おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ブランドデビットカードとJ-Debitの違いを比較。デビットカードの特徴を理解しよう。

card最近、ネット銀行や大手都市銀行なども発行を強化しているのが、ブランドデビットカードです。ブランドデビットカードとは、VisaやJCBなどのクレジットカード国際ブランドの「決済機能」を利用して決済を行うデビットカードサービスです。日本ではJ-Debit(ジェイデビット)と呼ばれるデビットカードシステムが中心でしたが、近年はこちらのブランドデビットカードが中心になりつつあります。

今回はそんなデビットカード事情について、ブランドデビットカードの仕組みや長所、短所。従来のJ-Debitの仕組みや長所、短所を合わせて説明していきます。

スポンサーリンク

日本にある2種類のデビットカード

冒頭で説明したとおり、デビットカードは最近増えつつある「ブランドデビットカード」と、従来からある「J-Debit」の二種類があります。まずはこれらの違いをまとめていきます。

 

共通のサービス内容

いずれにしてもデビットカードです。デビットカードは、銀行に預けている預金残高の範囲内でデビットカード(通常は銀行のキャッシュカード一帯型)を店頭で提示して利用します。
残高の範囲内であればそのまま即時決済されます。即時決済なので残高不足の場合は決済できません。

そのため、デビットカードは先払いの決済方法となります。後払い方式クレジットカードのように審査は必要ありません。この点はデビットカードの大きな魅力といえます。
未成年や無職などはもちろん、過去にクレジットカードなどで事故を起こした人でも利用することができます。クレジットカードなどの事故については「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?」でも詳しく説明していますのでこちらもご覧ください。

 

ブランドデビットカードの特徴と強み

ブランドデビットカードは決済システムにおいて「VisaやJCBなどの国際ブランドの決済機能を利用している」というのが大きな特徴です。VisaやJCBなどのカードブランドは日本国内はもちろん、世界中に加盟店を持っています。

こうした加盟店であれば、ブランドデビットカードを使って、デビットカード決済(銀行預金からの直接決済)が可能という点が魅力的です。

たとえば、日本国内だけを見てもVisa加盟店は300万店を超えています。J-Debitの45万店と比較すると明らかです。また、海外での決済やクレジットカード番号を利用したネット決済も可能な点がブランドデビットカードの強みといえます(J-Debitは海外・ネット決済不可)。

このほか、ポイントプログラムや利用特典などが用意されている場合もあります(カード発行もとによって異なる)。一方でブランドデビットカードの場合、年会費がかかるケースもありますので、そのあたりは注意が必要です。

 

J-Debitの特徴と強み

J-Debit(ジェイデビット)は普段使っている銀行のキャッシュカードがそのままデビットカードになるという手軽さが魅力です。特別な申し込みは必要なく、銀行のキャッシュカードと残高さえあれば、J-Debit加盟店でキャッシュカードを渡してデビットカード決済でとお願いすればすぐにでも利用できます。

加盟店数は45万店程度と正直言ってクレジットカードの加盟店ほどではありません。
海外やオンラインショッピング等での取引でも利用することはできません。また、システムの仕様上24時間いつでも利用できるわけではないというのも現状の日本の消費スタイルを考えるとマイナスです。

このように書くとJ-Debitのメリットってあるのか?と思われますね。
実際のところ現状ではさほど魅力的ではないと思います

ただ、将来的にはJ-Debitもいくつかサービスの改善を行う予定なのだそうです。最も大きいのが「キャッシュアウト」です。J-Debitでお店で買い物をするときに、利用金額以上の決済をして差額をおつりとしてもらうという決済です。

たとえば、3000円の商品を購入したけど、2万円分決済して、差額の17,000円をおつり(現金)で受け取るというものです。これが利用できるようになるとATMに行く手間がなくなっていいですね。

欧米ではデビットカードを使ったキャッシュアウトはメジャーですが、日本国内では2016年7月現在では認められていません。今後の金融庁の方針によって変わってくるかもしれません。

 

当面はブランドデビットカードの優勢が続きそう

以上の通り、2種類のデビットカード(ブランドデビットカードとJ-Debit)のそれぞれの特徴をピックアップしてみました。

ただ、全体的なスペックや対応状況を見る限り、明らかに分があるのはブランドデビットカードの方でしょう。

楽天銀行JCBデビットカード
こちらはポイント還元率が魅力的です。年会費無料でデビットカードとして利用した金額の1%分が楽天ポイントとして還元されます。

ソニーバンクウォレット
年会費無料。外貨預金との連動が優れています。ソニー銀行の外貨預金に預けている外貨なら海外で同デビットカードを利用したとき外貨預金から直接決済されます。利用状況で国内決済金額の0.5%~2.0%がキャッシュバック

住信SBIネット銀行 Visaデビットカード
年会費無料。米ドル預金であれば海外旅行等で直接決済できます。また、海外で主要なタッチ決済である「Visa payWave」にも対応しています。

JNB VISAデビット
ジャパンネット銀行が発行。年会費無料のデビットカード。オンラインショッピングの利用時などは使い捨てのカード番号を発行することもできます。ポイント還元は0.2%(Tポイント)。

・ 三菱東京UFJ-VISAデビット
三菱UFJ銀行のVISAデビットカード。年会費1000円(税別・初年度無料)。利用金額が10万円超で翌年度も無料。利用金額の0.2%分を自動キャッシュバック。

 

様々な銀行が独自性のあるブランドデビットカードを発行しています。年会費やポイント還元率や特徴的サービスなどで違いがありますので、自分にあったものをチョイスしてくださいね。

以上、ブランドデビットカードとJ-Debitの違いを比較してみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP