おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

お金が貯まらない人は貯金用の銀行を作り、生活費と別に管理するのがおすすめ

shareそれなりに収入はあるはずなのに、なぜか給料日前になるとお金が無くなってしまう。

ある程度貯金できていたと思ったのに気付いたら貯金が随分と目減りしているという方にお勧めのマネー管理術として「生活費用の銀行と貯金用の銀行を分ける」と言うものがあります。

意外と手軽にできて人によっては効果絶大に節約効果が働く場合がありますので、なぜか貯金できないと言う方はぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

生活費用の銀行と貯金用の銀行を分ける必要性

まず、「お金が貯まる!財布へのお金の入れ方」でも書きましたが、行動経済学的に言えば、人は沢山お金があると感じてしまうと無駄遣いが増えやすいそうです。

100万円のなかの1万円はたったの1%ですが、10万円の中の1%なら10%です。人は絶対的な金額(1万円)よりも想定的なお金(持ち金の1%か10%か)のほうをより強く感じるそうです。

財布の中にたくさんお金を入れておくというのは節約という点からはあまり好ましくないわけです。

これは、銀行預金(貯金)でも同じことが言えるはずです。

普段使いの銀行口座の中に100万円、200万円といったまとまったおかねがはいっていると、日々のちょっとした無駄遣いが小さく思えてしまう、あるいは気づきにくくなってしまうという問題があるわけです。

じゃあ、どうするべきなのでしょうか?

 

生活費用の銀行にはその月に使っていいお金だけを銀行口座に入れておく

たとえば、月の生活費を15万円とするならば、生活費用の銀行には15万円しか入金しないようにします。残ったお金は全部「貯金用の銀行」に入金して使えないようにしておきます。

そうしておけば、無駄遣いが増えるとみるみる預金残高が減っていくことになるので無駄遣いが減るという寸法です。すごく単純で子供だましのように見えるかもしれませんが、人によっては絶大な効果が表れるケースも多いようです。

新社会人のための銀行の選び方 自分にあった銀行選びのコツと人気ランキング
2011-04-19 17:38
銀行口座を一つも持っていないという方はあまり多くないと思いますが、その必要性が社会人になるまでなかったという方もいらっしゃるかもしれません。 ところが、社会人になればお給料の
リンク

上記の記事でも普段用(決済用)と貯金用の銀行を分けておくべきと書いているのはこうした意味もあるわけです。

 

成功のポイントは「貯金用の銀行」から出金できない状況にすること

この時のワンポイントとして、貯金用の銀行から出金できない状況にしておくと言うことが大切です。財布にキャッシュカードなどを入れておくと、困った時などに「つい」「後から返すつもりで」といった軽い気持ちで出金してしまうような場合があります。

そうならないように、貯金用の銀行のキャッシュカードは普段持ち歩く財布に入れておかないようにしましょう。

 

生活費用の銀行は日々の残高管理も大切

生活費用の銀行は預金額が少なくなります。だからこそ、日々の預金管理が重要になってきます。クレジットカードなどの引き落としがあるような場合に残高が足りないと大変なことになりますし、10日しかたっていないのに生活費の半分以上が無くなっているというような状況も非常事態になります。

そんなことにならないように、いまいくらの預金があるのかをチェックするようにする姿勢も大切です。最近の多くの銀行はオンラインバンキングなどでスマートフォン等をつかい残高確認が容易できますので、活用しましょう。

 

(注意)クレジットカードの残高不足は時に致命的な問題になることも

生活費用の銀行口座の残高を最小限にすることはよいのですが、そのせいでクレジットカードの支払いが出来ない(落ちない)ということが無いようにしましょう。

クレジットカードでは決済できなかったことが続く場合には「個人信用情報機関」という金融機関が個人の信用情報(クレジットやローンの利用状況)を管理する機関に遅延等の登録をする場合があります。事故情報と呼びますが、そうなるとクレジットカードやローンが利用できなくなる恐れがあります。

クレジットカード・ローンの事故情報・ブラックリストはいつ消える?確認は?
2012-06-18 16:31
クレジットカードや各種ローンを利用していて、返済が遅延した場合などを事故と呼び、信用情報機関は記録しています。でも、どんな状態のことを「事故」というのか?また、永久にこの記録が残る
リンク

生活費用の銀行は必要最小限とは言いましたが、幾分かの余裕は持たせておきましょう。

 

 

貯金用の銀行への入金はできるだけ自動化できたらいい

貯金用の銀行についてはある程度それを自動化できる仕組みになっていると手間もかかりませんし、出金し忘れた……というリスクがなくなります。

イチイチ、生活費用の銀行から給料が振り込まれたら振込やATMなどから移し替えをするというのは面倒ですよね?

面倒だとどうしてもハードルがあがってしまい、結局貯金しなくなる……なんてことにならないように、この辺りは自動化しちゃいましょう。

銀行の自動入金サービスの特徴と比較、上手な活用方法のまとめ
2016-06-13 18:12
一部の銀行で提供されているサービスの一つに「自動入金サービス」というものがあります。これは、自分が保有する他の銀行から所定のタイミングで特定の銀行に自動的に入金するというサービスで
リンク

それがこの定額自動入金というサービスですね。2017年現在では住信SBIネット銀行、じぶん銀行、ソニー銀行、イオン銀行の4つの銀行が提供しています。

これを利用すれば、お給料が入金された銀行から自動的に貯金用の銀行にお金を移すことができてしまいます。

 

貯金用の銀行のおすすめランキング

以下は個人的におすすめする貯金用の銀行として私がおすすめする銀行です。

 

1位:住信SBIネット銀行

おすすめの理由は定額自動入金サービスを利用した場合、毎月30ポイント(30円相当)のポイントがもらえるということです。年間360円相当というのは昨今の都市銀行の普通預金金利(0.001%)で考えたらなんと3600万円相当の金利に相当します。

預金金利自体はさほど高くないというのがネックではありますが、今の低金利下では、ポイント貰うほうが圧倒的にお得な気もします。

ネット証券最大手の「SBI証券」との連携もあり、貯金したお金を投資信託や株式投資などで運用することもできるというのも魅力です。

住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

2位:ソニー銀行

定額自動入金(おまかせ入金サービス)が利用できます。ソニー銀行の特徴は金利やポイントといった部分でのメリットは大きくありませんが、積立預金が利用できるということや、預金を目的別に分類することができるというのも大きなメリットです。

貯金を目的別に管理して、貯めていきたいという方にとっては使い勝手が良い銀行だと思います。

ソニー銀行公式ホームページ

 

 

3位:イオン銀行

イオン銀行も自動入金サービスを用意しています。
また、もう一つの大きな特徴は「普通預金金利が高い」ということです。2017年7月の金利は0.12%とネットバンクを含めて全銀行の中で最高水準となっています。

※イオンカードセレクト(クレジットカード一体型キャッシュカード)の申し込みが必須です。

昨今は定期預金にお金を預けてもほとんど金利が付かない中でこれだけの高金利の預金を提供しているのはイオン銀行位になってしまいました。

イオンをよく利用する方にとっては特典も豊富な銀行ですので上手に活用してください。ただ、イオンをよく利用する方は貯金用とするよりも普段使い用(決済用)にするほうがイオンカード(クレジットカード)等の関係上便利かもしれません(給与振り込みにすればポイントももらえますし)。

イオン銀行公式ホームページ

 

まとめ。貯金用の銀行を使ってお金を貯めよう

貯金用(貯金専用)の銀行口座を持つべき理由とそれにおすすめの銀行を紹介してきました。

もしも、生活費と貯金とを一緒の銀行でやっているというのであれば、これを機会に分けて運用・管理してみてください。生活費と貯蓄が分かれることできっとお金の管理自体もしやすくなると思います。

 

以上、お金が貯まらない人は貯金用の銀行を分けて管理するのがおすすめ、というお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP