おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

サラリーマンでもできる節税方法・節税術のまとめ

tax所得税や住民税、社会保険料などお給料から天引きされていますが、その金額を見てビックリすることもあるのではないでしょうか?

そうした税金って、サラリーマンだと節約(節税)できないと思っていませんか?今回はサラリーマンでもできる節税術を紹介していきます。すべてをする必要があるとは思えませんが、上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

サラリーマンでも節税できる。節税対策の基本。

サラリーマンの場合、会社が所得税や住民税を源泉徴収(天引き)によって給料から引かれていますので、納税意識や節税に対する関心が高くないといわれています。

一方で、サラリーマンという働き方をしていたとしても、様々な方法で節税することは可能です。
脱税(違法な手段で税金を払わないこと)は違法ですし、罰則もありますが、制度に則った利用をすることで税金を少なくする節税は違法ではありません。

ちょっとしたことでも節税できるケースは少なくないです。また、税制・税金はあくまでも自分自身による申告がベースです。たとえば、確定申告や還付申告さえすれば税金が戻ってくるのに、それをしていないというのは個人の自由で、わざわざ税務署が「あなたは申告すれば税金が戻ってくるから申告したらどうですか?」なんて親切なことはやってくれません。

上手に制度を利用しましょう。

 

個人型確定拠出年金で節税

個人型確定拠出年金というのは、老後の年金の一つで、企業年金のないサラリーマンの方なら加入できます。掛け金の全額が所得控除されるのでかなりの節税効果が見込めます。年末調整でも対応できます。個人型確定拠出年金については「個人型確定拠出年金のメリット・デメリット」の記事でまとめています。

老後の年金の積立と言う形になりますが、掛け金が所得控除される以外にも、運用益が非課税となるほか、年金として受け取るときも一定の控除を受けることができます。長期的な目で見て税メリット以外にも老後資金の確保と言う点で魅力的な制度です。

同じように、生命保険料控除というものもあり、私的年金(保険会社の年金)に対する控除もありますが、控除の金額も小さいので、同じ年金として積み立てるなら確定拠出年金の方がメリットが大きいといえるでしょう。

 

医療費控除で節税

自分や家族の通院や治療、投薬など病気の治療にかかった費用が一定額を超えた場合には「医療費控除」として確定申告することで、所得控除をすることができます。

自分一人ではなく、生計を一にする家族の医療費を合算することができます。目安としては10万円以上の医療費を払っていれば使えます。

ちなみに医療費には病院に行く時にかかったバス代(タクシー代)なども認められます。しっかりと領収証を取っておきましょう。詳しくは「医療費控除による還付金のしくみと申請・申告のやり方」で説明しています。

 

資格取得の為の勉強費用やスーツ代も経費になるかも。特定支出控除で節税

サラリーマンの経費については「給与所得控除」と言う形で概算経費が適用されています。
ただし、あくまでも収入に応じた概算で計算しているため、場合によってはそれを超えるようなケースもあります。職務に関する資格取得の為の費用などは「特定支出」として認められ、これが一定額を超えた場合には経費として所得控除が認められます。

1.通勤交通費
2.転勤に伴う転勤費用
3.職務上で直接必要な技術・知識習得のための支出
4.職務上で直接必要な資格取得費用
(※税理士や弁護士資格の取得費用も対象)
5.単身赴任者の自宅との間の旅行のための費用(帰宅旅費)
6.下記の費用のうち65万円までの額※
・書籍費用
・制服・事務服・作業着等の勤務場所で着用することが必要な衣服費
・交際費・接待費の内、職務上関係のあるものに対する費用(交際費)

※(6)に関しては勤務先が職務上直接的に必要だという証明が必要になります。

利用のハードルは高めですが、単身赴任をしており家族のもとに定期的に帰っている方や超長距離通勤をしているような方、社内で難関資格取得の為に学校に通っている方などは対象になる可能性があります。スーツ代や本代、新聞代なども認められる場合があるので、領収証はしっかりと保存しておきましょう。
特定支出控除について「サラリーマンも経費が使える「特定支出控除」のしくみ」で解説しています。

 

両親や祖父母を扶養に入れる

一定の条件はありますが、同居あるいは別居している両親を自分の扶養に入れるというのも一つの節税手段といえます。税法上の扶養は仕送りなどをしており、親の所得が38万円以下なら扶養に入れることができます。

税法上の扶養条件を満たしていれば扶養控除が利用でき、1名あたり38万円~58万円を所得控除することができます。

別居しているから無理、年金をもらっているから無理と考えている方も多いですが、意外と対象になる範囲は少なくないはずです。特に、遺族年金(遺族厚生年金)を受給している母親などがいる場合、遺族年金は非課税なので、仕送りさえしていれば、ほぼ扶養に入れることができるはずです。

詳しくは「親に仕送りをしていれば別居でも扶養控除で節税できる」でもまとめているのでこちらも参考にしてください。

扶養にいれることができれば、扶養控除の対象となるので税金が安くなります。扶養控除に対象にするには勤務先に提出する年末調整の資料で「扶養親族」の申請をすればOKです。
手続きは驚くほど簡単です。

ただし、親への仕送りの事実は記録にしっかり残しておきましょう。振込が無難です。

また、一定の条件を満たせば「社会保険上の扶養」に入れることも可能で、この場合両親が払っている国民健康保険料などの負担も小さくなります。ただい、社会保険上の扶養は同居している場合はともかく、別居している場合はちょっと厳しいです。

 

ふるさと納税で事実上の節税

ふるさと納税は、他の自治体に「寄付」をすることで寄付した金額の一部が経費として認められ、最大で「寄付をした額から2000円を引いた金額」の税金が戻ってくるという制度です。
寄付をした額から2000円引いた額までしか戻ってこないわけですから、これだけを見ると確実に損をする取引になるわけですが、ふるさと納税をすると納税した自治体から特産物などが送られてきます。

こうした特産物の特典を考えるとかなりの経済的なメリットを得られる場合があります。2015年4月以降は確定申告をしなくても自動的に税金が還付される仕組みになったので制度上も使いやすくなっています。おおよそですが、寄付額の50%程度の価値がある返礼品が標準的です。4万円寄付すれば2万円分の返礼品を受け取れ、税金が38,000円安くなるとなれば4万円で5万8千円分が戻ってくることになり事実上の節税となります。

詳しくはふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」でまとめています。所得に応じて還付される額には上限がありますのでご注意下さい。

 

生命保険料控除で節税

これは知っている方も多いでしょう。民間保険会社の生命保険や年金保険、介護保険に加入している方は払った保険料に応じて一定の控除を受けることができます。年末ごろに保険会社から生命保険料控除の為に必要な書類が届くはずです。それを元に、年末調整時に提出すれば利用することができます。

 

住宅ローン控除(減税)で節税

マイホームを購入して住宅ローンを組んでいる方は、購入した年によって上限控除額などは異なりますが、ローンの残高に応じて税額控除を受けることができます。たとえば、2015年に組んだ住宅ローンの場合、12月末時点の住宅ローン残高の1%(最大40万円)までが税額控除されます。
なお、1年目は確定申告が必要で、2年目以降は勤務先の年末調整で対応できるようになります。住宅ローンを利用している方はかなり大きな減税額となりますので手続き漏れのないようにしましょう。

 

まとめ。

いかがでしょうか?

サラリーマンでも節税できる項目は意外と多いことがわかります。
大切なのはこうした制度があるということを知ることです。老後の為の年金で有利な個人型確定拠出年金が利用できるに、老後の為に証券会社で投資信託の積立投資をするというのは税メリットなどを考えるともったいないことです。また、その他の多くの向上は「納税者自身による申告」が基本であり、条件を満たしていても自分で申告しなければ節税や減税の対象にはなりません。

もう一つ大切なことは、必要な書類などを残して整理しておくことです。
医療費控除や特定支出控除などは本当に支払ったのかどうかを証明する必要があります。領収証やメモなどをしっかり残して「整理」しておくことが大切です。計算期間はいずれも1月1日~12月31日までです。1年近く書類などを保管する必要があるわけですので、手間といえば手間ですが、書類ケースなどを用意して貯め込んでおき最後に整理するという方法でもかまいません。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP