おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

大和証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめポイントと評判はどう?

大手総合証券会社である大和証券が、2017年4月より新プランとなり、手数料やファンドのラインナップをリニューアルしました。SBIベネフィットシステムズとの間での資本業務提携に合わせてのサービスの変更となっており、手数料の引き下げや一定条件による無料化などが実施されています。

証券会社では大和証券以外にも、SBI証券や楽天証券などがiDeCoを提供していますが、対面系の証券会社である大和証券ならでの魅力もあります。今回はそんな大和証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のサービス内容について詳しく分析していきます。

大和証券の個人型確定拠出年金公式ページ

スポンサーリンク

大和証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)を利用するメリット

まず、大和証券によるiDeCo(個人型確定拠出年金)については手数料的にみてもかなり競争力のある内容となっています。

個人型確定拠出年金について、証券会社(銀行)を比較する大きなポイントとしては運営管理機関手数料の差が大きいというのは「個人型確定拠出年金(iDeCO)のおすすめ証券会社を徹底比較」の記事でも紹介しました。

大和証券の新プランは下記の表を見たいただくとわかる通り、楽天証券、SBI証券は2017年5月に完全無料化したことで安いですが、それを除けば大和証券のプランも低く抑えられています。

特に50万円以上になれば無料となるのはうれしいですね

証券会社・銀行 運営管理機関手数料 取扱商品数
楽天証券 無料 27本(1本)
SBI証券 無料 64本(3本)
大和証券 0円~324円
資産残高50万円以上で手数料無料
16本(1本)
野村證券 283円 19本(1本)
ゆうちょ銀行 370円 19本(8本)
三菱東京UFJ銀行 378円 24本(7本)
十八銀行 450円 7本(1本)

 

新規加入キャンペーンで初年度手数料は無料

2017年4月3日から2018年3月30日までの間に、大和証券のiDeCoへの申込受付を完了した場合、初期手数料のうち運営管理機関手数料1,080円と、資産残高にかかわらず、毎月の手数料のうち運営管理機関手数料324円の1年分(=3,888円)を無料とするキャンペーンを実施しています。

個人型確定拠出年金の手数料は毎月固定でかかります。さらに、個人型確定拠出年金の積立はまとめて払うことはできず、毎月数万円を積み立てていくという形になるので、残高が少ないうちほど手数料率は高くなります。

そういう意味で、もっとも手数料率が高くなる初年度の手数料が無料になるのは大変ありがたいことです。

※個人型確定拠出年金では、運営管理機関手数料以外に、国民基金連合会の手数料(103円/月)と信託銀行の手数料(64円/月)が別途かかります。こちらは無料となりません。

大和証券の個人型確定拠出年金公式ページ

 

やっぱり楽天証券やSBI証券がお得?

ただ、手数料全体でみると、1年目は無料でも2年目は手数料がかかります。
仮に毎月2万円の積立の場合、50万円の無料条件を満たす25か月が必要になるわけで、2年目は丸々手数料が発生することになります。

さらに言えば、楽天証券やSBI証券の場合、取り扱っているファンドの手数料(信託報酬)も安いという点で違いがあります。

下記は3証券会社が扱っている資産クラスごとのファンドと信託報酬(投資で必要になる年間コスト)を比較したものです(赤太字が最安)。

資産クラス 楽天証券 SBI証券 大和証券
国内株 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
0.2052%
DCニッセイ日経225インデックスファンドA
0.2052%
DCダイワ日本株式インデックス
0.27%
外国株 たわらノーロード 先進国株式
0.243%
DCニッセイ外国株式インデックス
0.2268%
DCダイワ外国株式インデックス
0.27%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド
0.2808%
DCニッセイJ-REITインデックスファンドA
0.27%
DC・ダイワJ-REITオープン
0.5940%
国内債券 たわらノーロード国内債券
0.162%
三菱UFJ 国内債券インデックスファンド
0.1296%
DCダイワ日本債券インデックス
0.27%
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
0.3024%
DC外国リートインデックスファンド
0.3024%
DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド
0.5724%

比較してみるとSBI証券や楽天証券が販売しているファンドのほうが安いです。
信託報酬は投資信託の保有で必要になる毎年のコストなので、わずかの差でも運用期間が長くなると影響は大きくなっていきます。

SBI証券の個人型確定拠出年金公式ページ

楽天証券の個人型確定拠出年金公式ページ

 

じゃあ、大和証券はダメなのか?

正直コストだけを考えるのであれば、やはりSBI証券や楽天証券に分があるといえそうです。
強みといえそうなところはやはり、店舗ネットワークによる部分が大きいかと思います。

大和証券は国内に営業店として118の店舗があります。
それぞれの営業店では投資に関するセミナーを随時開催しており、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関するセミナーとして「ダイワのiDeCoセミナー」を各支店で行っています。

正直、iDeCo(個人型確定拠出年金)については当ブログでも下記記事などでどういうものなのか?という説明はしていますが、実際の始め方や手続きなどは結構複雑なところも多いです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット
2013-05-20 00:03
確定拠出年金というのは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金です。確定拠出年金は企業型と個人型があり、今回はその中でも自営業者やサラリーマン、公務員、主婦などが任意で加入す
リンク

そうした手続き的なところも含めて確認できるのは最初に始めるという意味ではうれしことかと思います。

大和証券の個人型確定拠出年金公式ページ

 

以上、大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プランについて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP