おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

車のローンを組むときの頭金は必要か?頭金を払うメリットとデメリット

自動車をローンで購入する時の頭金についてのお話です。マイカーを購入する時、現金一括で購入できればいいのですが、金銭的な事情でマイカーローンを組んで購入する方が多いのではないでしょうか。こうした自動車ローンを組む時に、頭金は必要なのでしょうか?また、それはいつまでにどのくらいの金額を用意すればよいのでしょうか?

今回はそんな自動車購入時の頭金の必要性等についてまとめていきます。

スポンサーリンク

自動車ローン(マイカーローン)の頭金とは?

自動車ローン(マイカーローン)に限らず、比較的高額なローンにおいては購入代金の全額をローンにするフルローンではなく、購入代金の一部は支払うのが一般的です。これを頭金といいます。

自動車の場合ですが、一般的に購入代金の10%~30%程度を頭金と入れるケースが多いようです。

頭金を多く入れる分は問題ありません。300万円の車を購入したいけど、現金で200万円あるので200万頭金として入れて100万円だけマイカーローンを組むという人もいます。頭金が少なすぎるケースでは問題となることもありますが、多すぎて問題となることはありません。

 

マイカーローンの審査では頭金は必要?

最近では頭金なしでも申し込み可能なマイカーローンもありますが、10%くらいの頭金は用意しないとマイカーローンの審査に通らないというケースも多いようです。

少しでも有利な金利でマイカーローンを組みたいというのであれば購入価格の10~20%分くらいは少なくとも購入資金(頭金)として用意しておいた方がよさそうですね。

頭金の金額・比率が大きいほど、マイカーローンの審査に通りやすくなりますし、金融機関(銀行)によっては金利が安くなる優遇されるなどのメリットがある場合もあります。

 

フルローンも組めないことはないけど、条件は悪くなる

ちなみに、頭金を入れないで全額を借りるということもできないわけではありません。そのようなローンをフルローンといいます(購入価格以外の諸経費も含めた場合はオーバーローンと呼ぶ)。

一方で、フルローンを組む場合は金利が高めになるなどの融資条件は悪くなります。一般に金利の低い銀行の自動車ローンは組みにくくなり、金利が高めの信販系オートローンやノンバンク系のローンを利用することになります。

ローン(借金)における金利は要するにお金を借りる値段です。金利が高くなることで総返済額は高くなります。仮に200万円のローン(5年返済)で金利が1%アップした場合、総返済額は5万円ほどアップすることになります。2%なら10万円アップです。

 

マイカーローンではなく、普通のカードローンを組むという方法は?

もちろん、マイカーローンではなく普通の銀行カードローンなどを利用する方法もあります。

ただし、金利水準としてはマイカーローンよりも銀行カードローンの方が金利は高くなるのが一般的です。これまでの利用実績等で超低金利でお金を借りられるという場合を除き、自動車をローンで買うなら使途自由のカードローンよりはマイカーローンを使うほうがお得になるはずです。

 

マイカーローンは貸付可能な上限金額がある

自動車ローン(マイカーローン)は、その人の年収や他のローンの状況などによって貸付できる上限金額があります。特に、住宅ローンを返済中の方などは、自動車ローンを追加で組もうとする場合には、貸付上限の規制にも注意する必要があります。

 

1)年収に対する返済比率

返済比率は年収に対するローン返済額の割合です。これは新規に組むマイカーローンだけでなく、他にもローンがある場合はそれを合計します。

たとえば年収が300万円の人で年間のローン返済額が90万円なら返済比率は30%となります。このローン返済は住宅ローン、カードローン、リボ払い(クレジットカード)などの合計となります。どんなに審査が緩い銀行でも返済比率が40%を超えるような貸付はしないでしょう。

ちなみにこの返済比率は一般的に年収(額面)で行われます。手取りではないので注意してください。額面収入と手取りの違いなどについては「額面収入(年収・給与)と手取り、所得の違いを理解しよう」でより詳しく説明してます。

 

2)年収を超えるようマイカーローンは組めない

返済比率自体は返済期間を延ばせば小さくすることができます。

たとえば、300万円の車をローンで購入する時、2年返済なら年150万円の返済が必要ですが、6年返済にすれば年50万円でよくなります(金利は無視しています)。

ただし、銀行などの金融機関はその人の年収を超える貸し付けをしないケースが多いので、ローン総額に対しても注意をする必要があります。年収が300万円の人が総額500万円のマイカーローンは組めないようになっているケースがあります。

 

高い車をローンで買いたいときはその分だけ頭金を入れる必要がある

以上の2点の審査項目から、自分の年収と比較して高額な自動車を購入したいという場合にはそれに見合った頭金を入れておく必要があります。

 

10%の頭金も入れられないなら購入計画を再考すべき

最後は、そうは言ってもというお話になります。

自動車は購入時だけでなく維持費もかかります。駐車場や自動車税、車検代、自賠責保険や任意保険(自動車保険)といったような固定的にかかる費用も決して安くありません。

そうした維持費を払っていくということも考えたうえで、購入代金の10%超(数十万円)の頭金を用意できないというのであれば家計の問題として自動車を購入できるような状況でないと考えるべきだと私は思います。

 

以上、自動車をローンで買うときの頭金の必要額や必要性などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP