おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年2月23日

認可保育園の保育料の決まり方や計算の仕組み。保育料を安くする方法。

専業主婦が一般的だった時代はとっくに終わっており、現在は夫婦共働きが一般的となっています。ただ、小さな子供がいる場合、仕事をしている時間に子どもを保育園に預けるという方も多いかと思います。

今回はそんな保育園の保育料について紹介して以下行きます。保育園の保育料は家族の収入によって変わってくることになるという事はご存知の方も多いかと思います。昔は保育料の計算基準は所得税によるものでしたが、現在は市区町村民税(住民税)に変更されました。

そんな保育園の保育料の決まり方や計算する方法や仕組みの他、保育料を安く節約することができる方法についても紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン 妊娠・出産・育児とお金

2017年1月16日

副業の名義の問題とリスク。妻や夫、両親名義で副業するのは問題か?

meigi最近では、インターネットなどを通じて副業をすることができるようになっています。こうした副業をするときには「名義」を自分自身ではなく、妻や夫、両親といった自分以外の別の人の名義で副業をする(収入を得る)ことを考えている人もいるかもしれません。

大きな理由としては「副業禁止の会社で働いている方」や「所得税や住民税などの税負担を小さくするため」といった理由で副業名義の変更を考えている方が多いかもしれません。

今回はそんな副業の名義を変えるときのメリット、デメリットや問題点などを紹介していきます。

続きを読む

仕事術 副業で収入アップ

2017年1月15日

収入源を複数持ち分散させる重要性と増やすための2つの方法

bunsan投資格言の一つに「卵を一つのカゴに盛ってはならない」というものがあります。これは資産を一つのものに投資をしているとカゴを落とした時にすべての卵が割れてしまう(資産を失ってしまう)という意味で、リスク分散の重要性を示した格言です。

こうしたリスクを分散するということは資産運用だけでなく、収入面でも同じことが言えると思います。多くの方は給与などの形で一か所からの収入がすべて、あるいは大半を占めていることでしょう。今回はそんな人が収入源を複数持ち、分散させる重要性や副業・兼業についての考え方などを紹介していきます。

続きを読む

仕事術 副業で収入アップ

2016年12月20日

年収1000万円の生活と税金。1000万円でも生活が苦しい理由と対策

income年収1000万円というと高収入の壁を超えたと感じる方も多いのではないでしょうか?実際に年収1000万円を稼ぐ人の割合は男女合計なら3.1%、男性だけでも4.9%となります。男性だけでみても上位5%という事になります※。

さて、そんな高収入の代名詞でもある年収1000万円という人の生活と税金を今回は取り上げてみたいと思います。年収1000万円の世帯の税金や社会保険料や手取りの他、1000万円くらいが実は生活が苦しいという人が多い理由などを分析していきます。

※平成26年民間給与実態統計調査

続きを読む

お金に関する疑問解決 お金の雑学 仕事術 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 給料・ボーナスの活用術

2016年12月19日

株の配当金の税金は確定申告をした方がお得?申告のメリット、デメリット

tax株式投資において、投資先の企業から配当金が出ることがあります。この配当金は基本的に20%(20.315%)が源泉徴収された形で銀行や証券会社の指定口座に振り込まれたり、配当金受領証を受け取り郵便局で受け取ります。

この時の源泉徴収で配当金に対する課税関係は終了となります。ただし、確定申告をすることで配当控除の適用が受けられたり、株や投資信託の損失がある場合には損益通算ができたりするケースがあります。

今回は配当金を受け取った人向けの確定申告のメリット、デメリット、注意点などを紹介していきます。

続きを読む

株・投資の税金 節税・税金のライフハック

2016年12月18日

WAONで公共料金や税金を払ってJALマイルやWAON POINTを貯める方法

waon2016年2月よりミニストップで電子マネーのWAONを使った公共料金や税金などの収納代行(コンビニ払い)の支払いが可能となりました。公共料金や自動車税、住民税、国民健康保険料、国民年金保険料などがWAON払いできるようになるわけです。

こうした料金の支払いは通常のWAONポイントは貯まりません。なので普通に考えたら得も損もありません。ところがWAONという電子マネーは「チャージする時にもポイントが貯まる仕組み」があります。これを上手に活用すれば、税金や公共料金の支払いで本来は貯めることができないポイントを貯めることができるようになります。

続きを読む

クレジットカードのライフハック ポイントサービス 節約術 航空マイレージ 電子マネーの活用術

2016年12月7日

2018年から配偶者控除の年収要件が150万円までに改正。得する人と損する人、働き方への影響

tax一時は配偶者控除の廃止(夫婦控除の新設)についても議論がされていましたが、結果として配偶者控除が適用される金額が拡大される形で一応の決着を迎えることになりました。

配偶者(専業主婦・パート主婦)の給与収入が150万円になるまでは38万円の配偶者控除が適用されるようになる一方で、配偶者控除が適用される主な稼ぎ手の年収によっては控除額が縮小するという形になっています。今回はそんな税制改正における配偶者控除の見直しの内容についてまとめたいと思います。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 仕事術 働くうえでの法律・税務知識 所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2016年10月30日

共働き夫婦で失敗しやすい3つのお金の管理方法

tomobataraki共働きの夫婦・家庭の割合はすでに専業主婦世帯を大幅に超えて約2倍という比率になっています。そうした共働き世帯はいわゆるダブルインカム(二重の収入)となりますが、その収入をめぐってのお金の管理(家計管理)は難しくなります。今回はそんな共働き夫婦・世帯における効率的なお金の管理方法やトラブルを起こさないためのリスク管理も紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン 仕事術 結婚・離婚

2016年9月27日

お給料における交通費(通勤交通費)の仕組みと年収や税金との関係

train-1450658お給料をもらうときの「手当」として代表的な交通費(通勤交通費)。公共交通機関やマイカー通勤をしている方などでこのような通勤交通費を支給してもらっているという方も多いのではないでしょうか。この通勤交通費は一定の範囲であれば所得税や住民税においては非課税となります。

一方で社会保険料などの計算上は収入としてカウントされるなど少しわかりにくくなっています。今回はそんなお給料やバイト代、パート代などと一緒にもらえることが多い交通費についてそのルールから年収との関係、税金や社会保険料への影響についてまとめてきます。

続きを読む

交通費の節約術 仕事術 節約術 給料・ボーナスの活用術

2016年9月22日

所得税・住民税における所得控除と税額控除の違いは何か?

tax所得税や住民税という税制は私たちの所得(1年間の収入から経費を差し引いたもの)に対してかかる税金となっています。この所得税や住民税においては、その減税手段として「所得控除」や「税額控除」といった仕組みが用意されている場合があります。

たとえば、人気のふるさと納税や個人型確定拠出年金は実施することで「所得控除」によって税金が安くなります。住宅ローンを組んでいる人で一定の条件を満たせば住宅ローン減税(控除)が利用できますがこちらは「税額控除」となります。

今回はそんな税制における所得控除と税額控除の仕組みやそれぞれの違いをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2 / 512345

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP