おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年10月10日

つみたてNISAにおすすめの証券会社のサービス内容や特典比較

2018年1月から始まる新しい、小額投資非課税制度が始まります。それが「つみたてNISA(積立NISA)」です。従来のNISAと同様に毎年の非課税投資枠の範囲内の利益(譲渡益)や分配金にかかる税金はゼロになりますが、年間の非課税枠、非課税期間、投資可能な商品に違いがあります。

そんなつみたてNISAを始めるにあたって、証券会社の選び方やサービス内容の違いや特典、特徴などを比較していきたいと思います。すでに一般NISA口座を開設している方もぜひご参考にいただければと思います。

今回は主要なネット証券におけるつみたてNISAのサービス内容や制度利用の特典などについてまとめていきます。

続きを読む

NISAの活用法 NISA口座に関するお役立ち情報 投資信託 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2017年10月3日

つみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCo)を徹底比較

2018年1月からスタートする積み立て投資(投資信託)への投資が20年非課税となる「つみたてNISA(積立NISA)」。長期の資産形成に役立つ運用方法となりそうです。

ただ、このつみたてNISAと同様に長期の資産形成(老後の資産形成)に役立つ同じように税制的なメリットが大きな積立運用手段には個人型確定拠出年金(iDeCo)があります。どちらも毎月積立をして数十年単位で投資の非課税メリットを享受できる商品になっていますが、どちらで運用するほうがお得なのでしょうか?

今回はそんな「つみたてNISA」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について両者を徹底比較していきます。

続きを読む

NISAの活用法 ライフプラン 個人型確定拠出年金(iDeCo) 所得税・住民税 株・投資の税金 節税・税金のライフハック 老後

2017年3月15日

おすすめの積立投資の比較。株、投資信託、外貨、純金、NISA、iDeCo

積立投資は一度にまとまった資金で株や投資信託などの投資商品を購入するのではなく、一定の期間ごと(多くは毎月)に一定の金額を拠出して積み立てていくという運用方法になります。

最近では500円、1000円といった小額からの積み立てもできるようになっておりハードルは下がりました。また、積み立ての方法も普通に証券会社で買うといった方法以外に、NISA(小額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)といった制度もあります。

今回はこれから少し投資というものを始めてみようかなと考えている方向けに、積み立て投資というものがどんなものなのかを比較を通じてわかりやすく解説していきたいと思います。

続きを読む

コモディティ投資 外為投資 投資信託 株式投資 資産運用のライフハック

2016年12月5日

つみたてNISAが2018年スタート。積立NISAのメリット、デメリット。一般NISAとの比較

2018年1月から少額投資非課税制度(NISA)に3番目の制度が加わります。それがつみたてNISAと呼ばれるものです。非課税の限度額が年40万円と一般NISAの1/3ですが、非課税期間が20年(一般NISAは5年)と4倍の期間非課税で運用することができます。

NISA(小額投資非課税制度)はこのつみたてNISAが加わることで3種類のNISAが存在することになります。未成年向けのジュニアNISAを別とすると、20歳以上の方は「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらかを選択する必要があります。

今回はそんな、つみたてNISAの基本的な特徴やメリット、デメリット。一般NISAと積立NISAはどちらを選ぶべきかについての比較をしていきます。

続きを読む

NISAの活用法 NISA口座に関するお役立ち情報 株・投資の税金 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方

2016年11月27日

NISAの枠が余っている人の使い切るための方法や年末の注意点

nenmatsu年末が近づいてきたタイミングで考えたいことの一つがNISAの枠。NISA(少額投資非課税制度)は毎年1月~12月までの間に120万円の非課税投資枠が与えられる制度です。この非課税枠は年を超えて繰り越すことができないので、原則的に1年間の間に使い切る必要があります。

期限は12月末まで。お得な枠が残っているなら使い切ってしまいたい……と考える人も多いかと思いますが、駆け込みで無計画に投資商品を購入するのはおすすめできません。今回は年末に悩む方もいるかもしれないNISAの枠が当たっている人の枠の使い切りについての方法や注意点を紹介します。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報 証券会社の選び方

2016年8月29日

10分でわかるNISAの仕組みと活用方法。NISAとは何か?

nisaNISA(ニーサ)とは画像の通り、Nippon Individual Saving Accountの略です。直訳すると日本個人貯蓄口座になりますが、「少額投資非課税口座」と呼ばれる投資優遇制度です。

もともとはイギリスにあるISA制度を日本に輸入したもので、年間100万円(2016年からは120万円)までの投資に対する売買益や配当益などの税金を非課税とする制度です。20歳以上の方ならだれでも利用でき、未成年の方には少し制度が違うジュニアNISAという制度があります。

今回はそんなNISAについて、10分程度の短時間でその内容や要点を理解できるまとめ情報として記事にしてみました。

続きを読む

NISAの活用法 NISA口座に関するお役立ち情報 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2016年8月6日

NISAが満期になったら預けている株や投資信託はどうなる?

track-finish-1442273NISA(少額投資非課税制度)は投資から5年間の間は売買益や配当金(株)や収益分配金(投資信託)などが非課税となる優遇税制です。ただ、非課税期間は投資から5年間(5年目の年末まで)と決められています。たとえば、NISA口座内で2014年1月に株を購入した場合、5年後の2018年12月末で非課税期間が終了となります。

満期(非課税期間終了)となった株や投資信託はどうなってしまうのでしょうか?今回はそんなNISA口座の満期(非課税期間終了)における株や投資信託の取り扱いについて説明していきます。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報 投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2016年1月18日

ジュニアNISA利用前に知っておきたい暦年贈与の仕組みと贈与の注意点

tax-paper2016年4月スタートのジュニアNISA。最近では祖父母から孫世代への資金移動のための様々な税制上の優遇策が取られています。今回のジュニアNISAについても同じように相続税対策として考えているかたも多いかもしれません。
今回はそんなジュニアNISAと相続税対策・暦年贈与の仕組みや実際に相続税対策として利用する時の注意点について説明していきます。

続きを読む

株・投資の税金 節税・税金のライフハック 贈与税・相続税

2015年10月22日

NISA口座を銀行に作るのをおすすめできない2つの理由

nisa株式投資や投資信託などの投資の税金が非課税になる制度、NISA(少額投資非課税制度)。制度が始まって時間もたってきたことで、利用者が増加傾向にあるようです。NISAの口座を作るには銀行または証券会社に専用の口座を開設する必要があります。銀行と証券会社のどっちでもいいなら、普段から取引がある銀行でNISA口座と考える人も多いかもしれませんが、銀行でのNISA口座の開設はまったくおすすめすることができません。今回は、NISA口座開設先として銀行がダメな理由を説明していきます。

続きを読む

資産運用のライフハック 銀行のライフハック

2015年7月27日

学資保険とジュニアNISAの比較。どちらで教育資金を貯めるべき?

comparison2016年4月より利用が可能になるジュニアNISA。子供の教育資金を非課税運用で増やしていけるという税制面で有利な制度です。それに対して、子供の教育資金を貯めるという金融商品で人気の商品にはすでに「学資保険(こども保険)」というものが存在します。
今回は新制度であるジュニアNISAと学資保険とをそれぞれのメリット、デメリットを比較しながら、どちらで子供の学費・教育資金を貯めていくべきなのかを分析していきたいと思います。

続きを読む

学資保険 教育費 株・投資の税金 株式投資

1 / 712345...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP