タカシマヤカードでの投資信託購入でポイント還元開始!

大手百貨店の高島屋(タカシマヤ)で金融サービスが始まりました。高島屋の子会社の高島屋ファイナンシャル・パートナーズ(以下。高島屋FP)がSBI証券と業務提携をする形で投資信託の仲介サービスが始まります。

私たち個人投資家への特典としては、同社のタカシマヤカード(クレジットカード)と連携させることで投資信託の積立投資に応じてタカシマヤポイントが還元されるという形になります。

証券口座自体はSBI証券の口座を開設する形になり、ネット取引を行うインターネットコースと、高島屋内にある「タカシマヤ ファイナンシャル カウンター」を通じて取引を行うお店で相談コース(IFAコース)の二つから選択することができます。

手数料的にはお店で相談できるコースの方が高いので、自分で投資判断ができるならインターネットコースの方がおすすめです。

>>高島屋FPを通じたSBI証券の口座開設はこちら

スポンサーリンク

タカシマヤカードでのポイント還元が最大の魅力

SBI証券を使うなら、あえて高島屋FPを経由することなく、直でSBI証券に口座を作ればいいじゃない……という事にもなるわけですが、高島屋FPを経由する投資信託の強みとしては、タカシマヤカード(同社のクレジットカード)を通じて積立投資をすることでポイント還元が得られる点にあります。

毎月の積立額に対して以下のポイント還元となります。

  • 1年目~ 積立金額の0.1%
  • 3年目~ 積立金額の0.2%
  • 5年目~ 積立金額の0.3%

還元率としてはやや低いですが、普通の積立投資をするよりはすこし有利という感じですね。

例)毎月3万円を 1年間積み立てた場合・・・
1年目~ 3万円×0.1%×12カ月=360ポイント
3年目~ 3万円×0.2%×12カ月=720ポイント
5年目~ 3万円×0.3%×12カ月=1,080ポイント

上限は他社同様に月5万円までです。これは金融商品取引業等に関する内閣府令148条2号による制約があるためです。

 

投資信託の保有による投信マイレージとも併用可能

タカシマヤカードによる投信積立は高島屋FPによるサービスですが、投資自体はSBI証券のシステム内で行われます。

そのため、SBI証券が提供する投資信託の保有残高によるポイント還元サービス『投信マイレージ』を利用できます。

  • 月の平均保有額が1,000万円以上 → 月間平均保有額×0.2%(年率)
  • 月の平均保有額が1,000万円未満 → 月間平均保有額×0.1%(年率)

※ローコストインデックスファンドについては上記の還元率ではなく一律0.05%の還元となります。

なお、投信マイレージによるポイント還元は共通ポイントの「Tポイント」で還元されます。

ちなみに、楽天証券についても同様に投資信託の保有残高に応じたポイント還元を行っております。残高10万円ごとに毎月4ポイントとなっており、還元レートを年率換算すると0.048%となります。

 

他社との比較をしてみよう。クレカで投信を買える証券会社

同じくクレジットカードで積立投資ができる証券会社×クレジットカードは以下の組み合わせとなります。

  • SBI証券(高島屋FP)×タカシマヤカード
  • 楽天証券×楽天カード
  • tsumi証券×エポスカード

スペック的には他社と比較するとやや微妙な感じですね。

この中で比較するなら圧倒的にハイスペなのは楽天証券×楽天カードの組み合わせになります。買付時のポイント還元が1%と圧倒的で保有ポイントもあります。

tsumiki×エポスカードについては通常還元率は低いですが年間買上額に含まれて50万円超で2500ポイント、100万円超で1万ポイントのボーナスが貰えます。エポスカードユーザーならtsumiki証券と併用してお買い物をすればポイント還元率を大幅UPできるという特典があります。ただ、投資できる投信の種類が少ないのはネックです。

証券会社 購入ポイント 保有ポイント 投資可能な投信
SBI証券×タカシマヤカード(高島屋FP) 0.1%~0.3% 最大0.2%
※低コストファンドは0.05%
数千種類
楽天証券×楽天カード 1% 0.048% 数千種類
tsumiki証券×エポスカード 0.1%~0.5%
※エポスゴールドなら年間投資額に加算。最大で実質1.5%還元
なし 4種類

こうした中で高島屋FPを通じた投資信託のポイント還元は少し特徴が薄い感じはします。

 

髙島屋FPの口座開設のやり方

口座開設自体は簡単です。普通のネット証券に口座開設するのと同じです。

オンラインによる口座開設が可能なので手間もかかりません。

  • 本人確認書類(運転免許証)
  • 個人番号通知カード

または、顔写真付きのマイナンバーカードをお持ちの方はこれ1枚でOKです。これらをスマホ等で写真を撮影してその写真をアップロードする形にすればオンラインで口座開設が完了します。

>>高島屋FPを通じたSBI証券の口座開設はこちら

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP