコムとして当然融資を行っています。

それだけではなく、三菱東京UFJ銀行のカードローン(バンクイック)の保証も行っています。この保証というのは“保証人”のことです。万が一、借り手がお金を返済できない場合、銀行はアコムに対して代位弁済を求めることができ、以降は借り手に対して代位弁済をしたアコムが返済を求めることになります。

銀行カードローンと消費者金融の違いについては以下の記事もご参照いただければと思います。

銀行カードローンと消費者金融の違いとそれぞれのメリット、デメリット
2016-12-16 10:34
急にお金が必要になってお金を借りなければいけないという時に利用されることが多いのが銀行のカードローンや消費者金融(いわゆるノンバンク)の二つが選択肢に入ることが多いかと思います。
リンク

 

消費者金融の強みは審査と融資のスピード

消費者金融の最大のメリットといえるのがその審査のスピードです。

銀行カードローンの場合は、銀行が受付をして保証会社に審査を依頼するという流れで段階を踏むことになるためどうしてもスピードでは自社審査をする消費者金融にはかないません。

消費者金融によっては当日はもちろん、いわゆる“時間外”の申し込みであっても審査をして即日融資(借り入れ)ができるケースもあります。銀行カードローンが“安心感”を売りにするのであれば消費者金融は“今困っている人にすぐに貸す”という点を売りにしているわけですね。

 

もう一つは“内緒で借りる”ということ

消費者金融がスピードと同じく力を入れていることは“借りていることがばれない”ための工夫ですね。
消費者金融でお金を借りるという事については後ろめたい気持ちや家族や会社に知られたくないという方が大多数でしょう。そうしたための配慮も各所で行っています。

「プロミス」「アイフル」「アコム」の大手3社の融資スピードや内緒で借りるためのサービスを見てみましょう。ちなみに、借りる時の金利については正直どこもほとんど大差ありません。

 

プロミス 夜間や土日でも即日融資が可能な体制

消費者金融の中でも“スピード”にはかなりこだわりがあります。最短1時間の審査で、平日14時までなら即日振込融資が可能で、それ以降の時間でもネットでの申し込みで審査OKなら、自動契約機(プロミスや三井住友銀行内)まで行き、自動契約機でカードを受け取ればそのまま利用できます。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、WEB契約を利用して口座振り込みによる融資が使えます。三井住友銀行、ジャパンネット銀行であれば、土日でも入金が反映されるので土日でもお金を借りることができます。
また、WEB契約の場合、書類が自宅に郵送されないため、家族にばれることを防ぐこともできます。

プロミスWEB申し込みページ

 

アコム 審査は最短30分で24時間365日融資可能。土日もOK

アコムもスピードが速いです。ネットから事前に申し込みをしておけば最短30分で回答。銀行の営業時間外であっても無人契約機(むじんくん)または三菱東京UFJ銀行のローン契約コーナーでカードを受け取れば土日祝日も含めてその場でお金を借りることができます。

また、WEB振込契約の場合、ネット銀行の楽天銀行の口座を持っていれば、楽天銀行の口座に土日でもリアルタイムで入金が取れるので土日でもお金を借りて出金することができ便利です。

郵便物については“自宅へ送らない”という設定をすることができます。ローンカードが必要な場合は前述の無人契約機で受け取ればOKです。

アコムWEB申し込みページ

 

アイフル インターネット申込+電話で優先審査

どうしても今すぐお金が借りたいという場合はネットから申し込みをした後で、表示されるフリーダイヤルに電話をすると優先して審査をしてくれます。平日営業時間中なら銀行振込による融資もOKです。時間外の場合、アイフルの無人契約機である“てまいらず”でローンカードを受け取り、その場またはATM(提携ATM)から借り入れが可能です。

振込を使った土日のリアルタイム入金には対応していないようです。

郵便物について受け取りナシは選択できませんが、「AIセンター」という名称になっているので一見はわからないようになっています。最近は人工知能がらみのサービスも多いようで、なかなかばれにくい名前ですね(詳しく調べたらわかりそうですが)。

アイフルWEB申し込みページ

 

でも、やっぱり借りなくて済むなら借りないほうがいい

と、ここまで消費者金融のメリット(?)を紹介してきましたが、借りずに済むのであれば借りないほうがいいに決まっています。

マイナス金利政策が続き預金をしても0.1%も金利が付かないような状況で10%台でお金を借りるというのはやっぱりコスト的に高いです。

もしも、他の手段で現金を用意することが可能なのであれば、そちらを優先するほうがよいでしょう。お金に困っているのであれば公的な支援という手もあります。

お金が必要な時に取るべき対策と公的な支援のリスト
2014-03-11 12:23
お金が必要になってしまい、自分の貯金ではどうしても足りないという時にはどんな対策を対応をしたらよいのでしょうか?今の世の中、比較的簡単にお金を借りることもできます。最近は銀行もカー
リンク

また、銀行の定期預金を解約する、保険の契約者貸付を利用するといった手段でお金を用意できるならそちらを優先するべきです。

生命保険でお金を借りる契約者貸付の仕組みとメリット、デメリット
2017-09-20 08:49
生命保険などの保険に加入している方が利用できる「契約者貸付制度」という融資制度があります。これは生命保険に加入している人がその保険の解約返戻金の一定範囲において、保険会社からお金を
リンク

 

ただ、そういった方法が利用できず、“今すぐに借りたい”というニーズに関して、一番に応えてくれるのは消費者金融でしょう。

一旦利用したとしても、消費者金融の金利は日割りでカウントしてくれますので、すぐに返せば金利負担は少なくて済みます。他の低金利な手段でお金を用意出来たら“繰り上げ返済”をして金利負担をできるだけ減らすようにしましょう。

借金返済・繰上返済は超効率的でノーリスクな資産運用と同じ
2012-07-25 09:04
もし、あなたにローンや借り入れ、クレジットの未返済残高があるのなら、株式投資や債券投資などに投資をしたり預金・貯金をする前に、ローンの返済を考えてましょう。 キャッシングやカ
リンク

 

以上、消費者金融でお金を借りるメリットとその注意点を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP