おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年3月4日

産休中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になる。免除はいつから?申請方法は?

働く女性が妊娠をすると、出産の前後で産休を取ることができます。この産休中は多くの会社において働いていないので、無給という扱いになります。ただし、当該期間中の休職分については健康保険(協会けんぽや加入している健康保険組合)から出産手当金が支給されます。

さらに、これだけではなく、平成26年4月(2014年4月)より産前産後の社会保険料免除制度が開始されています。これによって産前産後休業中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になります。もちろん、保険料は払ったことになっているので保険や年金が切れているということにはなりません。

従業員にとっても会社にとっても魅力的な制度なので、産休で会社を休む時はかならず申請しましょう。

続きを読む

ライフプラン 仕事術 働くうえでの法律・税務知識 妊娠・出産・育児とお金

2017年1月30日

会社を辞めるのは月末?月末の1日前?社会保険料負担で考える退職日

働いてきた会社を退職するというのは人生のライフイベントの一つです。理由は様々かと思いますが、退職日をいつにするか?というのは1日違うだけで社会保険料(健康保険料+年金保険料)の負担が大きく変わることになります。

退職日を決めるというときはキリよく月末とする方も多いかもしれませんが、そうしないほうがお得なケースもあります。

今回はそんな社会保険と退職日の関係と損得についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

仕事術 就職活動・転職活動 退職・転職

2016年11月24日

社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2014年5月2日

新社会人が知っておきたい社会保険と社会保険料の基本

statement新社会人の方も初給料をもらったことかと思います。その給料の控除項目の中に「社会保険料」という控除項目があって何万円ものお金が差し引かれていることに気付いた方も多いかと思います。
今回はこの社会保険料とは一体どんなもので、なぜ給料から差し引かれるのか?そもそもどんな費用なのか?こうした謎を解説していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2011年6月1日

社会保険料(健康保険料・年金保険料)の計算方法と保険料を節約する方法

社会保険料というのは「健康保険料」+「公的年金保険料(厚生年金保険料)」です。サラリーマンとして働く場合や、一定以上の長時間労働をするアルバイトの場合、勤務先の社会保険に加入することが多いかと思います。

社会保険に加入すると毎月数万円単位でお給料から天引きされれてしまうので、すごくもったいないお金のように感じてしまいます……。

これは働いてもらう側(会社)にとっても同じで、社会保険料は半額を会社が負担しているので社員やアルバイト、パートの社会保険料は非常に重しとなっています。今回はそんな社会保険料の基本的な仕組みとそれを合法的に節約する方法をまとめていきます。

 

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2017年11月16日

年商と年収の違い。年商1億円はすごくない?年収1億はスゴイ!

年商1億円、年商10億円、テレビや雑誌、書籍などでビジネスや商売を紹介するときによく使われる表現です。なんでかっていうと、やっぱり響きがいいからでしょうね。

億越えというのは、やっぱり途方もない金額という感じがしますからね。ただ、年商と年収の違いをはっきりと知っておくというのは重要です。

続きを読む

お金に関する疑問解決 お金の雑学

2017年11月15日

平成30年の年末調整で書く源泉控除対象配偶者とは何か?書き方はどうする?

2017年の年末調整のタイミングで勤務先から渡される来年(平成30年以降)の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の項目が変わりました。あたらしく“源泉控除対象配偶者”という項目が登場しています。従来までは“控除対象配偶者”でした。

この二つの違いと、年末調整資料への書き方はどうしたらいいのかを紹介してきます。

続きを読む

仕事術 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 給料・ボーナスの活用術

2017年11月14日

給与所得控除の見直し。サラリーマンは大増税になる可能性

2017年11月現在においてサラリーマンの給与所得控除の見直しが審議されています。実現すれば、日本の納税者の中でも大部分を占めているサラリーマンにとっては大幅な増税となる可能性があります。

報道では高所得者に対する増税という雰囲気が出ておりますが、発表内容を見る限り収入がさほど多くないサラリーマンにとっても増税となる可能性が大です。

実際に税制調査会に出されている資料を読む限り、普通のサラリーマンも確実に標的になっていると思われます。今回はそんな資料を基に、給与所得控除の見直しが行われたらどうなるのか?ということを見ていきたいと思います。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2017年10月26日

個人住民税の均等割、所得割とは何か?それぞれの違いと住民税の仕組み、節税するコツ

住民税という税金は、お住いの自治体に対して支払う税金です。会社で働いている方なら、特別徴収といってお給料から毎月天引きされているかと思います。そうでない方や自営業の方などは自治体から納付書が届き、原則年4回(6月、8月、10月、1月)に納税しているかと思います。

この住民税は「所得割」と「均等割」という二つの計算によって税額が決まっています。今回はそんな個人に対する住民税(個人住民税)のうち、所得割や均等割の仕組みと違いや個人住民税を節税する方法について分かりやすくまとめていきたい思います。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2017年10月16日

お金の常識と勉強、マネーリテラシーを磨くべき労働、税金、借金、貯金、保険の基本

お金について勉強するという話だとよく、「投資の勉強」が挙げられることが多いです。ただ、お金のことについて勉強するという場合、「投資」よりも先に知っておくべきマネーリテラシー・お金の基本となる常識があります。

それは働くことや生活していく上で関わってくる制度や法律、それに仕組みです。

たとえば、労働に対する法律やルールを知らないことでブラック企業やブラックバイトの搾取された。社会保険の傷病手当金を知らないから、高額な入院保険に加入した。あるいは、テレビCMでお手軽な支払いだと宣伝されたからリボ払いで高額な借金を作ってしまった。

今回は社会人なら身に着けておきたい、損をしないためのお金の常識について説明していきます。

続きを読む

お金に関するマナー・常識 お金に関する疑問解決 お金の雑学

1 / 612345...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP