おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

プリペイド型電子マネーの「オートチャージ」は無駄遣いが増えるので要注意

charge電子マネーの中でも利用されることが多いのがSuicaや楽天Edy、WAONなどのプリペイド型電子マネーです。少額の決済が手軽にできるため小銭が不要で便利な上、ポイントなどもたまるのでお得感もあります。上手に使えば便利なアイテムですが、その便利さゆえの無駄遣いにも要注意です。特に注意したいのが「オートチャージ」という機能。今回は電子マネーと無駄遣いについて注意喚起していきます。

スポンサーリンク

電子マネーはお金を使っている感覚が薄くなる

電子マネーはクレジットカード決済と同様に買い物などで利用しても目に見えにくいです。
そのため、お金が減っている感覚が薄くなります。

これはいろいろな研究でもはっきりしているのですが、財布の中から現金がなくなるのに、人は痛みを感じるそうです。ところが、クレジットカードや電子マネーのようにすぐに財布からお金が消えない決済方法の場合、人は痛みを感じにくくなるそうなのです。
つまり、クレジットカードや電子マネーによる決済は「無駄遣いが発生しやすい」と言えます。

特にプリペイド型電子マネーの場合、コンビニ利用などの少額決済に用いられることが多い為、いくら使ったかの把握がなお難しいです。

 

プリペイド型電子マネーの場合、基本的には「チャージしている分」しか利用できません。
そのため、都度チャージする際に「もう使い切ったのか・・・」と感じることができます。しかしながら、その感覚すら無くしてしまうのが「オートチャージ」という機能なのです。

 

オートチャージとは?

オートチャージとは、プリペイド型電子マネーの多くで利用できるオプションサービス(無料)です。残高が一定を下回った場合、クレジットカードなどを使って「自動的に一定額をチャージ」するという機能です。

このオートチャージを設定しておけば、残高がなくなっていて使えなかった・・・。ということがなくなり便利といえば便利です。
また、クレジットカード決済にすることでポイントがたくさん貯まるケースもあるでお得感もあります。

ただし、その便利さゆえに、無駄遣いが増えてしまい必要がないものをたくさん買ってしまった・・・。という問題行動につながります。

安易な気持ちでオートチャージは設定するべきではありません。

 

無駄遣いを減らすための電子マネーへのチャージ方法

1)チャージする金額をあらかじめ決めておく
たとえば、電子マネーへのチャージは月に1万円まで。といった具合でチャージする金額を決めておき、それを使い切ったら追加チャージはしないといったようにしておくと良いかと思います。

2)オートチャージはSuicaなどの交通系電子マネーだけにする
切符として利用することが多いSuicaなどはオートチャージが確かに便利です。私の場合ですが、普段の買い物にはSuicaを使わず、あくまでも交通費だけの利用にして最小限のオートチャージを設定しています。こうすることでオートチャージによる無駄使いを抑制することができます。

3)使用する電子マネーは2つくらいに絞る
電子マネーの種類も増えて複数利用している方も多いかもしれません。お店によってもらえるポイントなどが変わるため、複数を使い分けているという猛者もいるかもしれません。しかし、利用する電子マネーの数が増えると管理が面倒になります。「お買い物用+交通系電子マネー」の2つくらいに絞っておくのがオススメです。多くてもお買い物用2つ+交通系電子マネー1つくらいでしょう。

4)履歴チェックをする
多くの電子マネーではWEBサイトやアプリで電子マネーの利用履歴を確認することができます。何に使ったのか?とういうことまではわからないケースが多いですが、どのくらい利用しているのかはわかります。1ヶ月単位くらいでもいいので履歴をチェックして自分がどのくらい電子マネーで買い物をしているのかを把握するようにしましょう

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP