おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2018年6月20日

育休後に時短勤務をするなら社会保険の特例を利用して社会保険料負担を減らそう

育児休業を終えて、元の会社に復職するという場合、そうはいっても今まで通りのフルタイム勤務ではなく、時短勤務のように就業時間等を短くしたり、あるいは就業日数を減らすということもあるかもしれません。

そうなると当然、収入額も減ってしまいます。でも、社会保険料はそのまま。それだと手取りが大幅に減ってきついですよね。そんな時に利用したいのが育休後の社会保険の特例です。大きく「育児休業等終了時報酬月額変更」と「養育期間標準報酬月額特例」があります。

こちらを申請すれば、保険料は時短勤務の保険料に、その上で年金(厚生年金)は以前のままの保険料を納付したとみなされます。特に、後者の養育期間標準報酬月額特例は夫婦で利用できるうえ、制度的にもお得です。

続きを読む

妊娠・出産・育児とお金

2017年3月4日

産休・育休中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になる。免除はいつから?申請方法は?

働く女性が妊娠をすると、出産の前後で産休を取ることができます。この産休中は多くの会社において働いていないので、無給という扱いになります。ただし、当該期間中の休職分については健康保険(協会けんぽや加入している健康保険組合)から出産手当金が支給されます。

さらに、これだけではなく、産前産後ならびに育児休業の期間中の社会保険料免除制度が開始されています。これによって産前産後休業中は社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)が免除になります。もちろん、保険料は払ったことになっているので保険や年金が切れているということにはなりません。

従業員にとっても会社にとっても魅力的な制度なので、産休で会社を休む時はかならず申請しましょう。

続きを読む

ライフプラン 仕事術 働くうえでの法律・税務知識 妊娠・出産・育児とお金

2017年1月30日

会社を辞めるのは月末?月末の1日前?社会保険料負担で考える退職日

働いてきた会社を退職するというのは人生のライフイベントの一つです。理由は様々かと思いますが、退職日をいつにするか?というのは1日違うだけで社会保険料(健康保険料+年金保険料)の負担が大きく変わることになります。

退職日を決めるというときはキリよく月末とする方も多いかもしれませんが、そうしないほうがお得なケースもあります。

今回はそんな社会保険と退職日の関係と損得についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

仕事術 就職活動・転職活動 退職・転職

2016年11月24日

社会保険料が高い、サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2014年5月2日

新社会人が知っておきたい社会保険と社会保険料の基本

statement新社会人の方も初給料をもらったことかと思います。その給料の控除項目の中に「社会保険料」という控除項目があって何万円ものお金が差し引かれていることに気付いた方も多いかと思います。
今回はこの社会保険料とは一体どんなもので、なぜ給料から差し引かれるのか?そもそもどんな費用なのか?こうした謎を解説していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2011年6月1日

社会保険料(健康保険料・年金保険料)の計算方法と保険料を節約する方法

社会保険料というのは「健康保険料」+「公的年金保険料(厚生年金保険料)」です。サラリーマンとして働く場合や、一定以上の長時間労働をするアルバイトの場合、勤務先の社会保険に加入することが多いかと思います。

社会保険に加入すると毎月数万円単位でお給料から天引きされれてしまうので、すごくもったいないお金のように感じてしまいます……。

これは働いてもらう側(会社)にとっても同じで、社会保険料は半額を会社が負担しているので社員やアルバイト、パートの社会保険料は非常に重しとなっています。今回はそんな社会保険料の基本的な仕組みとそれを合法的に節約する方法をまとめていきます。

 

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金 節税・税金のライフハック

2018年11月1日

財形年金とは何か?そのメリット、デメリットとiDeCoとの比較

財形制度(勤労者財産形成制度)の一つに「財形年金」というものがあります。

これは60歳以降に年金として受け取るための老後の資金作りを目的として利用可能な貯蓄制度です。財形住宅貯蓄と合算して550万円まで利子が非課税となる税制上の優遇がある年金制度となっています。

今回はこの財形年金という制度の特徴とメリット、デメリット。それに、現在人気が高まっているiDeCo(個人型確定拠出年金)や私的年金(個人年金保険)との違いも比較していきます。

続きを読む

公的保険・年金 給料・ボーナスの活用術 老後

2018年8月3日

産休・育休後は復職する?それとも扶養に入る?メリット、デメリットを比較

子どもを出産して復職したはいいけど、これまで通りの仕事はできずに給料は下がる、一方で保育園でかかる保育料は高額……。そんな費用をかけて、さらに子どもも預けて何のために仕事をしているのか?

そんな疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。働いても収入のほとんどが保育料に持っていかれるくらいなら、夫の扶養に入ったほうが子どものお世話もできるし……。

今回はそんな、小さな子どもが生まれたご家庭の妻の復職とお金についての考え方について紹介していきたいと思います。

続きを読む

妊娠・出産・育児とお金

2018年6月30日

中小企業の企業型確定拠出年金の導入方法とメリット、デメリット

個人向け確定拠出年金(iDeCo:イデコ)が人気です。

その一方でもう一つの確定拠出年金制度として企業型確定拠出年金があります。こちらは法人単位で利用する企業年金となっており、個人型とは別に、また両立して利用することができる制度です。

もしも、あなたが会社経営者であれば、この企業型確定拠出年金を導入するというのは会社にとっても、社長個人にとってもよい節税対策となる可能性があります。

自社に導入することをどう思われるでしょうか?今回は中小企業が企業型確定拠出年金を導入する方法やそのメリット、デメリットを紹介していきます。

続きを読む

経営者・個人事業主とお金

2018年6月19日

産休・育休の間は共働きでも配偶者控除。妻は夫の扶養に入りましょう

共働きをしていたけど、子どもの出産や育児のために産休・育休を取られるママさんも多くいらっしゃるでしょう。

この時、復職するまでの一年間ないしは二年間になりますが、妻は夫の扶養(税法上)に入ることができます。出産手当金や育児休業給付金をもらっている方でも大丈夫!これらは“非課税”扱いになっているからです。

手続きも年末調整の時に夫が申告するだけでOKです。2018年以降は配偶者控除(特別控除)が拡大されたことで、年の途中で育休・産休に入った方でも対象になる方が増加するはずです。忘れないように手続きしましょう。

続きを読む

働くうえでの法律・税務知識 妊娠・出産・育児とお金 所得税・住民税

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP