おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

マイカーリースのメリット、デメリット。カーリースとカーローンを比較

自動車を購入するときに、現金一括での購入ができない場合に悩むのがリースにするか、それともローンにするかという選択です。

マイカーローン(自動車ローン)は単純にローンを組むだけというお話なので単純ですが、マイカーリースというとあまり馴染みがないという方が多いのではないかと思います。今回はそんなマイカーリースについてローンとの比較を通じて、どのようなシステムなのかをわかりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カーリースとはなにか?

リースとは物品の賃貸借取引を指します。マイカーリースは要するに車を借りるということになります。レンタカーのように不特定多数に対して貸し出すのではなく、ユーザーとの間で数年単位の長期契約を結びます。

メーカー ⇔ リース会社 ⇔ 利用者

自動車をリース会社が購入してそれを利用者に対して貸し出しをするというスタイルになります。実はこのカーリースというのは主に企業(法人)向けに提供されることが多い販売スタイルとなっています。

 

カーリースを利用するメリット

まずは、メリット面からみていきましょう。カーリースを利用するメリットとしては初期費用やメンテナンス等の手間が小さくて済むというのが大きなメリットです。

また、法人(個人事業主)の場合は税務的なメリット(節税メリット)も大きいです。そのため法人が自動車を保有する場合、購入よりもリースという形態をとることが多いです。

 

初期費用を抑えられる

たとえば、会社が300万円の自動車を3台購入するとします。この場合は900万円の現金を用意するか、銀行から借り入れをする必要があります。外から調達するにしてもまとまった現金が必要です。
一方のカーリースであれば初期費用を考える必要はありません。

個人の場合も規模こその違いはあれ同様ですね。

 

手間がかからない。税金・メンテナンス等

自動車税などの税金や保険料の支払いなども自社で車両を保有すればそれぞれ行う必要がありますが、カーリースであればひとまとめにすることができます。

カーリースの場合、メンテナンスも原則として料金に含まれています。車検整備や法定点検、必要なオイル交換などは追加料金を払うことなく、月々のリース料に含まれています。車両のメンテナンス時や車検時にまとまった費用がかかるといったことがなく毎月の支払いを平準化することができるというのもメリットです。

金銭的なメリットだけでなく、車についての知識が高くない方も、リース会社から必要な時に必要なメンテが提供されるというのは安心感もあると思います。普通のディーラー点検や修理の場合は不必要な修理や交換を勧められるという不安もあるかもしれませんが、これらがコミコミのカーリースなら安心です。

 

法人・個人事業主限定。リース料は全額経費にできる

リース料金は全額経費(損金)とすることができます。自社で購入した場合は減価償却という形で一定額を損金に計上することはできますが、損金計上のしやすさでいえばリースのほうが容易となります。

 

カーリースを利用するデメリット

続いてはカーリースを利用するデメリットのほうを見ていきたいと思います。中でも大きなリスクとして考えられるのは「中途解約が原則としてできない」ということでしょう。

 

中途解約は原則として不可。やめる場合は中途解約金(違約金)がかかる

カーリースに限らず、リース取引は3年間、5年間といったように一定以上の期間利用することが契約で定められています。たとえば5年リースを組んだ車両を3年で解約したいという場合は、残りのリース料金相当額を一括返済する必要が出てきます。

そのため、数年で生活環境が一変しそうな場合についてはカーリースは向いていないといえるでしょう。

 

リース終了時点で残価が当初設定に満たない場合は差額請求となることもある

マイカーリースはリース終了時点で車をリース会社に返還する必要があります。
リース設定時のの当初設定残価に、返還時の残価が見たいない場合はその差額を支払う必要があります。

特に傷やへこみ、車内の汚れなどがひどい場合などは当初設定残価以下に価値が下落しているとして差額が請求されることがあります。

 

カーリースとカーローンの比較

最後に自動車購入において毎月一定の金額を支払うのではなく、毎月定額を支払っていくというプランであるカーローンとの比較もしていきます。

上は、トヨタのウェブサイトで行ったプリウスの見積もり結果です。同グレード同オプションのプリウスを個人向けにカーリースを提供しているコスモ石油のコスモスマートビークルのサービスで実際に比較してきたいと思います。

 

条件としてはゴールドパック(フルメンテナンス)で年間走行距離12000キロ以内というものにしています。金額は50,544円の60回払い(5年契約)です。この車両の本体価格は257万円(税込)となておりますので、これをマイカーローンとして組んだ場合はどうでしょうか?三井住友銀行のマイカーローン(金利4.47%、5年返済)の場合、月間の返済額は47,691円となりました。

一方でリースの場合は車検費用や自動車税などが料金に含まれています。

カーローン カーリース
購入時頭金 必要な場合もある 不要
毎月支払額 47,691円×5年=2,831,770円 50,544円×5年=3,032,640円
車検費用 50000円×2回=10万円
自動車税・重量税 17万円
5年間トータル費用 310万円 303万円

カーローンの場合、上記以外のオイル交換やワイパーゴムの交換、バッテリーの交換、12か月点検などメンテナンスの費用も必要になります。上記ではそうした費用を入れていませんが、カーローンの場合はこれらを含めれば、10万、20万といった金額の加算要因になるはずです。

そう考えると、5年間のトータルの費用で見たらカーリースのほうが安くつきそうです。

ただし、自動車の価値は5年後にゼロになるわけではありません。カーローンの場合は終了後には自動車が自分のものになります。新車のプリウスを購入して5年後にそれが無価値になるということはないはずです。6年、7年、8年といったローン完済後はローン返済が不要になるので、キャッシュフローは改善します。

一方でカーリースの場合はその時の時価で買い取りをするか、これまでの契約よりも低価格での再リースをする、あるいは別の新車で再リースをするという方法があります。いずれにしても、カーローン完済後よりはコストがかかります。

 

すぐに乗り換えをしたいならカーリース、長期利用ならカーローンか

自動車を購入するとき、カーリースとカーローンを比較するというのであれば、毎回更新のたびに車を乗り換えたいというのであればカーリースの方がメリットが大きいように思います。

また、車のメンテナンスなどの面倒ごとをできるだけ自分で考えたくないという方にもマイカーリースは向いています。

一方でローン終了後も長く自動車に乗るつもりであるというのであれば、カーローンで車を自己所有にするほうが長期的な支払額は少なくて済みます。

これらを考慮の上、どちらが自分にとってお得なのかを考えてみるとよいかと思います。

 

コスモスマートビークル公式ホームページ

個人向けのマイカーリースを提供しています。フルメンテナンスサービスはもちろん、コスモ石油で給油時にはガソリン代も5円リッター割引になるなどの特典も用意されております。

以上、マイカーリースのメリット、デメリットについてカーリースとカーローンを比較を通じて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP