おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

なぜかお金が貯まらない人は生活費用の銀行と貯金用の銀行を分けて管理しよう

2017/02/23最終更新   銀行のライフハック 預金・貯金

shareそれなりに収入はあるはずなのに、なぜか給料日前になるとお金が無くなってしまう。ある程度貯金できていたと思ったのに気付いたら貯金が随分と目減りしているという方にお勧めのマネー管理術として「生活費用の銀行と貯金用の銀行を分ける」と言うものがあります。意外と手軽にできて人によっては効果絶大に節約効果が働く場合がありますので、なぜか貯金できないと言う方はぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

生活費用の銀行と貯金用の銀行を分ける必要性

まず、「お金が貯まる!財布へのお金の入れ方」でも書きましたが、行動経済学的に言えば、人は沢山お金があると感じてしまうと無駄遣いが増えやすいそうです。

これは預金口座でも同じことで、口座内に何十万円、何百万円とお金があると、一万円の出費を考えたときも総額から見れば大したことが無いと感じてしまいやすいのです。

じゃあ、どうするか?

1ヶ月の生活費を決めているのであれば、その額だけを入金しておくという方法をとればいいのです。

たとえば、月の生活費を15万円とするならば、生活費用の銀行には15万円しか入金しないようにします。残ったお金は全部「貯金用の銀行」に入金して使えないようにしておきます。

そうしておけば、無駄遣いが増えるとみるみる預金残高が減っていくことになるので無駄遣いが減るという寸法です。すごく単純で子供だましのように見えるかもしれませんが、人によっては絶大な効果が表れるケースも多いようです。

 

成功のポイントは「貯金用の銀行」から出金できない状況にする

この時のワンポイントとして、貯金用の銀行から出金できない状況にしておくと言うことが大切です。財布にキャッシュカードなどを入れておくと、困った時などに「つい」「後から返すつもりで」といった軽い気持ちで出金してしまうような場合があります。

そうならないように、キャッシュカードは普段持ち歩く財布に入れておくというのではなく、簡単に下ろせないように自宅に置いておくとった方法をとりましょう。

 

生活費用の銀行は日々の残高管理も大切

生活費用の銀行は預金額が少なくなります。だからこそ、日々の預金管理が重要になってきます。
クレジットカードなどの引き落としがあるような場合に残高が足りないと大変なことになりますし、10日しかたっていないのに生活費の半分以上が無くなっているというような状況も非常事態になります。

そんなことにならないように、いまいくらの預金があるのかをチェックするようにする姿勢も大切です。最近の多くの銀行はオンラインバンキングなどでスマートフォン等をつかい残高確認が容易できますので、活用しましょう。

また、「無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード」などでも紹介しているスマホアプリを使う方法もあります。こちらだとクレジットカードの引き落とし額なども事前に分かるので生活費口座の管理が羅君になりお勧めです。

 

生活費用、貯金用の銀行の選び方

生活費や貯金のための銀行を選ぶ時、どのようにして選べばいいのでしょうか?

生活費用の銀行

なによりも生活圏での利便性が重要になるかと思います。まず、都心にお住まいなら都市銀行地方にお住まいならそれぞれの地域の地方銀行などが挙げられるでしょう。預金額自体は多くならないので金利よりもATMの利便性や手数料などを重要視しましょう。

ただ、最近では都銀を中心にある程度の預金額が無いとATM手数料が無料にならないといったような流れになってきています。利用するのがコンビニ中心と言うなら、コンビニATM手数料が無料のネット銀行などもお勧めです。

・住信SBIネット銀行
コンビニATMの手数料が原則として無料(一部回数制限あり)になっているのでどんな方でも使いやすいネット銀行です。アプリもあるので預金額の管理も簡単にできます。
詳しくは「住信SBIネット銀行の評価・評判」なども参考にしてみてください。

 

貯金用の銀行

貯金用の銀行については、結果的に預金残高が大きくなることになりますので、預金金利が高めの銀行がお勧めです。個人的には「イオン銀行」もしくは「ソニー銀行」あたりがお勧めです。

・イオン銀行
イオンカードセレクトを作っておけば、普通預金金利が0.12%(2015年6月現在)と高めの水準になっています。とりあえず預金しておきたい(万が一の時はすぐに下ろしたい)と考えている方には最適です。
イオン銀行については「買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ」も参考にしてみてください。

・ソニー銀行
積立定期預金や欲しいもの通帳といったように貯金を増やすためのサービスが充実しています。計画的に「貯めていく」ということをしっかり考えたい方にお勧めです。もちろん預金金利も高めの水準となっています。ソニー銀行については「ソニー銀行(ソニーバンク)のスペック、活用術」が参考になります。

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP