おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
ふるさと納税の活用法

ふるさと納税を活用して地方貢献や特典で得をする

ふるさと納税は2015年から制度がよりわかりやすく、そして便利になりました。

仕組みとしては自らの所得に応じた範囲で地方自治体に寄付をすることで、それに応じた特産品などのお礼の品がもらえるというようになっています。寄付したお金は最低2000円の自己負担のみで残りの分は税金が戻ってくる(あるいは翌年の税金が安くなる)という形で還付されます。
実質的に2000円の自己負担で全国様々な地域の特産品がもらえるという非常にお得な制度です。

また、お得さだけでなく、自分の生まれ故郷、災害等で苦しんでいる地域への支援といった目的で利用することも可能です。

その一方でふるさと納税は税金という少しわかりにくいジャンルの制度です。寄付可能額(上限額)や還付の仕組みなどはある程度税金の仕組みがわかっていないと理解しにくい部分も大きいはずです。

ふるさと納税の活用法のカテゴリーではそんなふるさと納税を100%活用するための基本から最新のトピックス、注意点なども含めてまとめていきます。

確定申告をした方はふるさと納税のワンストップ特例制度が無効になる。過去の分は「更生」を利用しよう

2016年8月10日

missふるさと納税はワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手間なく利用できて大変便利になっています。ところが、この特例を利用している方が、別の理由で確定申告をしている場合、ワンストップ特例制度の申し込みをしていてもそれが無効になってしまいます。

そのままにしておくと、本来ならばふるさと納税で寄付をした分で住民税が安くなっているはずが、安くなっていない……。という状況になる可能性があります。

こうしたミスは多くの場合で自分で気づく必要があります。確認方法を理解しましょう。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,マネーニュース・キャンペーン情報,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

ふるさと納税で住民税が下がれば副業がばれないというのは本当?

2016年5月13日

maruhi_mark副業は禁止だけど、会社には内緒で副業をしているという方も多いかもしれません。マイナンバーの導入でこうした会社への副業が住民税の特別徴収を通じてばれるのではないか?と心配している方も多いのではないでしょうか?

その一方でふるさと納税をして住民税の税額が小さくなれば結果的に住民税の金額が安くなるので副業がばれなくなるのではないか?というご意見をいただきました。それは本当でしょうか?調べてみました。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,仕事術,副業で収入アップ,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

ふるさと納税とiDeCo(個人型確定拠出年金)を両方利用している人への注意点

2016年4月4日

money_zeikin様々な媒体で取り上げられて人気を博している、ふるさと納税。最小2000円の自己負担で特産品などの御礼の品がもらえるのでできるだけ目一杯、寄付をしたいと考えているかも多いのではないでしょうか?

そんな人への注意点として「最小2000円の自己負担で済ませるには自分はいくらまで寄付できるのかを知る」ということです。ネットなどでは目安の金額をみることもできますが、あくまでも目安です。今回は個人型確定拠出年金(イデコ)を利用している人向けに、ふるさと納税を利用する時の注意点を紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック,資産運用のライフハック

ふるさと納税ポータルサイトを比較。どこでふるさと納税をするのがお得?

2016年2月23日

ふるさと納税の情報を集めたポータルサイトがどんどんできています。それぞれのサイトで様々な特徴があります。最近の傾向としてふるさと納税ポータルサイト自身が自サイトを通じてふるさと納税をした場合に「特典」を打ち出しているケースが増えてきているように思います。ただでさえお得なふるさと納税がさらにお得になるというのは大変うれしいことですよね。

今回はそんな、ふるさと納税ポータルサイトを比較し、実際にどのサイトで寄付をするのがお得なのか?どうやって寄付をするのがお得なのか?ということをまとめていきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック

ふるさと納税で本当に住民税は減税されたのかを確認する方法と反映されていない時の対応

2016年2月23日

tax2015年に爆発的に普及した「ふるさと納税」。2015年4月以降のふるさと納税についてはワンストップ特例制度によって確定申告が不要になり、利便性が高まりました。そしてその2015年のふるさと納税をした金額から自己負担額(最低2000円)を差し引いた金額が、2016年の住民税が安くなるという形で還付されることになります。

ワンストップ特例制度を利用した方は本当に税金は安くなったのか?ということを確認したいという方も多いのではないでしょうか?それを確認することができるのは5月ごろに送られてくる「住民税税額通知書」で確認をすることができます。

住民税が減税されていないという場合、自分自身のミス(申告方法の間違い)などに起因することもありますが、自治体側の計算ミスによるケースも報道されています。しっかりとチェック方法を確認しておきましょう。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,節約術

ふるさと納税に関するよくある誤解や間違い、 注意点

2015年11月20日

present2015年はふるさと納税について、より簡単に利用できることになったことと、自治体のプレゼントの拡充などもあって、利用者が急激に拡大しました。このふるさと納税ですが、2015年分は12月末が期限となっています。ふるさと納税には興味があるけど、まだやっていないという方は、いよいよ期限が迫っているので早めに検討してみてください。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,マネーニュース・キャンペーン情報

住宅ローン控除とふるさと納税による税還付は併用可能だけど注意点もある

2015年6月4日

choice最近話題となっている「ふるさと納税」。他の自治体に寄付をすることで特産品などが受け取れるということで人気です。寄付した金額はのちほど一定の条件のもとに所得税や住民税から還付されることになります。

税額控除という仕組みなのですが、これと同様に税額控除の仕組みがあるのが“住宅ローン減税”です。こちら住宅ローンの残高の一定額が税額控除される仕組みになっているのですが、住宅ローンを組んでいると、ふるさと納税における最小自己負担で寄付可能な金額に違いは出てくるのでしょうか?

今回は住宅ローンを組み、住宅ローン減税を利用している方にとってはふるさと納税の寄付可能額について計算方法と注意点についてまとめます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,住宅ローンのライフハック,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,節約術

ふるさと納税はクレジットカード払いで特産品とポイントを両方ゲットしよう

2015年5月21日

cardふるさと納税は、2015年4月より従来必要だった確定申告が不要になるなど、かなり便利になってきています。さらに、制度が浸透してきたことで各自治体もふるさと納税をしてもらおうと、総務省から過度なプレゼントを自重するように注意されるほど特産品などの特典を充実させてきています。

そんなふるさと納税をよりもっとお得に活用するための方法が「クレジットカード」をつかってふるさと納税をするというものです。特産品がもらえるうえ、さらにクレジットカードのポイントも貯まるという節約術を紹介していきます。
続きを読む

ふるさと納税の活用法,クレジットカードのライフハック,節約術

2015年から「ふるさと納税」の手続きがより簡単に。確定申告が不要、寄付上限も2倍へ

2014年10月15日

changeふるさと納税は、居住地とは別の都道府県や市町村などに寄付をした場合、一定額を上限として所得税や住民税などの控除を受けられる制度です。この制度、寄付した自治体からの特産品などが注目され、人気化していますが、2015年からは税控除が住民税に一本化され面倒な確定申告などの手続きが不要になります。その変更点をまとめていきます。

なお、ふるさと納税全体についての説明は「<最新版>ふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」で行っています。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック,節約術

2018年最新版 ふるさと納税をわかりやすく説明。お礼の品で得をする仕組み、寄付の計算方法

2013年4月22日

riceふるさと納税という制度をご存じでしょうか?この制度は自分が応援したい自治体などに寄付をすることで個人住民税の一部が控除される仕組みです。このしくみ、実は利用するとその地方の特産品や特典がもらえるなどお得なサービスもあり、普通に居住地に納税するよりも得をできる場合があるのです。

今回はこのふるさと納税を活用した特産品ゲットの方法をまとめます。

この記事はふるさと納税についての内容がわかるように制度内容の説明をコンパクトにまとめた記事です。より詳しい情報については参考リンクを張っておりますのでそちらでご確認いただけるように工夫しています。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック,節約術

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP