おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

投資信託はどこで買うのがおすすめ?銀行・証券会社・ネットバンク・ネット証券を比較

投資信託への投資において一番注意したいのは手数料です。投資信託が同じならどこで買っても一緒。と思っている方が多いようですが、実は販売会社(銀行や証券会社など)によって同じ投資信託でも手数料(販売手数料)が違っています
今回は、投資信託を買うとき、どこで買うのが一番お勧めなのかをまとめていきます。

最初に行っておくと、銀行や証券会社の窓口で買うのは絶対にNG。投資信託を買うならネット証券に口座を作って買うようにしましょう。

スポンサーリンク

投資信託はどこで買うのがお勧めなのか?

冒頭に書いた通り、答えだけを書くならネット証券のネット口座で買うのが一番種類も豊富だし、手数料が安い良いファンドを購入することができる可能性が高くなります。一番ダメなのは銀行の窓口です。

以下はその理由を説明するものになります。

 

取り扱っている投資信託の数と質から比較

まずは扱っている商品数です。銀行というのは金融商品の専門家と思うかもしれませんが、投資信託ということに関してはあくまでも代理で販売しているだけです。そのため、あつかっている商品はかなり限定されています。数だけでみれば銀行<証券会社となります。

数が多ければよいというわけではありませんが、扱っている質自体も微妙すぎます。国内金融機関としては最大手ともいえる、ゆうちょ銀行と大手ネット証券のSBI証券とで比較してみましょう。

 

そもそも銀行と証券会社とでは取り扱っている投資信託の数に差がある

前述のとおり銀行と証券会社では扱っているファンドの数に大きな差があります。ゆうちょ銀行は100程度なのに対して、SBI証券の場合2000をこえるファンドの取り扱いがあります。ファンド数が多ければよいというものではありませんが、数が多ければそれだけ選べるファンドも多いため、より低コストの良いファンドが購入できます。

 

投資信託の手数料とその種類

まずは扱っているファンドの質というところから見ていきましょう。ファンドの質といっても運用がうまい下手ではありません。そんなものは正直外から見てもわかりません。そのため、投資信託がかけているコストからみていきます。

手数料(コスト)というものは「資産運用は徹底的に手数料(コスト)を引き下げることを考えよう」でも紹介したように確実に投資のリターンを引き下げる要因となります。たとえば日経平均に連動するようなファンドであれば、ほぼ日経平均株価と連動した動きをすることになりますが、手数料が高いファンドはその手数料の分だけ下振れします。

投資信託のコストには「販売手数料(購入時にかかる手数料)」「信託報酬(ファンド維持のために毎年かかる手数料)」「信託財産留保額(ファンドを解約するときにかかる手数料)」という3つのコストがあります。こうしたコストについては「投資信託の手数料の種類や仕組み」がより詳しいです。

 

銀行窓口で売っているファンドはぼったくり?

銀行の窓口で売られているファンドはボッタくりといわれてもおかしくないようなファンドが多いです。たとえば、ゆうちょ銀行の窓口で販売されている最もスタンダードな日経平均株価に連動する投資信託は「大和 ストック インデックス 225 ファンド」というものです。一方でSBI証券のネット口座で販売されている同条件のファンドは「大和 iFree 日経225インデックス」です。どちらも同じ大和投資顧問が運用しているファンドですね。

それぞれの手数料を見ていきましょう。

大和ストック インデックス 225 ファンド iFree 日経225インデックス
販売手数料 2.16% なし
信託報酬 0.5616% 0.2052%
信託財産留保額 なし なし

うーん。すごい差になっていますね。実際にどうなるかシミュレーションしてみましょう。
以下は同ファンドををそれぞれ100万円ずつ運用したとします。日経平均株価は年間3%でそれぞれ成長するとします。すると以下のようになります。

投資時点 1年後 .3年後 10年後 20年後
iFree 日経225インデックス 1,000,000円 1,027,948円 1,086,209円 1,317,381円 1,735,493円
ストック インデックス 225 ファンド 980,000円 1,003,896円 1,053,451円 1,246,964円 1,586,652円
差額 20,000円 24,052円 32,758円 70,417円 148,841円

いかがでしょうか。どんどん差が大きくなっていくことがわかるかと思います。当初の2万円という販売手数料に加え、毎年の信託報酬の0.36%程度の差によって運用期間が長くなるほど高い差が生じます。

この差は運用によるものではなく「手数料」による差ということです。この差額はどこに入るか?銀行や運用会社に入ります。

 

売っているファンドも手数料目的の毎月分配ファンドが主流

また、上記で挙げた日経平均連動型などはまだよいほう(可愛いほう)です。実際に銀行の窓口に行って相談すると、ほぼほぼ進められることになるのが、外国債券を使った毎月分配型ファンドになります。毎月分配金がもらえるというセールストークは刺さりやすいんですよね。そして手数料も高いから自分(銀行)も大いに儲かるということで……。

ゆうちょ銀行ばかり挙げるとかわいそうなので大手都銀にします。三菱東京UFJ銀行の過去6か月で最も売れたファンドは「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」だそうです。

販売手数料:3.24%
信託報酬:年率1.7928%
信託財産留保額:なし

となっています。信託報酬が約1.8%ということは、投資によって得られる利益の1.8%は確実に抜かれているということになるわけです。ちなみに、過去の運用結果は正直何の参考にもなりません。同ファンドは過去1年で+24%の成果を上げているため、そんないいファンドならいいじゃないか?と思うかもしれませんが、そういう結果がでているので売り手からすればすごく売りやすいから売れているんです。

これからもその運用結果が出るとは限りません。そもそも論になりますが、毎月分配型ファンドは毎月分配を出すという仕組み自体が運用においては超非効率でそもそも投資に向いている方法ではありません。絶対に買ってはいけないタイプの投資信託です。詳しくは「若い人の資産運用に毎月分配型投資信託が不要な理由。毎月分配型は買ってはいけない」でも紹介しています。

ちなみに、ゆうちょ銀行を例にしていますが、ゆうちょ銀行だけが悪いわけじゃないですよ。どこの都銀も地銀も一緒です。むしろ地銀とかのほうが積極的かもしれません。また、大手といわれる証券会社も銀行窓口とさほど変わりません。

ちなみに、窓口で金融商品を買う(相談する)ということ自体が間違いです。その理由は「銀行窓口、証券会社窓口で投資や資産運用、保険の相談をするのは大間違いな理由」でも書いていますが、彼らの目的はお客様の資産運用を成功させることではなく、彼らの自身のコミッション(手数料)のために行われているからです。

 

じゃあ、どこで買えばいいの?

銀行はダメ、ゆうちょもダメ、そして大手証券もダメならどこで投資信託を買えばいいのでしょうか。

最初に書いた通り、ネット証券で買いましょう。いわゆる大手ネット証券とよばれる証券会社であれば基本的に投資信託に対する取り組みはしっかり行っているので、問題ないと思います。

特にお勧めなのは以下の証券会社です。

 

 SBI証券

取り扱い数は豊富で、比較的ノーロード(手数料無料)としている投資信託も多い。「SBI証券の投信マイレージサービスのメリット、デメリット」でも取り上げている投資信託の残高に応じてのポイント還元(キャッシュバック可)があるのでさらに有利です。個人的には投資信託投資に一番向いている証券会社だと思います。

>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

松井証券

投資信託の取り扱いは2016年11月からとなっていますが、ロボアドを活用した投資信託の積立サービスである「投信工房」がおすすめです。コストゼロで、あなたの投資リスクに合わせた資産配分まで提案してくれます。ファンド数は少なめですが、購入できるファンドはいずれもコストで知られるファンドばかりなので、投信選びにも問題ありません。
特にこれから投資信託の積立投資をしたいという方にお勧めです。

>>松井証券公式ホームページ(投信工房)

 

カブドットコム証券

投資信託の販売手数料を無料化するノーロードファンドの火付け役となったネット証券です。投資信託の取り扱い本数自体はさほど多くないですが、販売手数料を無料としている投資信託の数が多い。フリーETFに代表 されるように投資信託には結構力を入れている感じです。SBI証券と同様に投資信託の保有にも伴うポイントプログラムも用意されています。

>>カブドットコム証券公式ホームページはこちら

 

以上、投資信託は銀行と証券会社のどちらで買うのがいい?というお話でした。基本的には証券会社(特にネット証券)で購入するのが手数料、商品、付加サービスを含めて向いているはずです。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP