おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ジャックスカードの高ポイント還元カードが改悪・廃止。乗り換えにおすすめのカードはどれ?

ポイント還元率の高いユニークなクレジットカードを多数発行していたジャックスカードですが、2017年に数々のかなり厳しい状況にあったようです。ジャックスカードの四天王(?)と呼ばれていた漢方スタイルクラブカード、エクストリームカード、リーダーズカード、REXカードについてそれぞれ、還元率の低下やカードの新規発行の停止、廃止などを発表しました。

ネットで検索すると、これらのカードがポイント還元率も高くてお得!という記事がいっぱい出てくるので、2017年6月現在における状況と、これらの高ポイントの代替となるクレジットカードを分析していきたいと思います。

スポンサーリンク

ジャックス系の高ポイント還元カードの今後

以下のように、新規申し込みが可能なのはREXカードのみということになります。

特徴 どうなる?
漢方スタイルクラブカード 1.5%が現金還元同様のJデポでたまるというお得カード。高ポイント還元の代名詞ともいえるカード。 新規申し込みの停止
2018年3月以降の有効期限更新時にリーダーズカードに切り替え
エクストリームカード 1.5%のTポイントが付与。Tポイントが貯まるクレジットカードとしては最高還元率だった。 新規申し込みの停止
2017年10月請求分よりリーダーズカードに切り替え
リーダーズカード ポイント還元率が1.5%、Amaoznで使えるAmazon限定デポジットなら1.8%のポイント還元となり、Amazonでのお買い物ならAmazonの公式カードと並ぶ還元率でした。 新規申し込みの停止
2017年10月以降は下記の通りスペックダウンして既存ユーザーのみ
年会費:2500円 (年30万利用で無料)
ポイント還元率:1.26%
Amazon特典は廃止へ
REXカード 1.5%の高ポイント還元カード。Jデポ対応。 新規申し込み継続
2017年10月以降はポイント還元率が1.25%に引き下げ。ただし年会費が2000円→無料に引き上げとなります。

今後も新規で申し込みができるのはREXカードだけということになりますね。

一方で漢方スタイルクラブカード、エクストリームカードのユーザーはスペックが大きくダウンしたリーダーズカードへの強制切替となります。

切り替え後は1.26%還元で年会費2500円(年30万円以上使えば無料)となりますが、これまでのカードと比べてのスペックダウンは甚だしいですね。

 

漢方スタイルクラブカードからの乗り換え先

漢方スタイルクラブカードを使っていた方はどちらかというと1.5%(ちょっと前は1.75%)という高いポイント還元が魅力で利用されていたという方が多いかと思います。

今後のリーダーズカード化によってポイント還元率は1.26%へと下落します。
また、年会費も1,500円から2,500円へ増額となります。

一方で年30万円以上の利用があれば2500円の年会費が無料になります。
以下は、漢方スタイルクラブカード、リーダーズカードと年会費無料で高いポイント還元で知られているリクルートカードと楽天カードの年間決済額別の損益をグラフにしたものです。

 

漢方スタイルクラブカードとリーダーズカードの違い

青とオレンジのグラフですね。やはり年会費の高さが利用金額が小さいところで大きな差になっています。逆転するのは年間利用金額が30万円を超えたあたりです。

一方で還元率がリーダーズカードは漢方スタイルクラブカードの1.5%よりも低いため、年間利用額63万円をこえると旧漢方スタイルクラブカードに抜かれるということになります。

もしも年間で100万円、200万円といった高額な利用をしていたのであれば大きな改悪となりそうです。

ただ、年間に100万円以上のお買い物をするというのであればよりポイントの価値を高めやすいマイル系のクレジットカードやよりグレードの高いクレジットカードを使うという手もあるかと思います。

ゴールドカードを持つメリットとは何か?高い年会費を払う価値はあるのか?
2016-09-08 15:12
一般のクレジットカードよりもワンランク格上となるカードに「ゴールドカード」と呼ばれるものがあります。ゴールドカードは一般に金色のカードフェイス(券面)で年会費は1万円程度と普通のク
リンク

 

利用金額が少ないなら年会費無料の高還元カードがおすすめ

一方で年間の利用金額が30万円未満というようなケースでは、ポイント還元よりも年会費の方を重要視するべきでしょう。

グレーのリクルートカード(1.2%:年会費無料)や黄の楽天カード(1.0%:年会費無料)の方が年会費分のマイナスを考えると損得では上になります。

還元率では最高峰の1.2%。リクルートカードのメリット、デメリット
2015-05-22 12:24
リクルートカードは、あのリクルートが発行するクレジットカードです。最大の特長はその高いポイント還元率にあります。一般のクレジットカードの還元率は0.5%程度なのに対してリクルートカ
リンク
楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

 

エクストリームカードからの乗り換え先

もしも、エクストリームカードをAmazonでのお買い物用に使っていたというのであればAmzonMasterCardゴールドへの乗り換えがおすすめです。

年会費は1万円+税となっておりますが、Amazonプライム会費が含まれているうえに、マイペイすリボに登録すれば年会費は半額(5,000円引き)となります。Amazonプライムの年会費は3,900円なので実質的な年会費は1100円になります。

ちなみにマイペイすリボの年会費半額特典については下記で詳しく紹介していますが、簡単な手続きで利用可能で、設定さえちゃんとすればリボ払いの手数料も不要です。

マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック(三井住友カード)
2016-04-11 15:44
正直言って誰にでも推奨できるテクニックというわけではないということをまずは断っておきます。マイペイすリボは、大手カード会社である三井住友カードが提供している自動リボ払いサービスの名
リンク

さて、エクストリームカードを使っていた人がAmazonMasterCardゴールドに乗り換えたときの差を比較しましょう。
ゴールドカードの場合、Amazonでのお買い物で2.5%のポイント還元となります。

上のグラフは年間のAmazonでの購入金額に対するAmazonMasterCardゴールドカードとリーダーズカードとのポイント還元を比較したものです(年会費込)。Amazonでのお買い物が多いならAmazonゴールドカードへの乗り換えがおすすめできそうです。

Amazonの公式クレジットカード「Amazon MasterCard」の活用法とメリット、デメリット
2016-11-18 11:32
Amazon MasterCardは日本でも最大級のECサイトであるAmazonでのお買い物がお得になるクレジットカードです。買い物の1.5%~2.5%がポイント還元されるという還
リンク

 

ポイント関連は今後も改悪が続くのか?

今回のジャックスカードの対応によってジャックスカードだけ極端にポイント還元率高いカードというものはなくなり、リクルートカード(1.2%還元)に代表されるような年会費無料の高ポイント還元カードとさほど変わらない水準になってきました。

おそらくですが、当面はこのあたりで改悪の流れはいったん止まるのではないかと思っています。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP