おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

産休中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になる。免除はいつから?申請方法は?

働く女性が妊娠をすると、出産の前後で産休を取ることができます。この産休中は多くの会社において働いていないので、無給という扱いになります。ただし、当該期間中の休職分については健康保険(協会けんぽや加入している健康保険組合)から出産手当金が支給されます。

さらに、これだけではなく、平成26年4月(2014年4月)より産前産後の社会保険料免除制度が開始されています。これによって産前産後休業中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になります。もちろん、保険料は払ったことになっているので保険や年金が切れているということにはなりません。

従業員にとっても会社にとっても魅力的な制度なので、産休で会社を休む時はかならず申請しましょう。

スポンサーリンク

産前産後の休業に関する2つの制度

冒頭でもお知らせしたとおり、産前産後に関しては2つの働く女性向けの公的サポート制度があります。

 

1)出産手当金

出産手当金は「健康保険」から給付される手当です。出産手当金は産休中のお給料の2/3を手当してくれる制度です(無給の場合)。産前42日間、産後56日間が対象です(多胎の場合は産前98日間、産後56日間)。

一般的な会社では産休を取ると、働けない=無給という扱いになります。その無給期間の給料を保証するという趣旨の制度となります。

手続きをするのは「健康保険」の保険者となります。こちらは勤務先によって違いますが、「協会けんぽ」か「健康保険組合」となります。

詳しくは「出産と育児でもらえる出産手当金と出産育児一時金、育児休業給付金の基本」の記事でも紹介しているので、こちらも御覧ください。

 

2)社会保険料の免除

今回の中心的なテーマはこの社会保険料の免除です。社会保険料は「健康保険料」+「厚生年金保険料」でいずれも収入(標準報酬月額)によって変動するようになっています。この負担率はおおよそ収入の30%で従業員と会社が折半する形となっています。

会社負担もあるため、産休などを取られると会社は働いていない従業員のために会社が保険料を半分負担するということになり、これが産休を取りづらい環境を生んでいました。

こうした対策として平成26年(2014年)4月から、産休中の社会保険料は労使ともに免除となる制度がスタートしています。これによって、働く女性が産休をとっても会社の負担は少なくて済むため、産休が取りやすくなっています。

 

産休による社会保険料免除の仕組み

産休に伴う社会保険料の免除については「出産手当金」とは申請などのルールが違います。原則としては、会社側が手続きを行うことになります。

 

どこに申請すればいいのか

従業員は会社に産休の手続きを取りましょう。おそらく出産予定日などの確認がされると思います。
会社は年金事務所に対して申請を行います。健康保険での手続きではありません。

申請自体は会社が行ってくれるはずなので、労働者側はほぼ手続きする必要はないでしょう。ただ、いいかえると、会社が手続きをしないと免除にならないので、これまでに産休を取った従業員がいない中小企業などで働いている方は、社保免除の手続きを会社が忘れないように確認するようにしましょう。

 

いつから免除になるの?

産前42日間(多胎妊娠の場合は産前98日)、産後56日間が属する月で休業を開始した月、復職日の翌日の前月までの保険料が免除となります。

たとえば、出産予定日は2017年4月26日の場合、産休は2017年3月16日~6月21日までとなります。この場合、社会保険は3月、4月、5月月分が免除となります。

なお、産休後に育児休業に入る場合、育児休業中も社会保険料は免除となります。育児休業の終了は2018年4月25日まで続きますので。2016年6月分~2018年3月までは社会保険料が免除されることになるわけです。

 

休業中に出社したらダメ

大きな注意点として産休中の社会保険料の免除は休業を開始した月からの申請です。
たとえば、上記のケースでは2017年3月16日以降であれば産休の対象になります。3月分から免除になるわけです。ただ、どうしても外せない仕事があり、2017年4月2日に出社して再度4月3日より産休にはいったたとしましょう。

この場合、社会保険上は休業開始が4月3日からということになり、3月分の社会保険料免除が認められなくなります。
本、ルール上から産休をとったらその後は出社しない方がいいということになります。

なお、言いかえれば、月のほとんどを出社したとしても月末から産休に入れば、その月から免除が受けられるということになります。たとえば3月末までならいつから休みにはいっても3月分の社会保険料から免除になります。

 

社会保険料の節約を考えた時の復職のタイミング

復職する時の保険料免除については「復職日の翌日の前月」というちょっとわかりにくい表現になっています。
これは「会社を辞めるのは月末?月末の1日前?社会保険料負担で考える退職日」でも紹介した保険料算定のタイミングと同じですね。

たとえば、4月30日に復職した場合、その翌日5月1日の前月(4月)までが免除となります。その一方で4月29日に復職をした場合、その翌日4月30日の前月(3月)までが免除となるわけです。このように1日違うだけで社会保険料の免除月が大きく変わります。

家計負担的には数万円単位で変わってくることになるので、タイミングはしっかり考えたいですね。

産後休業については産後56日間が認められていますが、医師の診断書があれば42日後から復職が可能となります。早く戻るという場合は月末・月初がお勧めということになりますね。

 

以上、産休中の社会保険料免除の仕組みについて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP