おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
証券会社比較と口座開設

個別の証券会社、ネット証券を徹底比較していきます。証券会社はそれぞれ特徴があります。手数料や提供している投資サービス、投資商品などの違いを知り、自分に合った証券会社を見つけましょう。

米国株に投資ができるネット証券3社を徹底比較。どの証券会社がお得か?

2018年5月24日

株式投資において日本株ではなく米国株(米国ETF)に投資をしたいと考えている方も多いかと思います。一方で証券会社において米国株・米国ETFに投資ができる所は実はかなり限られています。

たとえば、いわゆる大手ネット証券といわれる証券会社6社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、岡三オンライン証券、GMOクリック証券)の中でも米国株取引に本気で対応しているのはSBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社だけです。

今回はそんな米国株に投資をすることができる証券会社(ネット証券)各社のサービス内容を徹底比較していきいます。

続きを読む

外国株投資,証券会社比較と口座開設

つみたて証券会社が登場、つみたてNISA専用で投信購入がクレジットカードで可能

2018年5月17日

2018年夏、つみたて証券会社という新しい証券会社がサービスを開始します。この証券会社には一風変わった特徴が2つあります。

一つは取扱い投資商品が小額投資非課税制度である「つみたてNISA(投信積立)」に絞られているということ。もう一つはその投資信託の購入が「クレジットカード払い」になっているということです。

最近はポイント投資、おつり投資といったようにFintech(フィンテック)やアプリなどを活用した色々な投資サービスが登場していますが、この「つみたて証券会社」も個人的にはかなり注目しています。今回はそんな、つみたて証券会社の特徴や利用するメリット、デメリットなどを分かりやすくまとめていきます。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

カブドットコム証券の“毎月ポイント”とは?投資信託保有でたまるポイント

2018年4月26日

大手ネット証券のカブドットコム証券では、自社の口座内で投資信託(ETF除く)を保有していると、残高に応じて「毎月ポイント」というポイントがたまる仕組みがあります。

こうした投資信託の保有に対するポイントプログラムはカブドットコム証券だけでなく、SBI証券や楽天証券などでも実施されていますが、カブドットコム証券は最高レベルの付与率となっているのが特徴です。

今回はそんなカブドットコム証券の投信ポイントである“毎月ポイント”の特徴やメリット、デメリット、他社ポイントとの違いなどを紹介していきます。

カブドットコム証券公式ホームページ

続きを読む

投資信託,証券会社のサービス,証券会社比較と口座開設

LINE証券が設立!LINEと野村HD(野村證券)によるネット証券は成功するか?

2018年3月29日

メッセンジャーアプリ最大手のLINEと、総合証券会社で業界ガリバーの野村證券を傘下に持つ野村HDが共同で“LINE証券”というネット証券を設立することについて合意したと発表されました。2018年5月にもLINE証券の設立を予定しているそうです。

LINEは2018年になってから金融事業・フィンテックサービスに積極的に力を入れています。すでにLINE Financialを設立し仮想通貨交換業の登録を申請しており、LINEというプラットフォームを通じて様々な金融サービス領域へ進出するようです。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

STREAM(スマートプラス)の評判とメリット、デメリット。株の売買手数料が無料のネット証券

2018年3月9日

株式売買手数料というのは、株を売買するときにブローカーである証券会社に対して支払う委託手数料です。この手数料競争が続く中で、株の売買手数料の“完全無料化”をうたう証券会社(ネット証券)がいよいよ開業します。

証券会社の“再定義(証券3.0)”を謳うスマートプラスは、フィンテックベンチャーのフィナテキストと大和証券グループ本社が共同で設立したネット証券です。『ストリーム(STREAM)』と呼ばれる取引アプリを利用して現物株取引、信用取引のどちらも株式委託手数料(株の売買手数料)を無料化するのが特徴です。ちなみに、○○証券という名称になってませんが、ちゃんとした証券会社です。

今回はそんな、スマートプラスの株取引の特徴や手数料無料化を実現できる理由について紹介していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),証券会社比較と口座開設

DMM 株の特徴と評判(DMM.com証券)。手数料格安のネット証券として国内株に参入

2018年3月6日

FX取引やCFD取引といった投資商品を展開してきた、DMM.com証券がついに、国内株式取引サービスを開始しました。サービス名称は『DMM 株』です。

ネット証券業界の中でも屈指の手数料の安さを実現しており、現物株取引、信用取引ともにコスト重視派の投資家におすすめできる証券会社となっています。パソコンでの取引はもちろん、スマートフォンでも株売買ができるアプリも用意しています。

今回はそんな手数料格安ネット証券となるDMM 株(DMM.com証券)のメリット、デメリットやサービスの特長などについてまとめていきます。

なお、口座開設を完了すると最大2か月間取引手数料が無料になります。

DMM株公式ホームページ

続きを読む

証券会社比較と口座開設

証券会社が倒産したら株やお金はどうなる?銀行のペイオフのような保護制度はあるの?

2018年1月12日

銀行には預金保険(ペイオフ)があり、一定の範囲で補償されるような仕組みがありますが、証券会社が万が一倒産・破たんした場合、預けている株や投資信託などの運用資産、現金などはどのような扱いになるのでしょうか?

今回は、証券会社が倒産したら、破たんしたら私たちが預けている株や投信、現金などの資産はどのように扱われるのか?どのような保険や保護制度があるのかを紹介していきます。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

株の少額取引、小額投資におすすめの証券会社と手数料プランの選び方

2017年12月27日

昔は株投資をするのであれば、最低売買金額が100万円くらいする銘柄も多く、小額投資は難しかったです。近年では、単元株数(売買単位)の引き下げなどもあり、少ない資金でも株式投資を始めることができるようになりました。

証券会社側もそれに合わせて、株の売買手数料について“小額投資・少額取引”をする人向けのプランも用意するようになっており、小額投資でも低コストで株の売買ができるようになっています。

今回はそんな5万円、10万円、30万円、50万円といったような小額投資におすすめの証券会社とその選び方について紹介していきたいと思います。

続きを読む

証券会社の手数料,証券会社比較と口座開設

岡三オンライン証券の評判とメリット、デメリット。優秀なトレードツールと情報、IPO投資が魅力

2017年11月29日

岡三オンライン証券は、準大手証券会社とされる岡三証券グループのネット専業証券です。“IT企業がつくるのではなく、『証券のプロ』がITを活用してつくる証券会社”を謳っています。岡三ネットトレーダーと呼ばれるトレードツールの他、株の売買手数料も安く、ネット証券のシェアを拡大しています。

現在は大手ネット証券の一角を占めており、コストに敏感な投資家、あるいはIPO投資家など人気がある証券会社となっています。

岡三オンライン証券公式ホームページ

続きを読む

証券会社比較と口座開設

マネックス証券の特徴と評判。初心者向からの評価の高く、外国株(米国株・中国株)にも強い

2017年8月18日

大手ネット証券にマネックス証券があります。いわゆる大手ネット証券と呼ばれる証券会社で、中でもとくに投資初心者の方からの評判の良い会社となっています。

また、米国や香港の証券会社の買収などを通じ、米国株や中国株の投資にも強みがあるネット証券となっています。ネット証券としてIPO、貸株サービス、単元未満株取引といったように全般的なサービスを提供する総合ネット証券です。

今回はそんな大手ネット証券のマネックス証券の特徴や投資家の評判などを紹介していきます。

マネックス証券公式ホームページはこちら

続きを読む

証券会社の選び方,証券会社比較と口座開設

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP