おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年3月4日

産休中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になる。免除はいつから?申請方法は?

働く女性が妊娠をすると、出産の前後で産休を取ることができます。この産休中は多くの会社において働いていないので、無給という扱いになります。ただし、当該期間中の休職分については健康保険(協会けんぽや加入している健康保険組合)から出産手当金が支給されます。

さらに、これだけではなく、平成26年4月(2014年4月)より産前産後の社会保険料免除制度が開始されています。これによって産前産後休業中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になります。もちろん、保険料は払ったことになっているので保険や年金が切れているということにはなりません。

従業員にとっても会社にとっても魅力的な制度なので、産休で会社を休む時はかならず申請しましょう。

続きを読む

ライフプラン 仕事術 働くうえでの法律・税務知識 妊娠・出産・育児とお金

2017年1月30日

会社を辞めるのは月末?月末の1日前?社会保険料負担で考える退職日

働いてきた会社を退職するというのは人生のライフイベントの一つです。理由は様々かと思いますが、退職日をいつにするか?というのは1日違うだけで社会保険料(健康保険料+年金保険料)の負担が大きく変わることになります。

退職日を決めるというときはキリよく月末とする方も多いかもしれませんが、そうしないほうがお得なケースもあります。

今回はそんな社会保険と退職日の関係と損得についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

仕事術 就職活動・転職活動 退職・転職

2016年11月24日

社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2014年5月2日

新社会人が知っておきたい社会保険と社会保険料の基本

statement新社会人の方も初給料をもらったことかと思います。その給料の控除項目の中に「社会保険料」という控除項目があって何万円ものお金が差し引かれていることに気付いた方も多いかと思います。
今回はこの社会保険料とは一体どんなもので、なぜ給料から差し引かれるのか?そもそもどんな費用なのか?こうした謎を解説していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2011年6月1日

社会保険料(健康保険料・年金保険料)の計算方法と保険料を節約する方法

社会保険料というのは「健康保険料」+「公的年金保険料(厚生年金保険料)」です。サラリーマンとして働く場合や、一定以上の長時間労働をするアルバイトの場合、勤務先の社会保険に加入することが多いかと思います。

社会保険に加入すると毎月数万円単位でお給料から天引きされれてしまうので、すごくもったいないお金のように感じてしまいます……。

これは働いてもらう側(会社)にとっても同じで、社会保険料は半額を会社が負担しているので社員やアルバイト、パートの社会保険料は非常に重しとなっています。今回はそんな社会保険料の基本的な仕組みとそれを合法的に節約する方法をまとめていきます。

 

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2017年9月7日

年金とふるさと納税限度額の関係と年金収入に応じた寄付可能額の計算

収入は年金だけという方でもふるさと納税をすることはできます。ただし、寄付可能な金額については、サラリーマンの給料とは違って、公的年金等控除が行われるため、収入額に対する寄付可能額は小さくなる場合があります。

今回はそんな年金とふるさと納税の寄付可能額・限度額の計算方法や注意点、寄付可能額の早見表のほか、年金収入に対する詳細な寄付上限額の計算式までを紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法 節税・税金のライフハック

2017年8月25日

消費税が10%に増税されるのはいつから?消費税の増税スケジュール

消費税の増税は2014年4月1日に税率が5%から8%に増税されました。その後、当初計画では2015年10月から10%に増税する予定でしたが、8%引き上げ時の消費の冷え込みや世界経済の情勢悪化で2017年4月に延期、その後もチャイナリスクの顕在化、景気腰折れ懸念などを受けて2019年10月へと再延期されています。

2017年8月時点においては、2019年10月の消費税増税がスケジュール化されていますが、やはり反対の声も大きいようです。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 節税・税金のライフハック

2017年6月8日

20歳を過ぎた学生は年金の学生納付特例制度に申し込みが必須な理由と追納の必要性。

日本国内に居住している20歳以上の人は国民年金(公的年金)の被保険者となります。20歳を過ぎたら国民年金に加入する手続きが必要になります。大学生のように学校に通っていてまだ働いていない方でも20歳を過ぎたら国民年金に加入することになります。

ただ、収入もない学生が年金保険料を支払いのは厳しいですよね。そのため、学生には「学生納付特例制度」というものがあり、こちらを利用することで、国民年金の保険料支払いが猶予されることになります。

制度を利用せずに年金保険料を払わないと万が一の時に困ることもになりかねません。今回はそんな学生の学生納付特例制度について紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金

2017年5月8日

会社の定年退職金は全額一括受取と年金受取のどちらがお得?

会社の定年退職金の受け取り方法は会社によって大きく異なりますが、まとめて一時金として受け取るケース、分割して年金形式で受け取るケース、あるいはその両方を併用するケースといったように、従業員自身が退職金の受け取り方を選ぶことができるというケースが多いです。

今回はそんな会社の定年退職金の受け取り方法として一括受け取りと分割受け取り(年金受け取り)についてどちらがお得なのか?制度や税制の見地から比較していきます。

続きを読む

仕事術 給料・ボーナスの活用術

2017年5月2日

2か所以上から給料をもらう時(ダブルワーク)の税金、社会保険、雇用保険の加入の基本

本業はフルタイムで働きながら、夜間や土日などの空いた時間に別の職場でアルバイトをするというダブルワークをしている方も少なくないかと思います。そんなダブルワークをするときの所得税や住民税、社会保険や雇用保険といった手続きの基本と働く時間などをどのように調整するべきなのかをわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

仕事術 働くうえでの法律・税務知識 副業で収入アップ

1 / 612345...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP