おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

VISAデビットカードとVISAプリペイドカードの比較とそれぞれのメリット、デメリット分析

visa最近、クレジットカードではありませんが、クレジットカードと同じようにカード番号を入力してインターネット通販などでお買い物ができるサービスがあります。代表的なものとして「VISAデビットカード」と「VISAプリペイドカード」の二種類です。今回はクレジットカード嫌いの方でも活用できるVISAデビットカードとVISAプリペイドカードについてそれぞれの違いやメリット、デメリットを分かりやすく比較していきます。

どちらも似ている面が多いですが、やはり異なる部分も多数あります。自分自身の利用状況等に応じて使い分けるか、どちらを使うかを決めていきましょう。

スポンサーリンク

国際ブランド付きのデビットカードとプリペイドカード

VISAデビットカードも、VISAプリペイドカードもいずれもVISAカードという国際ブランド(世界的にクレジットカード決済機能を提供しているサービス会社)の決済システムを利用しています。

そのため、一部の例外はありますが、VISA加盟店であればクレジットカードと同じように利用することができるわけです。VISAの加盟店は国際ブランドの中でも最多水準で多くの国内外のお店で決済することができます。

このように国際ブランドによる決済機能が付与されたデビットカードを「ブランドデビットカード」、プリペイドカードを「ブランドプリペイドカード」と呼びます。

 

VISAデビットカードの特徴

・利用可能な金額は銀行預金残高の範囲(入出金はATMで行う)
・カードが発行され、一般のクレジットカードと同じように決済できる
・もちろん、ネット取引(オンラインショッピング)にも利用可能
・利用には銀行口座が必要
・年会費がかかるもの、かからないものがある
・一部のVISAデビットカードでは利用に応じてポイントが貯まるものもある

<例>
・楽天銀行Visaデビットカード
・JNB Visaデビットカード(バーチャルカードもある)
・ソニーバンクWALLET

 

VISAプリペイドカードの特徴

・事前にチャージした金額でのみ利用可能
・個人情報なしで利用できるものもある(匿名性が高い)
・カード発行型とカードレスタイプがある(カードレスはオンライン利用のみ)
・購入時(チャージ時)に手数料がかかるものがある
・一部のVISAプリペイドカードでは利用に応じてポイントが貯まるものもある

<例>
・三井住友VISAプリペイドカード(カード型/カードレス型)
・Vプリカ(カードレス)
・バニラ Visa オンライン(ネット決済専用プリカ)

 

VisaデビットカードとVisaプリペイドカードの比較

どちらにも一長一短があります。

 

Visaデビットカードは特典面・コスト面で優れる

手数料やポイント還元などを考えるとVisaデビットカードの方が優れています。
たとえば「ソニー銀行からデビットカード「ソニーバンクWALLET」が登場。外貨決済機能に強みでポイント還元率も高い。」でも紹介したソニーバンクWALLETなら年会費は無料ですし、利用額の最大2%がキャッシュバックされるなど特典も充実しています。外貨預金で外貨決済ができると言った利便性も高いです。
チャージ(?)もATMからキャッシュカードで現金を入金するだけでOKです。ネット銀行ならほとんどがコンビニATMで入金手数料は無料なので随時チャージ可能です。逆に出金もATMから簡単に可能です。

一方でVISAプリペイドカードはチャージをするとき(プリペイド残高購入時)には手数料がかかりますし、一定期間利用が無いと手数料が発生するようなものもあります。利用に応じてポイントが付くということもありません。さらに、原則としてチャージしたお金を払い戻すということには対応していないというのも欠点といえます。

ただし、「ANA VISAプリペイドカード」のようにチャージの手数料がかからずにポイントが付くタイプのプリペイドカードも登場しています。VISAプリペイドではありませんが、JCBの決済ネットワークを利用したJCBプリペイドカードとして発行されている「LINE Payカード」などは2%という超高還元率です。
また、MasterCardの仕組みを利用した「au WALLET」も0.5%程度のポイントが付きます。

 

Visaプリペイドカードは匿名性や使い過ぎ予防に優れる

Visaプリペイドカードは登録にメールアドレスなどが必要にはなりますが、それ以外の個人情報はほとんど必要ありません。また、明細なども自宅には届かないので匿名性が高い利用が可能です。
個人情報を渡したくない怪しい海外のネットショップなどを利用しなければならないような場合も多少は安心できるはずです。不正請求されたとしても残高以上の請求は無効になります。そんなサービスを利用する時は必要な金額だけをチャージしておくというやり方を取ればより安心できるでしょう。

また、デビットカードだと「預金総額」が利用可能額になるので使いすぎを予防するには口座残高自体を管理する必要があるのに対して、プリペイドカードだと入金した金額だけが利用可能金額になります。たとえば、子どものお小遣い管理などにはVisaデビットカードよりもVisaプリペイドカードの方が向いているはずです。

さらに、ログイン情報さえ両親が抑えておけば、Visaプリペイドカードで何を買ったのかを追跡して確認することができるというのも魅力的ですね。

 

それぞれ長所と短所がありますので上手に使い分けてください。
以上、VISAデビットカードとVISAプリペイドカードの比較とそれぞれのメリット、デメリット分析でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP