おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入方法と手続き、年末調整のやり方などを解説。

401k個人型確定拠出年金に対する注目度が高まっています。ただ、個人型確定拠出年金(iDeCO)は自分自身で色々と手続きをする必要があり、ちょっとわかりにくいところもあります。

今回は、個人で確定拠出年金を始めるのであれば最もお勧めのSBI証券の例を元に、確定拠出年金への申し込みのやり方から、年末調整(確定申告)などの手続き方法までわかりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

※そもそも確定拠出年金って何?という方は「個人型確定拠出年金のメリット・デメリット」の記事でまとめていますので、まずはそちらの記事をご覧ください。

 

まずは、金融機関での申し込み手数料で比較しよう

個人型確定拠出年金を始めるにあたっては、サービスを提供している金融機関で利用の申し込みをする必要があります。

なお、現在個人向けに確定拠出年金を提供している金融機関はSBI証券が最もお勧めです。
理由としては取り扱いのファンドの種類、手数料共に安いからです。

長期運用になる確定拠出年金では、毎月払う手数料が長期的なリターンに大きな影響を与えることになります。401kの運用で必要になるコスト(手数料)金融機関や国民年金基金連合会に支払う手数料、資産管理手数料などがあります。

どの金融機関でもかかる手数料
・国民年金基金連合会への手数料、資産管理手数料:167円/月

この手数料は仕方がないものです。どの金融機関でもかかります。ただ、多くの証券会社、銀行ではこの手数料に加えて「運用機関手数料」という手数料がかかります。この手数料は各金融機関の取り分となる手数料です。

この手数料も決してバカにできません。たとえば378円(月額・三菱東京UFJ銀行)だとして、年間で4,536円がかかる計算となります。こうした運用機関手数料については安いところをチョイスするようにしましょう。

個人的なおすすめはSBI証券の401kプランです。
運営機関手数料が無条件で無料になります。月数百円といっても積みあがればかなりの金額です。

SBI証券の個人型確定拠出年金公式ホームページ

 

資料請求、申し込みをしよう

どこの証券会社(銀行)で401kのアカウントを作るかを決めたら早速申し込みをしましょう。申し込みをするとろこで多少設問は異なるかもしれませんが、下記の情報が必要になります。
流れとしては、私も加入している「SBI証券の個人型確定拠出年金」の場合で説明していきます。

 

1)現在の被保険者種別

・第1号被保険者(自営業の方や農業、漁業などをされている方やその配偶者)
・第2号被保険者(主に会社員の方で厚生年金に加入している方)
・第3号被保険者(第2号被保険者の配偶者で被扶養者の方)

被保険者種別について詳しく知りたい方は「公的年金の被保険者  年金の1号、2号、3号とは何か?」もご参照ください。ちなみに、個人型401kに加入することができるのは、第1号被保険者、第2号被保険者のうち加入年金が共済年金ではなく、企業年金がない方です。

 

2)移管する年金資産の有無

別の銀行などで個人型401kを運用していた場合、勤務先で企業型401kを利用していたが退職した場合、他の企業年金資産を401kに移管する場合などがあります。実はこの、昔働いていた会社の企業型確定拠出年金をそのまま放置しているという人は少なからずいらっしゃるようです。もったいないので絶対に移管手続きをしましょう。

退職・転職で企業型確定拠出年金を放置すると損。年金の移管方法
2015-06-05 17:53
企業型401k(確定拠出年金)がある会社に勤務していて、その後退職するなどした場合、それまで積み立ててきた年金資産は国民年金基金連合会によって仮預かりという形を取られてしまう。その
リンク

なお、厚生年金基金や確定給付企業年金を実施している企業を退職し年金を脱退した場合、脱退から1年以内に個人型年金に加入後申し出をすれば脱退一時金を個人型年金(個人型401k)へと移すことができます。

 

3)その他、申し込みに必要な個人情報・基礎年金番号

住所や年齢など一般的な個人情報が必要となります。その際、基礎年金番号があると手続きがスムーズなことが多いです。基礎年金番号については年金手帳や国民年金の振替用紙などで確認できます。第2号被保険者の方は勤務先に預けているケースでは勤務先の総務などに確認しましょう。

なお、この場で年金番号は必須ではありません。ただし、最終的な申し込みの際には必要になりますので、それまでには調べておきましょう。

 

必要書類が自宅にとどくので記名押印などをして返送

申し込みをすると、自宅宛に資料が届きますので、指示に従って記名押印を行います。
書類については、引き継ぐ年金の有無などで変わってくるかと思います。

401kの掛け金の支払いは原則として口座振替となりますので、振替元となる銀行に関する情報も記載します。口座番号や届出印が必要になります。

 

口座開設完了

返送をすると2週間くらいで、ネット上で年金情報などを確認できるIDとパスワードが書かれた紙や個人型年金加入確認通知書などが届きます。

このID、PWを利用してログインして年金資産の確認ができます。また、掛け金をどのような資産で運用するかの指示やすでに投資している投資信託などの運用資産のスイッチング(切り替え)なども行うことができます。

 

年末になったら、年末調整や確定申告に使おう

おおよそ例年11月上旬〜下旬にかけて「小規模企業共済掛金払込証明書」というものが届きます。
これが401kで払った掛け金の証明書になります。
年末調整や確定申告で利用する大切な書類なので無くさないようにしましょう。無くしてしまった場合は再発行をお願いしましょう。

なお、年末調整の場合、注意したいのは金額を書き込むのが「個人年金保険」のところではなく、「小規模企業共済掛金等控除」のところに書きます。
下の画像を参考にしてください。

401kchosei

なお、年末調整終了後に会社から「源泉徴収票」を受け取ることになりますが、401k(確定拠出年金)の掛け金については「社会保険料等の金額」のところに記載されているはずです。
源泉徴収票の見方については「知っておきたい源泉徴収票の見方、読み方、使い道」で記事にしているのでこちらも参考にしてください。

 

確定申告をされる方は証明書と証明書発行以降の掛け金はそれがわかる銀行通帳のコピーなどを添付して申告します。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP