おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

あなたの公的年金受給額はいくら?年金受給見込み額をネットで確認する方法(ねんきんネット)

2015/05/28最終更新   webサービス ライフプラン 老後

nenkin老後資金において大きな割合を占めることになるであろう公的年金。この年金は実際に自分いくらもらえるのかということを把握しておくのは大切です。昔はこれを調べるには年金事務所へ確認するなど結構面倒だったわけですが、ねんきん定期便、ねんきんネットのように確認が容易になっています。将来の老後資金の確認のためにもぜひ確認しましょう。

スポンサーリンク

ねんきん定期便、ねんきんネットとその読み方

ねんきん定期便は毎年送付される年金記録をハガキ、封書で知らせるもので年1回送付されます。
これまでの公的年金(国民年金、厚生年金)への加入期間や納付額、年金の見込み額などを知ることができます。
また、ねんきんネットというサービスもあり、こちらはインターネット上で年金加入記録等を随時照会することが可能です。

ちなみに確認できる内容は年齢によって異なります。大きく違うのは50歳未満の方の場合は、これまでの加入実績から受け取ることができる年金額が記載されているのに対して、50歳以上の方の場合には現在の状況で60歳まで年金保険料を納付した場合に受け取れる年金の見込額が記載されています。

ですから、まだ若い方がねんきん定期便、ねんきんネットで受給額を確認するとかなり少ない金額が記載されているので驚くかもしれませんが、それは今まで払った年金保険料に対して受け取れる金額であって、今後も年金保険料を支払うことで当然受け取れる金額は大きくなります。

一方の50歳以上の方は、老後設計のために今と同じ水準で保険料を支払った場合に受け取ることができる年金額が記載されています。今後仕事を辞めるなど収入環境が変化しない場合は、これをもとに老後の資金計画を立てることができます。

 

ねんきんネットの登録について

ねんきんネットは、年金情報のWebサービスです。標準では利用できず、利用者からのユーザー登録が必要です。登録すると年金の納付情報をリアルタイムに確認することができます。
また、Webサービスとして他サービスと連携させることもできます。

おすすめは「マネーフォワード」です。リンク先の記事でも説明していますが、年金情報を他の金融資産(銀行口座や証券口座の残高など)とリンクしてポートフォリオ表示もすることができます。
マネーフォワードについては「無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード」の記事で詳しく説明しているのでこちらもぜひご覧ください。

こうすることで老後資金としてもいくらくらい現時点で用意できているのか?ということが一目でわかります。ぜひ、ねんきんネットに登録しておきましょう。もちろん利用料などは一切無料です。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP