おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ゆうちょ銀行の投資信託、NISAやiDeCoをゆうちょで買うのはアリかナシか

2018/02/21最終更新   投資信託 銀行の口座開設

多くの方に身近な金融機関である、ゆうちょ銀行。最近では、ゆうちょ銀行内で投資信託などに関するパンフレット、場合によってはセミナーなども開催しているケースがあるようです。

また、iDeCo(イデコ)やNISA、つみたてNISAに関してもゆうちょ銀行内で取り扱いを行っており、ゆうちょ銀行も投資信託には力を入れていくようです。

今回はそんなゆうちょ銀行で投資信託投資、NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)を始めるメリット、デメリットを紹介していきます。

ちなみにアイキャッチのキャラは、ゆうちょの投資信託キャラクター「ますますくん」です。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行における投資信託への投資、窓口購入はNG

ゆうちょ銀行では投資信託を購入することができます。

ゆうちょ銀行に限ったことではありませんが、マイナス金利政策によって日本の金利水準は大きく下がっており、銀行も収益を上げるために、いわゆる金利ビジネスではなく、投資信託の販売などの“手数料ビジネス”にも力を入れています。

それ自体は悪いことではありませんが、実際にゆうちょ銀行の取り扱い投資信託を見てみると少し残念なことがわかります。

以下は、ゆうちょ銀行の公式ホームページ内で紹介されている、販売金額ランキング(2018年1月)です。

ファンド名
販売手数料
信託報酬
スマート・ファイブ(毎月決算型)
【愛称:なし】
2.16% 1.08%
リスク抑制世界8資産バランスファンド
【愛称:しあわせの一歩】
1.08% 0.7452%
JP4資産バランスファンド(安定成長コース)
【愛称:ゆうバランス 安定成長コース】
1.08% 0.4968%
JP4資産バランスファンド(成長コース)
【愛称:ゆうバランス 成長コース】
1.08% 0.4968%
ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)
【愛称:なし】
2.7% 1.6416%
JP4資産バランスファンド(安定コース)
【愛称:ゆうバランス 安定コース】
1.08% 0.4968%
HSBCワールド・セレクション(安定成長コース)
【愛称:ゆめラップ安定成長】
1.62% 1.2204%
東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)
【愛称:円奏会】
1.62% 0.9072%
新光日本小型株ファンド
【愛称:風物語】
3.24% 1.728%
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)
【愛称:なし】
3.24% 1.188%

買ってはいけないファンドの見本市みたいな状況です。

ちなみに、こうしたランキングは“投信の営業マンがファンドを売りやすくするためのツール”です。ランキング上位がいいファンドとは限らないのでご注意ください。

投資信託の売れ筋、おすすめ、人気ランキングを信用してはいけない理由
2017-10-20 06:19
みんな大好きランキング情報。新製品を買うときも、商品を選ぶときも売れ筋ランキングという情報は参考にしますよね。やっぱり、みんながいいと思うもの、みんなが買っているものはいいものだと
リンク

 

非効率は毎月分配型、隔月分配型が多数ランクイン

最近では毎月分配型ファンドの非効率性などが多く知られるようになってきて、純資産を大幅に減少させている中で、上位10ファンドの4ファンドが毎月分配型、4ファンドが隔月分配型です。

資産運用に毎月分配型投資信託が不適切な理由。毎月分配型は買ってはいけない
2012-08-08 18:21
最近は若い方でも投資をして自らの老後資産をはじめとした資金を運用されている方も多いようです。ただ、銀行や証券会社の窓口に行って、何かいい投資信託はありませんか?と聞くと大抵勧められ
リンク

また、いずれも販売手数料並びに信託報酬は高めです。というか、今の投資信託の主流はノーロード(販売手数料無料)です。

 

株式型ファンドも高コストな、なぜそれ売る?というファンド

たとえば、日本の小型株に投資をするという“新光日本小型株ファンド【愛称:風物語】”は販売手数料3.24%で信託報酬(年間の管理費)は1.728%もかかります。

同じようにファンドオブザイヤー2017年で多くの投資家に支持された“ひふみ投信”は販売手数料は無料で信託報酬も0.98%です。圧倒的なコスト差があります。

ひふみ投信の評判とメリット、デメリット。ひふみ投信、ひふみプラスはどこで買うのがお得?
2018-01-13 18:08
ひふみ投信という投資信託が人気です。ひふみ投信はレオス・キャピタルワークスが運用してる投資信託です。株価指数等に連動するインデックスファンドではなく、ファンドマネージャーが独自の分
リンク

 

ただ、ネット専用販売商品には悪くないものもある

その一方で、ネット専用販売商品(ゆうちょダイレクトでのみ購入可能な投資信託)に関しては悪くない投資信託もあるんです。

たとえば、ネットであればeMAXIS(TOPIX)のような国内株に投資をするファンドがあり、販売手数料無料、信託報酬も0.36%です。

そんなファンドがあるのに、リアル(店頭)では同じニーズのお客様に対しては大和 ストック インデックス 225 ファンド(販売手数料:2.16%、信託報酬:0.52%)を売るわけです。

投資信託はどこで買うのがおすすめ?銀行・証券会社・ネットバンク・ネット証券を比較
2013-01-28 16:52
投資信託への投資において一番注意したいのは手数料です。投資信託が同じならどこで買っても一緒。と思っている方が多いようですが、実は販売会社(銀行や証券会社など)によって同じ投資信託で
リンク

 

ゆうちょ銀行のiDeCo(イデコ)とNISA・つみたてNISA

ゆうちょ銀行の投資信託に絡めて、iDeCo(個人型確定拠出年金)とNISA・つみたてNISAについても説明しましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、老後の年金資産を投資信託等で運用するという節税口座です。掛金が全額非課税になる、投信の運用益が非課税といった税制上のメリットが大きな制度です。

一方のNISA・つみたてNISAは小額投資が非課税となる制度です。NISAは株や投資信託、つみたてNISAは投資信託のを使って投資をすることができ、運用益が非課税となります。

 

ゆうちょ銀行のiDeCo(イデコ)

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のメリット・デメリット
2013-05-20 00:03
確定拠出年金というのは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金です。確定拠出年金は企業型と個人型があり、今回はその中でも自営業者やサラリーマン、公務員、主婦などが任意で加入す
リンク

iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座は一人一口座となります。複数の金融機関(運営管理機関)で積み立てることはできません。その金融機関選びにおいて重要な要素は二つです。

  1. 手数料
  2. 取り扱い投資信託の種類とコスト

です。ゆうちょ銀行の場合、金融機関によって差がある運営管理機関手数料は月額255円となっています。これは……高いです。正直言ってこの時点においてゆうちょ銀行で個人型確定拠出年金はするべきではありません。

この運営管理機関手数料については、今は無料とする金融機関も少なくない状況です。実際に扱っている投信自体もコストが高いので、おすすめしません。iDeCo口座を検討しているなら以下の記事で比較していますので参考にしてください。

iDeCoのおすすめ証券会社を徹底比較。イデコは手数料と商品で比較
2016-09-12 23:13
2017年1月より利用可能な範囲も広がる個人型確定拠出年金(iDeCo)。制度自体は節税メリットなどが強い制度ですが、正直言って利用できる証券会社といえばSBI証券だけという状況で
リンク

 

ゆうちょ銀行のNISA・つみたてNISA

つみたてNISAが2018年スタート。積立NISAのメリット、デメリット。一般NISAとの比較
2016-12-05 22:53
2018年1月から少額投資非課税制度(NISA)に3番目の制度が加わります。それがつみたてNISAと呼ばれるものです。非課税の限度額が年40万円と一般NISAの1/3ですが、非課税
リンク

ゆうちょ銀行もNISA、つみたてNISAの両方に対応しています。通常のNISAに関しては正直言って株式投資ができないゆうちょ銀行に口座開設する意味はなく、それなら証券会社に口座を作るべきです。

証券会社のNISA口座の選び方・比較
2013-10-03 15:53
2014年からスタートした少額投資非課税制度(NISA)。NISAを利用するには証券会社が銀行にNISA口座を開設する必要があります。ところがNISA口座は一人1口座までと決められ
リンク

 

一方でつみたてNISAの場合は投資信託の毎月積み立てとなります。つみたてNISAに関しては、対象となる投資信託が金融庁によって厳選されており、既存のゆうちょ銀行の取扱ファンドの多くが条件を満たさないため(笑)、あたらしく、つみたてNISA専用ファンドとして導入しています。

普通にこのファンドを窓口(ネット)でも売れば、といいたくなりますが、そうすると店頭での手数料収入に響くので“つみたてNISA専用ファンド”として導入したんでしょうね……。

つみたてNISAのファンドについては決して悪くはないと思います。

つみたてNISAにおすすめの証券会社のサービス内容や特典比較
2017-10-10 14:38
2018年1月から始まる新しい、小額投資非課税制度が始まります。それが「つみたてNISA(積立NISA)」です。従来のNISAと同様に毎年の非課税投資枠の範囲内の利益(譲渡益)や分
リンク

 

ゆうちょ銀行の投資信託についてまとめてみました

全体的にゆうちょ銀行に対して批判的な内容になっていますが、その通りです。

特に、窓口がひどいです。どうしても毎月分配型ファンドを売ってやるし、ちょっと知恵をつけてインデックスファンドを買いたいという人には手数料が超割高なものを売ってやるという強い意志を感じます。

ゆうちょ銀行の唯一の良心(?)だったノーロードのインデックスファンドであるeMAXISシリーズについても、つみたてNISAの開始に伴い終売です。

民営化されたとは言え、多くの人(特に高齢者)にとって身近な金融機関であるゆうちょ銀行だからこそ、国民の金融リテラシーを高めるためにもしっかりとしてほしいところです。現在のところは金融リテラシーの低い層をカモにしている金融機関という印象しかないです。

 

投資信託を買うなら、ゆうちょ銀行はまずお勧めできません。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP