dカードの魅力と活用術。年会費無料でd払いとの連携がお得なクレジットカード

2020/08/18 更新   個別クレジットカードの紹介

dカードはNTTドコモのクレジットカードです。そのため、ドコモユーザー向けというイメージが強いと思いますが実際のところ、dカードは非ドコモの方にとっても魅力度の大きなクレジットカードとなっています。

特に、「dポイント」に関連したポイント還元やキャンペーンも豊富で、スマホ決済の「d払い」とも連携させてお得にショッピングをすることができます。dポイントは共通ポイントカードとして多くの企業で貯めたり、使ったりすることができます。

個人的にはドコモユーザー(ドコモの契約がある)のであれば上位カードの「dカード GOLD」をお勧めしますが、ドコモを利用していない人はこちらのdカードをお勧めしています。こちらでは、そんなdカードの魅力を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

dカードの基本スペック

まずは、クレジットカードとしての基本スペックをみていきましょう。

年会費 無料
カードブランド Mastercard、VISA
ポイント還元 100円の利用額につき1ポイント(1円相当)
1%還元
たまるポイント dポイント
ETCカード 初年度無料
(翌年以降も年に1度以上のETC利用があれば無料)
電子マネー iD
海外旅行傷害保険 なし
国内旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで(自己負担3000円/事故)
dカードケータイ補償 (ドコモユーザー限定)dカードに登録されている携帯電話が購入から1年以内に偶然の事故により紛失・盗難・全損となった場合、ドコモショップにて同一端末をdカードで購入すると購入額の一部(上限1万円)を補償。

通常のクレジットカードとして年会費無料でポイント還元率が1%というのは、なかなかのスペックとなっています。電子マネーのiDにも対応しているので非接触決済も利用できます。また、ApplePayとも連携可能です。

 

dカードを使って生活をよりお得にする方法

dカードはd払いやドコモのキャンペーンと併用するとメチャクチャお得になります。上手く活用方法を理解して上手に利用していきましょう。ただ、何よりもdカードのお得さを活かすには「d払い」との連携が非常に重要となります。

  1. dカード特約店の利用ならポイント還元UP
  2. d払いと併用すればポイント二重取りが可能
  3. d払いが利用できる街のお店・ネットで使えるお店
  4. (街のお店)dポイントスーパー還元プログラム
  5. (ネット通販)毎週お得なd曜日でさらにポイント+2%~+5%

 

dカード特約店の利用ならポイント還元UP

dカード特約店としてドコモと提携しているお店ならdカード(クレジットカード)でお支払いをするとポイント還元率がアップ。

エネオス、オリックス、JAL、dトラベル、メルカリ、マツキヨ、三越伊勢丹、高島屋、タワーレコード、丸善、ジュンク堂、紀伊國屋、コナカ、フタタなど様々なお店と提携しており、これらのショッピングがお得になります。

 

d払いと併用すればポイント二重取りが可能

d払いはドコモのスマホ決済サービス(アプリ決済サービス)です。QRコードを使って店頭で決済をしたり、ネット通販でdアカウントと連携させることで支払いが可能となります。こちらのd払いの利用料金の決済をdカードに設定するとポイントが二重にもらえます。

d払いとドコモ払いの活用術。ポイントやキャンペーン、利用限度額のまとめ
2020-08-18 14:00
d払い(旧:dケータイ払いプラス)とは、2015年12月にドコモが始めた決済サービス(決済代行サービス)の一つです。dアカウントを通じて行う決済手段でネットショッピングなどにおいて
リンク

街のお店の場合
・d払い還元率:0.5%
・dカードポイント還元:1.0%
合計:1.5%

ネットのお店の場合
・d払い還元率:1.5%
・dカードポイント還元:1.0%
合計:2.0%

となって、ポイント還元率が大きく拡充されます。さらに、d払いは様々なキャンペーンをやっていますが、こうしたd払いのキャンペーン適用となるには他社カードはNGでdカード(またはdカード GOLD)のみが対象となりますので、d払いキャンペーンを活用するにはdカードは必携です。

 

d払いが利用できる街のお店・ネットで使えるお店

<街のお店>
ローソンやファミマ、セブンイレブン、セイコーマート、ポプラ、ミニストップといった主要なコンビニは対応しております。また、ドラッグストア、スーパー、家電量販店なども対応しているお店が多いです。中でも「コンビニ」「ドラッグストア」「スーパー」などはd払いのキャンペーンがよく行われているのでd払いのお買い物がお得です。

<ネット通販>
大きなところだと業務提携により「メルカリ」でのお買い物ができるようになりました。
その他にも。ひかりTVショッピング、ソニーストア、ツインバード、ノジマオンラインといった多くのECサイトで利用できます。また、ふるさと納税大手の「ふるさとチョイス」でもd払いが可能です。
通販最大手のAmazonもd払い可能ですが、Amazonに限ってはドコモユーザー限定となっております。

 

(街のお店)dポイントスーパー還元プログラム

さらに、d払いをお得に活用できるキャンペーンが「dポイントスーパー還元プログラム

毎月実施のプログラムで、楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)に少し似ています。ドコモが決めているいくつかの条件を満たすことで、まちのお店でのd払いやdカード(iD)のポイント還元率がアップする仕組みとなっています。

最大で+7%もポイント還元率がアップします。ちなみに+7%なので、d払いの通常ポイント還元やdカードでの決済分は別途付与されます。

 

(ネット通販)毎週お得なd曜日でさらにポイント+2%~+5%

スーパー還元プログラムが街のお店の特典なら、ネット通販でのd払いについては「毎週オトクなd曜日」というキャンペーンがあります。毎週金曜日と土曜日はd払いでネット通販を利用するとエントリーするだけで+2%還元、1カ月の内にd曜日の対象ショップ3店舗以上でそれぞれ3000円以上/回のお買い物をすると+5%というようにポイント還元率がアップします。

買い回りが必要になりますが、d払いが使えるECサイトは色々あるので難しくはないはずです。上手く活用しましょう。

 

貯まったdポイントは「iDキャッシュバック」と交換してショッピングに再利用

ポイント還元施策が多いdカード(dポイント)ですが、ためたdポイントについては「iDキャッシュバック」として利用することができます。iDキャッシュバックはお買い物で電子マネーのiDを利用した時に自動的に利用金額から差し引いてくれるサービスです。

dポイントはdポイントのまま利用した場合、利用分にポイント還元されませんが、iDキャッシュバックとして利用することで、実質的にポイント利用分に対してもポイントが付くようになります。前述のdポイントスーパー還元プログラムと併用すればお得度は一気に上がります。

お得なiDキャッシュバックの活用方法については「こちら」の記事でも解説しています。

 

また、dポイントは投資にも利用できる

この他、貯めたdポイントは「日興フロッギー(SMBC日興証券)」を通じて株式投資のために利用することもできます。こちらを利用すればショッピングで貯めたポイントを使って資産形成にも役立てることができるわけです。

日興フロッギーは100万円まで株取引が無料!dポイント投資もできるSMBC日興証券の新サービス
2020-05-13 07:20
日興フロッギーはSMBC日興証券が運営している、株取引に関するオウンドメディアです。マネー系のメディアって感じです。たとえば、漫画を絡めた投資に関する記事や著名な投資家へのインタビ
リンク

 

dカードは上手く活用すれば超トクなクレカになる

dカードというクレジットカードはd払いと併用することによってdポイントがモリモリたまるお得なクレジットカードになります。上手く利用すればポイント還元率を5%台に乗せることも現実的です。

特に年会費無料なのでドコモユーザーでない方にもお勧めです。

>>dカードの作成はこちらから

逆にドコモのスマホや光インターネットを利用されている方は年会費はかかりますがドコモ料金等の10%が還元される特典付きの「dカード GOLD」のほうがおすすめです。dカード GOLDの特徴やお得な利用方法については以下の記事もご一読ください。

dカード GOLDはドコモユーザーにメリットいっぱいのクレジットカード
2020-08-18 14:01
NTTドコモの携帯電話や光インターネットサービスを利用している人はドコモのクレジットカード「dカード」がオススメ。中でも家族契約や光インターネット契約もパックにしている方は上位クレ
リンク

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP