おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2015年6月2日

老後破産に陥らない為のマネープランの立て方。大切なのは住宅ローンと教育費

elder老後破産というのは、老後における生活水準が生活保護以下の水準にしかない状況の高齢者と言われています。この老後破産については、事件や事故などの要因でそうなってしまうケースもありますが、その一方で「本来なら避けることができた事例」というもの多いようです。

その中でも大きなものとして考えられるのが「マネープラン、ライフプランの甘い見通し」が挙げられます。そのプランの駄表的なものに「住宅ローン」と「子供の教育費」の二つが挙げられます。今回は将来老後破産への道を歩まなくて良いためのマネープラン、ライプランの立て方、考え方を紹介していきます。

続きを読む

老後

2014年10月21日

401kのマッチング拠出とは何か?デメリットは?

add企業が掛け金を出し、従業員が運用を決める企業型確定拠出年金制度。2001年に日本に導入され、2014年3月時点で18000社、464万人の労働者が同年金の加入者となっています。
企業型確定拠出年金におけるマッチング拠出とは企業が出す掛け金とは別に、労働者自身が掛け金を上乗せすることが出来る制度です。2014年10月には掛け金の上限などが拡充されました。マッチング拠出は果たして積極的に利用すべきなのでしょうか?それとも使うべきではないのでしょうか?

続きを読む

401K・確定拠出年金 ライフプラン 保険のライフハック 公的保険・年金 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 老後 資産運用のライフハック

2013年7月18日

大手ネット証券のスマホ株アプリを比較

smartphoneスマートフォン利用者が増えており、ネット証券でもスマホ対応が進んでいます。各ネット証券では株取引や情報収集用のスマホ株アプリをリリースしており、顧客投資家向けに提供しています。

スマホのような狭い画面は多くの情報を集めるのには適していませんが、それでも画面上でリアルタイムの相場情報を確認することが出来たり、発注ができるのは大きな強みがあるといえるでしょう。

今回はこの大手ネット証券のスマホ株アプリについて、それぞれのアプリでできる取引や入手できる情報などをまとめていきます。

続きを読む

webサービス スマホアプリの活用術 株式投資 資産運用のライフハック

2013年6月13日

2014年、2016年の証券投資の税制変更と節税法のまとめ

2014tax2013年3月末に成立した税制改正によって2014年以降および2016年以降で証券投資(株式投資、投資信託、債券)などへの税制が大きく変わります。
ここでは、2014年と2016年におけるそれぞれの証券税制変更点のまとめ、株や債券、投資信託などの各証券に投資をしている投資家の方がこの税制改正を踏まえてどのように動くべきなのか、どんな行動をすることで節税できるかをまとめていきたいと思います。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 債券投資 外為投資 投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック

2013年5月20日

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のメリット・デメリット

pension確定拠出年金というのは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金です。確定拠出年金は企業型と個人型があり、今回はその中でも自営業者やサラリーマン、公務員、主婦などが任意で加入することが出来る個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo・イデコ)についてまとめていきたいと思います。

個人型確定拠出年金は税制面で非常に厚遇されており、長期の資産運用手段として一考に価すべき商品です。

近年では多くのマネー誌などでも取り上げられて個人型確定拠出年金・イデコの存在を知った方も多いと思います。上手に活用して、節税しながら老後の資産作りに役立てましょう。

続きを読む

401K・確定拠出年金 ライフプラン 保険のライフハック 公的保険・年金 所得税・住民税 投資信託 株・投資の税金 節税・税金のライフハック 老後 資産運用のライフハック

2013年4月24日

月々100円、1000円以下の小額から始められる積立投資、小額投資のススメ

Savings最近では株高などを背景に株式投資や投資信託への投資を始めたいと考えている人も多いのではないでしょうか?でも一度にたくさんのお金を投資するのは怖い、値下がりが怖いという人にお薦めなのが「積立投資」です。

毎月定期的に購入(投資)することでドルコスト平均法による時間分散が可能になるからです。今回は月々100円以下、1000円以下の少額からでも始められる積立投資を紹介していきます。

続きを読む

投資信託 資産運用のライフハック

2013年4月2日

教育資金の贈与が非課税となる教育資金贈与信託のメリット、デメリット

gakko2013年3月29日、孫への教育資金贈与を非課税とする税制改正案が可決、成立しました。これに伴い、祖父母が孫1人あたり1500万円まで教育資金として2015年末までに金融機関に預ける場合、贈与税が非課税となります。これを受けて各信託銀行では、教育資金贈与信託というサービスをスタートしています

相続税の増税が控えている中で利用者は増加、2014年9月末時点での契約件数は約89000件にも上るそうです。

続きを読む

ライフプラン 教育費 節税・税金のライフハック 銀行のライフハック

2013年2月8日

子供のための学資保険の選び方とメリット、デメリット。今、学資保険をお勧めしない理由

子供の教育資金のため、また将来のためということで「学資保険(こども保険)」の利用を検討している方は多いのではないでしょうか。

子どもを一人育て上げるには数千万単位のお金が必要になるとも言われており、特に大学入学時期の資金はある程度はやい段階から考える必要があります。そうした教育資金の積立としてよく利用されるのが学資保険です。

その一方で、『子どもの教育費=学資保険』と飛びついてしまう前に、学資保険の選び方やそのメリット、デメリットを把握しておく必要があります。結論的に言えば、2018年現在の超低金利下では学資保険という選択はあまりお勧めできる状況ではありません。 続きを読む

保険のライフハック 学資保険 生命保険

2013年2月4日

2013年末で終了の証券優遇税制の打ち切りで備えるべきこと

2013年までで証券優遇税制(株式譲渡益・配当金・投資信託売却益・投資信託分配金に対する税率が一律10%)が終了となります。2014年からは本来の税率である、一律20%に戻ることになります。今回はそれを踏まえたうえで、2013年中にどのような投資行動をとるべきなのかをまとめていきます。

なお、証券優遇税制の終了に伴い少額投資が非課税となる制度として「NISA(日本版ISA/少額投資非課税制度)」が開始されました。こちらは年間100万円(後に120万円まで拡大)までの投資による売買益や配当金(投信の収益分配金を含む)が非課税になる制度です。

続きを読む

投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 資産運用のライフハック

2013年1月28日

投資信託はどこで買うのがおすすめ?銀行・証券会社・ネットバンク・ネット証券を比較

投資信託への投資において一番注意したいのは手数料です。投資信託が同じならどこで買っても一緒。と思っている方が多いようですが、実は販売会社(銀行や証券会社など)によって同じ投資信託でも手数料(販売手数料)が違っています

今回は、投資信託を買うとき、どこで買うのが一番お勧めなのかをまとめていきます。

最初に行っておくと、銀行や証券会社の窓口で買うのは絶対にNG。投資信託を買うならネット証券に口座を作って買うようにしましょう。

続きを読む

投資信託 資産運用のライフハック 銀行の手数料節約

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP

:)